fc2ブログ

熊本支援のために私たちができること─平成28年(2016年)熊本地震

ad4ae880c705961d0b172710ebd4f77f_s.jpg 

4月14日、

熊本県益城町で震度7の揺れを観測した地震が発生し、
熊本県内で9人がお亡くなりになってしまいました。

また、今日16日午前1時25分ごろ、
熊本県熊本地方を震源とする地震があり、
熊本市や同県菊池市などで震度6強の揺れを観測。

気象庁によると、
震源の深さは約12キロ(暫定値)、
地震の規模マグニチュード(M)は7.3(暫定値)と推定され、
1995年の阪神大震災級。

その後も震度6強などの地震が相次いでいます。

一連の地震で、熊本県内ではこれまでに34人が亡くなっています。
これから九州地方では、
局地的に非常に激しい雨のおそれも見込まれていますので、
非常に心配されます。



私は地震があると携帯にメールが来るようにしているのですが、
未明からたくさんの地震が
熊本、大分を中心に起きています。


この地震の報に接し、
宮城県に住む多くの方は、
東日本大震災を思い起こし、

なんとか熊本で困っている皆さんのためにできることはないだろうかと、
思っている人も多いのではないでしょうか。


また九州各地のニュースを見て、
この週末、遊ぶことに罪悪感を感じたり、
テレビでバラエティ番組をやっていることに不謹慎と思ったりする方も、
なかにはいらっしゃるかもしれません。



熊本支援のために私たちができることは何か。


まず、発災から72時間は、
現地へ救助に向かうのは、
自衛隊、警察、消防など、
プロに任せるべきであるということです。

そして行政はじめ、
様々な関係機関が72時間は必死で動いていますので、

感情的にネットであおったり、
関係機関に電話をかけてパンクさせたりするというのはもってのほかだと思います。

政治的論争もこの期間は控えるべきではないでしょうか。



それから私自身も東日本大震災のときは、
必要とされる物資をインターネットを通して、
世界から大量に集め、
それを届けたりもしましたが、

できる限り個人や小さな団体で動くのではなく、
大きな団体と連携をして活動するのがのぞましいです。

もちろん知り合いの方が必要としている物資を、
個人的に送るということはアリですが、

きめ細やかに、必要とされているところへ必要とされるものを
送ることができないのであれば、
大きな団体と連携することがいいのではないかと思います。


被災地においての支援活動は、受け入れ体制が重要であり
受け入れ体制がないのに動くと被災地にとって大きな負担になります)、

また避難所では物資の配布に公平性を期すことになりますので、
大量の物資を取りまとめる必要があります。


一人分や二人分の物資を寄付することは、
精神としては尊いことではありますが、
避難所等での物資配布の際には同じものが大量にある必要があるわけです。



ということでまとめますと、
私たちができることは、

まずはそれぞれが平常心で、
自分の持ち場持ち場の仕事をしっかりとすること。

それはゆっくり休んだり、
笑ったり楽しんだりすることも大事だと思います。


そして72時間を超えたころから、
どんな支援ができるのか、
公的機関やNPO団体などを中心に動きが出てきますので、
そのメニューの中から自分のできる支援をやってみてはどうでしょうか。


さっそく多くの団体が募金活動をしているようです。

青年会議所(JC)でもやっているようですし、
様々な団体が寄付金を集めると思いますが、

なかには不明朗会計な団体もありますので、
行政をはじめとする公的機関が進めている募金運動に
協力するというのがよろしいかと思います。



─────────────────────────────────

●「熊本地震支援金街頭募金」(公益社団法人仙台青年会議所)
⇒ http://www.sendai-jc.or.jp/


●「平成28年熊本地震義援金の受付について」(宮城県)

平成28年4月14日(木曜日)に熊本県で発生した地震により、
熊本県熊本地方を中心に多大な被害が生じております。
日本赤十字社では、被災者支援のため義援金の受付を開始しました。

⇒ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syahuku/kumamotogienkin.html

─────────────────────────────────



平成28年熊本地震の被害により亡くなられた皆様に
謹んでお悔やみを申し上げますとともに、

被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。


今後宮城県として様々な機関、県民の皆様とともに、
できる限りの支援を進めていきたいと思います。

関連記事

コメント

ありがとう

こんなときに笑ってていいのかとモヤモヤしてました。少し気持ちがラクになりました。ありがとうございます。募金など微力ながら自分にできることを見つけて支援したいと思います。
非公開コメント

ご支援御礼(令和元年10月)

渡辺勝幸は令和元年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,273票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に二回目の当選を果たしました。今後ともふるさと宮城の復興完遂のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(令和元年10月27日執行・投票率28.18%)
当 渡辺勝幸    自民現  10,273
当 三浦奈名美   立民新 7,634
当 福島一恵    共産現 7,047
次 高橋克也    自民新 6,486

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
20位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メルマガを毎日書いています!

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
メルマガ購読・解除
 

ご支援御礼(平成27年10月)

渡辺勝幸は平成27年10月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、10,041票という貴重な票をいただき、宮城県議会議員に初当選しました。今後ともふるさと宮城に強い経済をつくるために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成27年10月25日執行・投票率31.28%)
当 渡辺勝幸    自民新  10,041
当 福島かずえ   共産新 9,433
当 細川雄一    自民現 7,490
次 千葉あさこ   民主新 5,849

渡辺勝幸後援会事務所

渡辺勝幸後援会事務所
984-0816 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266 FAX 022-398-6269

最近の講演報告・講演実績

検索フォーム

アクセスランキング

ご支援御礼

渡辺勝幸は平成23年11月に行われた宮城県議選に若林選挙区から立候補し、5,042票という貴重な票をいただきましたが、落選いたしました。残念な結果ではありましたが、今後ともふるさと宮城の復興のために尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宮城県議選若林選挙区(平成23年11月13日執行・投票率34.65%)
当 細川雄一    自民現 7,728
当 本多祐一朗   社民現 6,536
当 千葉達     自民現 6,031
  福島かずえ   共産新 6,000
  渡辺勝幸    無新  5,042
  菊地ゆきお   み新 2,903
  小野寺かずたか 無新 978


120216 gaitorokuchonomeAkXOfoVCMAAmJYo 早朝街頭を続けています。平成24年1月撮影。

渡辺勝幸の政治活動を応援していただける方は、まず無料の「渡辺勝幸後援会メールマガジン」にご登録ください!

【渡辺勝幸応援団よりのお願いです】
渡辺勝幸後援会に入る方法

このブログについてご説明

このブログは、渡辺勝幸が3,300日以上毎日書いているメルマガ「日本一元気になるビジネスマガジン」の過去記事を中心に構成しています。メルマガでは、ブログに書けない話なども書いていますので関心のある方はぜひどうぞ。メルマガ登録はこちらから。

メルマガを3,300日以上毎日書いています

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。 9年以上、3,300日以上連続でメルマガを書いています。 政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、 意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。 1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。 失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。 著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。 起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Facebookページに「いいね!」

「いいね!」するだけで、つくる仙台の日々の更新情報が届きます。たまに「ここだけの情報」をお伝えします!