【再録】不景気と人員整理で人生最大の困難を迎える─安川第五郎(日本原子力発電社長)その4─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】不景気と人員整理で人生最大の困難を迎える─安川第五郎(日本原子力発電社長)その4─昭和時代の私の履歴書

2016年04月05日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4532165091/cuccakatsu-22/ref=nosim



安川は米国のウェスチングハウス会社という電機製造会社に
見習い生として入りました。

そして大正3年、安川は米国を去ります。

そして帰国後の大正4年7月、合資会社安川電機製作所を、
父と兄弟三人で出資し、20万円の資本金で始めました。


しかし安川には、経営上の経験もなければ経済上の経験もありませんでした。
ただ父親から「やってみろ」「では」という次第で始まったので、
その考えたるやきわめてまじめでコチコチでした。

同じ電気機械でも、炭鉱用の機械は特別の考慮が必要でした。
坑内と坑外の機械を同じように考えては大失敗します。

安川のわずか二、三年の実習経験と机上の学問だけでは解決できない問題が現れたのでした。

しかし都合のいいことに安川の父は炭鉱を経営していました。
親会社として子会社の安川電機を盛り立てようと、大いに協力し、
機械の欠点をあれこれと指摘してくれたので、
順次改良を重ね、炭鉱向きのの機械を造ることができました。

今日の安川電機の土台には、
安川の父の力が大きく働いていたのでした。


同じ電機関係でも、日立製作所などは、
第一次欧州大戦のブームを機会に第一歩の発展をし、
大正12年の震災の時にも発展します。

大震災で東芝が大打撃を受け、東京にある会社、工場はほとんど全滅、
幸い日立は茨城県にあったので大躍進したのでした。


安川電機は日立の発展とはとても比較にならず、
安川曰く非常に幼稚な考え方でスタートしました。

安川たちはああでもない、こうでもないとあらゆる失敗を重ね、
苦労の連続で損をしてきました。

そしてようやく改良された機械ができることになったら、
世には不景気の風が吹きまくっていたのでした。


特にひどかったのは、昭和5,6年ごろ。

安川はもうこの会社はつぶれるかもしれぬと思います。

何をやってもうまくいかない。
配当どころの騒ぎではない。
赤字の連続。


普通の会社ならとっくに買収されるか解散させるかするところでした。

幸い同族組織の会社であったため、
ものになるかならないか、試験台として続くかぎりやれというのでした。


昭和6年頃従業員は700人ぐらいでした。
ちぢこまっていては自滅するばかりだとふくらませていましたが、
どうしてもかかえていられなくなり、
仕方がないので300人ぐらい整理します。

整理するとますます悪くなってきます。
これは危ない。

整理すればするほどちぢまるばかりで発展の機会は出てこない。

整理するなら、やはり一つの方針を立て、
その方針に沿い目標に向かって整理しなければ、いくら人を減らしても駄目だと。


───────────────────────────────────
【引用ここから】


いままでは日立や芝浦を向こうに回して、
電気の機械ならなんでも来いというわけで、
発電機から配電盤、モーターとなんでもやっていた。

それがいけないと気がついた。

小さな規模で大工場を向こうに回して、
なんでも来いといったところで、大工場には勝てるものではない。

この工場として何を造るのがいちばん適しているか、またそれが将来性があるか、と品目を定めて、
その方に一路力をそそぎ、他の雑多な方面はいっぺん整理すべきだ、
とこう考えたのである。


【引用ここまで】
───────────────────────────────────


変圧器や配電盤は設備がなくてもできる。
せっかく金をかけて設備をしたのだから、
これを利用しなくてはムダになる。

これを利用するのなら、モーターがいちばんやりやすい。

ということで、
昭和6年暮れ、安川はモーター専門の工場に変えることにし、
いままでやっていた変圧器も配電盤も一応中止することにしました

不況にあえぎ、会社不振にもかかわらず、
なぜそれを早くやらなかったかというと、それには理由がありました。

変圧器のエキスパート、配電盤の有能な設計者もいましたし、
熟練工もいました。
それを失うことが、残念な気持ちでいたのでした。

人員整理など単純にやれなかったのでした。

しかし、ときここにいたり、
会社浮沈の瀬戸際に来て、未練がましいことを言っていては何もできないと、
泣いて馬謖を斬る気持ちで、

モーターの担当者を残したほかは全部やめてもらったのでした。


安川の生涯中、
このことが一番苦難の絶頂であったと回想しています。


───────────────────────────────────
【引用ここから】


私は涙をのんで訳を話した。
それを言渡す時の苦しさはいま思い出してもぞっとする。

しかし、みんな私の苦しさと私の考えをよくくんでくれて、
だれ一人私をうらむものはなかった。

その代り私はやめてもらった人たちをどこまでも世話をしてやった

こうして昭和六年の終りに来て安川電機最後の整理を行ったのである。


【引用ここまで】
───────────────────────────────────



起業し、回転させるために、
あれもこれも手をつけていくと、
何をやっている会社なのかわからなくなるということは意外とある話です。

起業家は日々忙しく飛び回っているので、
とにかく売り上げを上げること、
利益よりも売り上げとなりがちです。

どこかで時間を定期的に作って立ち止まり、
自分のやりたいことは何か、
会社の経営理念は何なのか、

何をやって何をやらないのか考えることが大事です。


安川は苦渋の決断をし、
やるべきこととやらないことを整理しました。

その結果どうなるかは次回に続けます。









私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4532165091/cuccakatsu-22/ref=nosim



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-24.html








(第910号 平成25年3月12日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2161-276d4e00
    この記事へのトラックバック



    fx