熊本支援のために私たちができること─平成28年(2016年)熊本地震 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

熊本支援のために私たちができること─平成28年(2016年)熊本地震

2016年04月16日 18:33

ad4ae880c705961d0b172710ebd4f77f_s.jpg 

4月14日、

熊本県益城町で震度7の揺れを観測した地震が発生し、
熊本県内で9人がお亡くなりになってしまいました。

また、今日16日午前1時25分ごろ、
熊本県熊本地方を震源とする地震があり、
熊本市や同県菊池市などで震度6強の揺れを観測。

気象庁によると、
震源の深さは約12キロ(暫定値)、
地震の規模マグニチュード(M)は7.3(暫定値)と推定され、
1995年の阪神大震災級。

その後も震度6強などの地震が相次いでいます。

一連の地震で、熊本県内ではこれまでに34人が亡くなっています。
これから九州地方では、
局地的に非常に激しい雨のおそれも見込まれていますので、
非常に心配されます。



私は地震があると携帯にメールが来るようにしているのですが、
未明からたくさんの地震が
熊本、大分を中心に起きています。


この地震の報に接し、
宮城県に住む多くの方は、
東日本大震災を思い起こし、

なんとか熊本で困っている皆さんのためにできることはないだろうかと、
思っている人も多いのではないでしょうか。


また九州各地のニュースを見て、
この週末、遊ぶことに罪悪感を感じたり、
テレビでバラエティ番組をやっていることに不謹慎と思ったりする方も、
なかにはいらっしゃるかもしれません。



熊本支援のために私たちができることは何か。


まず、発災から72時間は、
現地へ救助に向かうのは、
自衛隊、警察、消防など、
プロに任せるべきであるということです。

そして行政はじめ、
様々な関係機関が72時間は必死で動いていますので、

感情的にネットであおったり、
関係機関に電話をかけてパンクさせたりするというのはもってのほかだと思います。

政治的論争もこの期間は控えるべきではないでしょうか。



それから私自身も東日本大震災のときは、
必要とされる物資をインターネットを通して、
世界から大量に集め、
それを届けたりもしましたが、

できる限り個人や小さな団体で動くのではなく、
大きな団体と連携をして活動するのがのぞましいです。

もちろん知り合いの方が必要としている物資を、
個人的に送るということはアリですが、

きめ細やかに、必要とされているところへ必要とされるものを
送ることができないのであれば、
大きな団体と連携することがいいのではないかと思います。


被災地においての支援活動は、受け入れ体制が重要であり
受け入れ体制がないのに動くと被災地にとって大きな負担になります)、

また避難所では物資の配布に公平性を期すことになりますので、
大量の物資を取りまとめる必要があります。


一人分や二人分の物資を寄付することは、
精神としては尊いことではありますが、
避難所等での物資配布の際には同じものが大量にある必要があるわけです。



ということでまとめますと、
私たちができることは、

まずはそれぞれが平常心で、
自分の持ち場持ち場の仕事をしっかりとすること。

それはゆっくり休んだり、
笑ったり楽しんだりすることも大事だと思います。


そして72時間を超えたころから、
どんな支援ができるのか、
公的機関やNPO団体などを中心に動きが出てきますので、
そのメニューの中から自分のできる支援をやってみてはどうでしょうか。


さっそく多くの団体が募金活動をしているようです。

青年会議所(JC)でもやっているようですし、
様々な団体が寄付金を集めると思いますが、

なかには不明朗会計な団体もありますので、
行政をはじめとする公的機関が進めている募金運動に
協力するというのがよろしいかと思います。



─────────────────────────────────

●「熊本地震支援金街頭募金」(公益社団法人仙台青年会議所)
⇒ http://www.sendai-jc.or.jp/


●「平成28年熊本地震義援金の受付について」(宮城県)

平成28年4月14日(木曜日)に熊本県で発生した地震により、
熊本県熊本地方を中心に多大な被害が生じております。
日本赤十字社では、被災者支援のため義援金の受付を開始しました。

⇒ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syahuku/kumamotogienkin.html

─────────────────────────────────



平成28年熊本地震の被害により亡くなられた皆様に
謹んでお悔やみを申し上げますとともに、

被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。


今後宮城県として様々な機関、県民の皆様とともに、
できる限りの支援を進めていきたいと思います。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

  1. あゆころ | URL | EkzWQqPw

    ありがとう

    こんなときに笑ってていいのかとモヤモヤしてました。少し気持ちがラクになりました。ありがとうございます。募金など微力ながら自分にできることを見つけて支援したいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2160-8fcc4726
この記事へのトラックバック



fx