【再録】海のものとも山のものともいえぬ原子力発電の礎をつくる─安川第五郎(日本原子力発電社長)その6(終)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】海のものとも山のものともいえぬ原子力発電の礎をつくる─安川第五郎(日本原子力発電社長)その6(終)─昭和時代の私の履歴書

2016年04月19日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4532165091/cuccakatsu-22/ref=nosim



安川は石炭界が深刻を極めていたその時期に、
石炭庁長官として安川は最前線に立つことになりました。

当時の石炭界の仕組みは、
国家統制のような形になっており、
日本石炭がその代行機関のようになっていました。

したがって労組がここを押さえれば、石炭事業は労組の自由になります。
しかもその日本石炭は組織が強く、
社長などは完全に浮いており、職員組合でどうにでもなるような状態だったのでした。

石炭庁としてはここに非常な悩みがあり、
それをコントロールするのになかなか苦心しました。




安川も何度となく長官室に押し込められて、
数時間炭鉱労組に取り囲まれ、
生産管理を認めろと半ば強制的に半ば脅迫的に迫られたこともあったのでした。


特に末弘厳太郎といった先生方が、
生産管理を合法的なようにいって新聞に論文を出したため、
組合の連中は末弘先生がこういわれたから合法的であるなどとしきりにいってきました。

末弘は安川の一年先輩でしたが、

「君は論文でも何でももう少し自重して出してもらわないと産業界に影響して非常に困る」

と一度文句を言ったそうです。


────────────────────────────────
【引用ここから】


この配給制度は戦争中の遺物としてやむを得ないとしても、
やはり不合理なことは不合理だと思う。

石炭がいいも悪いもなく、
トンいくらと決めてしまい、
生産費が、炭価よりオーバーしたら政府から補助金をもらう。

これでは、経営者は少しでも勉強してコストを安くしようという努力をしない。

また、うんと勉強したからといっても、
もうけは多くなりはしないし、
また怠けていても損する気づかいはない。

このままにしておけば石炭の生産は落ちるばかりだ。


【引用ここまで】
────────────────────────────────


安川は北海道から九州の炭鉱を回り、
各炭鉱労組の組合員や幹部と折衝をして石炭増産に努めましたが、

追放の問題が表面化し、辞めざるを得ませんでした。


安川は自分でも忘れていましたが、
福岡の玄洋社という政治結社の理事に名前を連ねていたのでした。

アメリカは玄洋社が今度の戦争に至るまでに一役買っているものと見ていたらしく、
その理事がこともあろうに石炭庁の長官におさまっているということで、
これはとんでもないとなります。

安川はわずか六か月で石炭庁を辞任するということになりました。



その後安川電機では会長に復帰してくれといってきましたが、
追放で辞めたのだから、二、三年は謹慎すべきと、
安川は表向きなにもせずぶらぶらしていました。

その後会長に復帰し、
昭和30年一万田大蔵大臣からの頼みで、
日銀政策委員に就任します。

一年ぐらいたって今度は、
原子力研究所の理事長になってくれという話が来ます。

昭和31年6月、正式の研究所理事長の辞令を受け、
11月の臨時国会で政策委員の後任が決まります。

研究所理事長になって間もない8月10日、
正力国務大臣とともに東海村に出張し、ここに原子炉が据えつけられるという場所で、くわ入れ式をやります。

そのころの東海村はいずれを見ても空漠たる感じで、
別に取柄のない所だったのでした。


原子力研究所は特殊法人でした。
はじめは国立にしたいという大蔵省の強い希望がありましたが、
国立では新しい思い切ったことをやるにはなかなかうまく運ばないと。

世界中でもまだ軌道に乗ったとはいえない新しい技術上の機関だから、
民間から優秀な人を集める必要が大いにある。

そこで準政府機関にしておく方がいいと安川は考えたのでした。


開所式は昭和32年9月18日、原子炉第一基の火入れを行いました。

そして日本原子力発電会社が誕生します。
原子力発電が海のものとも山のものともつかないこのとき、
ばらばらにやっていたのでは研究のロスはきわめて大きいと、

政府も一枚加わって各民間会社共同で生まれた会社でした。
日本原子力発電会社は以下のような性格を持っていました。


1、この会社それ自体が試験台となって、はたして、原子力発電というものは採算が合うかどうか、具体的に調べること。

2、人材養成。将来、各電力会社がどうしても原子力に手を出さないとやっていけないというとき、
いまのままでは各電力会社は手を付けるにも人材がないということになる。

3、日本が自力で、材料を集め、設備万端を整えて、原子力発電所を作れるようにするということ。
いまのままでは、いつまでたっても、英国、米国、あるいはソ連などから原子炉を購入せざるを得ない状態にある。
一日も早く、これを日本の独力でやれるようにしなくてはならない。
そのためには外国の色々なタイプのものを会社が購入し、いろいろの経験をし、研究をするということがまず先決。



安川は最後に人生を振り返り、
こう述べています。


若いころから自分ではけんかをしたことはなかった。
仕事上でも人生上でも何か障害があると、
それと争ってけんかして突破するということは一度もなかった。

すると百八十度くらい逆行して遠回りをする。

しかし、とどのつまりは、
結局、自分の思うつぼにいってしまう。


安川は争わないでいながら、
結局遠回りして自分の思うように物事を運んでいたわけです。




安川の功績はいくつかありますが、
この日本原子力発電会社の動きは現代においても参考になるのではないでしょうか。


原子力発電は私たち東北の人間にとって、
とりわけ福島県民にとっては言い表すことのできない存在となっていますし、
多くの方々が「原発ゼロ」であるべきと感じていることと思います。

しかしその代替エネルギーを考えたとき、
それは太陽光なのかもしれませんが、

この方式で新エネルギーを採算ベースで
軌道に乗せる努力をしていくためのヒントがここにあるように思いました。


原子力もこの安川の時代には、
採算に乗るわけがない、
この会社は初めから軌道に乗らないと言われていたようです。


そういった意味ではどんな事業にも分野にも「起業」の時期があるのだなという当たり前のことを感じます。

新しいエネルギーをどのようにしてつくるか、
安川のように、私たちの世代が努力しなければなりませんね。













昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。












(第924号 平成25年3月26日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2171-b0465abc
    この記事へのトラックバック



    fx