【再録】憲法改正がなぜ必要と考えるかその4─環境権の創設を - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】憲法改正がなぜ必要と考えるかその4─環境権の創設を

2016年04月20日 18:00

憲法改正の議論が今年は活発化するのではないかと思っています。

私渡辺は、改正すべきと思っているのですが、
なぜ日本国憲法を改正すべきか、

何回かにわたって掘り下げて書いています。



私が憲法改正が必要と考える理由はいくつかありますが、何回かにわたって

「緊急権の不備」

について書きました。


今回は、

「環境権」

について書いていきたいと思います。


日本人は、太古の昔から、
自然に敬意を抱くという態度を持って、
また生活の隅々にわたって自然環境を保全する知恵を持っていました。

海や山、川を大事に使い、
祖先から受け継いだ自然を子孫に帰していくという美風がありました。


近年「PM2.5」と呼ばれる微小粒子状物質が空を舞ったり、
花粉が舞い散る季節もまもなくであったりします。


日本は環境の保全に現代でも熱心であり、
環境技術は世界でもトップレベルにあると言われています。

地球規模で環境破壊が進むなか、
日本人が大事にしてきた「自然との共生」という考え方を、
憲法の規定として取り入れる必要性があるのではないか。


国家には環境保全の責務があるということを憲法上明記する必要がある


のではないかと思うわけです。

こうした「環境権」以外にも、
日本国憲法が制定された当時には考えられなかった「新しい人権」について、
いま一度整理すべきときが来ているのではないかと思います。

戦後の荒廃の時代と、
21世紀、平成の現在の時代が全く同じ時代であるとは言い切れません。

時代によって、守るべきものと
変化に対応すべきものがあるのではないかと思います。


有識者の中には、こうした新しい人権について、
13条にその根拠を求めることができるので改正は不要であるとの主張もあります。


──────────────────────────────
第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の

福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
──────────────────────────────


しかし人権の各論規定はやはり必要であり、
たとえ憲法が抽象規範であるとしても、
主要な新しい人権については明示が必要であると考えます。


とりわけ環境に関する社会問題は、
近年広範にわたるものとなってきており、

条文上の根拠があいまいなままに解釈論を続けるには
限界が来ているように思えます。

しっかりとした議論のもとに、論点を整理し、
明文化をする作業が求められる時が来ているのではないでしょうか


近年、諸外国においても、
ドイツ、スイス、スペイン、韓国などの憲法で環境権が規定され、
80年代以降特にその動きが出てきているそうです。


古来日本人が大事にしてきた自然、
そして自然とともに生きることで育んできた文化を大切に守っていくためにも、

私は環境権を新たに憲法に取り入れる必要があると思っています。





次回以降は、

そもそもの憲法改正を規定している条文である、

「憲法96条」

についての考え方を紹介していきたいと思います。





このメルマガの憲法改正運動に関する記事はこちらからどうぞ
http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-36.html






(第1265号 平成26年3月2日(日)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

  1. 【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 | URL | -

    【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】





    【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】

    12月6日 さいたま県警の元幹部でさいたま市警察部長(警視正)まで務めた警察OBの田中三郎氏(60歳)が、埼玉県県政記者クラブで記者会見を行って、元埼玉県警察学校長等 を 業務上横領の疑いでさいたま地検に告発したことを明らかにした。


    記者会見には、「明るい警察を実現する全国ネットワーク」の代表で田中氏の代理人である清水勉弁護士と同ネットワークの会員で「市民の目フォーラム北海道」代表の原田宏二が同席した。

    埼玉県警察学校の学生と教職員の任意団体「校友会」が、構内の売店業者から売上金の3%を「助成金」名目で上納させていたが、
    告発状によると田中氏の前任だった平成16年当時の校長(警視正 既に退職)は、庶務・厚生担当事務官(警部級)に「助成金は、当時の副校長(警視)に渡すよう」に指示し、平成16年4月から12月までの間の「助成金」計約125万円を「校友会」の出納帳に記載せず、
    当時の校長や副校長ら3人が着服したとしている(告発状はPDF参照 http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?action=PDF&page=%BA%EB%B6%CC%B8%A9%B7%D9%BB%A1%B3%D8%B9%BB%A1%A1%B9%F0%C8%AF%BE%F5 )。


    埼玉県警察学校 校長 小河進 は 幹部職員(警視正)でありながら業務上横領。
    埼玉県警察学校長→ 交通部長 →勇退(退職金全額もらい退職)。その後、一般財団法人埼玉県警察福祉協会 理事に。
    処分を受けずに天下り?
    http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297522.html



    【 埼玉県警察学校 校長 副校長が業務上横領 】
    埼玉県警察学校の元校長が前任者ら3人 (警察学校長 小河進 副校長 岩淵敏雄)を業務上横領で刑事告発
    http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297533.html

    埼玉県警 不祥事
    https://twitter.com/saitamatwitt

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2172-05f8f540
この記事へのトラックバック



fx