働く女性の応援団!女性が輝き続けられる環境をつくりたい!─ワークライフバランスプランナー平間由紀子さんのクラウドファンディング挑戦 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

働く女性の応援団!女性が輝き続けられる環境をつくりたい!─ワークライフバランスプランナー平間由紀子さんのクラウドファンディング挑戦

2016年04月14日 18:00


結婚・出産・子育て・介護に直面しても働き続けられる環境をつくります!!
働く女性の応援団!女性が輝き続けられる環境をつくりたい!
⇒ http://www.challengestar.jp/project/%E5%83%8D%E3%81%8F%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E5%9B%A3%EF%BC%81%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%8C%E8%BC%9D%E3%81%8D%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BC%81/project_id/57


起業集団つくる仙台創業スクールでも、
講師を務めていただきました平間由紀子さんが、
現在社会起業の分野でクラウドファンディングに挑戦しています。

ぜひ共感していただける方は、
ご協力をお願いいたします。


以下、平間さんのコメントです。



──────────────────────────────
【引用ここから】


【このプロジェクトについて】

─東北の働く女性の応援団長!!─


みなさんこんにちは!

東北の働く女性の応援団長!
株式会社パステル代表の平真ゆきこと申します!

私は働く女性を応援するため、
ワークライフバランスの考え方を広める講演活動、
そして働く女性、個々人の悩みに応える個人セッションを行っております!!

そしてこの度このワークライフバランスを広める活動をさらに大きなものにしていくため、
企業訪問ワーク、講演会の規模拡大に挑戦します!!



─育児か仕事か、自信の苦悩─

私自身一人の働く女性としてこれまで、
子育てをしながら、主婦業と仕事を両立してきました。

しかし、その両立はとても苦しいものでした。

子育てにおいては、子供の学校行事や、
お迎え、予期せぬ体調不良や、受験期 など、
子どものために使う時間が必要です。

(子供は母の支えを必要としています。)

しかし、私自身会社の代表として、
仕事に時間をかけなければならないときは、
子どもを支援する時間は十分にとることができず、
非常に歯がゆく、辛い思いをせざるをえませんでした。



─働く女性のターニングポイント─

さらに昨年より子育てと仕事との両立に加え、
実母の介護という現実とも向きあうことになりました。

子育てと仕事だけでも手一杯の中、さらに実母の介護・・・

仕事中も家庭での不安がよぎり、
家庭においても仕事での不安がよぎる...

仕事・子育て・介護 この三つが私の肩に重くのしかかりました。

そして私以外の働く女性たちも同じような状況に直面し、
中には仕事を諦めている人がいる現実に気づきました。

どうして働く女性はこんなにも苦しい状況に置かれ、
笑顔を失ってしまっているのだろうか

結婚・出産・育児・介護、女性はこうしたいくつもの人生のターニングポイントを迎えます。

ターニングポイントを迎えても女性が働き続けられる、
仕事でも家庭でも輝き続けられる環境を作りたい!
と自身の挫折体験から強く強く、実感しました。



─ワークライフバランスとの出会い─

模索する中、ある一つの有効な考え方を知りました。

それこそが「ワークライフバランス」の考え方です。

ワークライフバランスとは仕事とプライベートの相乗効果を意味し
人々が仕事上の責任を果たすとともに、
家庭でも、人生の各段階に応じて自分で生き方を選べることを目指す考え方のことです。

私自身、それまで企業の代表として多くの残業をしてきましたが、
それからは思い切って働き方を変え、
定時に上がるようにして家庭に集中するときは思い切り集中するということを実践することにしました。

その結果、仕事では定時を意識することでいかに残業を減らすか、
効率的な作業を心がけるようになり、
家庭においては介護、子育てに時間をとれるようになったことで、
家庭生活の充実に繋がりました。

そして家庭の充実からこれまでより仕事に集中できるようになり、
残業を減らしつつも業績を上げるという結果が生まれました。

まさに仕事とプライベートの相乗効果!

そうだ!働く女性が輝くにはこれしかない!!
と確信を持ち、ワークライフバランスの考え方を更に研究して広めることを決意しました。



─さらなる壁-真に女性が輝くには-─

数多くの働く女性との対話、
ワークライフバランスのさらなる研究を通して、
こえなければならない大きな壁に直面しました。

それは女性個人がワークライフバランスを意識するだけでは
限界があるということです。

定時で上がり、家庭での時間を作りたいと女性が思っていても、
職場がそれを許さない雰囲気であるなら女性は従わざるを得ません

女性は男性同様に職場でも悩みをかかえます。
そのうえ女性は家庭に戻ったあとにも家庭での悩みが待っているのです。

こうした二重の悩みから周囲の協力や精神的支えがないと、
公私のバランスをとる事ができず、
働き続けることができなくなってしまいます。

やはり真に働く女性が輝くには、
企業としてワークライフバランスの考え方を推進する体制、
女性を応援する体制も整える必要があると痛感しました。



─残業を減らし、業績を上げる─

とはいえ、全員が定時であがるようでは業績は下がってしまう。
ただの職務怠慢だ。などと思う方も多いかと思います。

しかし、あくまでもワークライフバランスは
仕事とプライベ─トとの相乗効果です。

私の目指す、ワークライフバランスを推進する企業は、
残業を減らしても業績をあげる企業です。

チーム全体がワークライフバランスを意識することで、
女性が輝きを取り戻せれば女性の活躍と企業の業績の相乗効果が生まれます。

また家庭を意識したチームができることで、
お互いの家庭に関するコミュニケーションが生まれることも期待できます。

職場に家庭での悩み事を相談できれば
それは働く女性にとってとても大きな精神的な支えになります。
家庭と対極にある職場が、
家庭での悩みを軽くするということも起こるのです!

仕事とプライベートの相乗効果、
そして女性と企業の相乗効果を意識し、
お互いの家庭を思いやり、
かつ残業を減らすべく効率的に仕事に取り組む強いチームができあがれば
どれだけ素晴らしいことか...!!



─ワークライフバランスデザイナー─

こうしたワークライフバランスを意識した強いチーム、企業を
社会に多く生み出せれば、
女性がターニングポイントを迎えても働き続けられる、
輝き続けられる社会になる!

口だけではなく、実際に企業に入っていき、
ワークライフバランスを実践してもらおう!
そして実際に残業を減らしても業績が上がる企業をつくることができたら
それは社会にとって大きな一歩になるに違いない!!


そこで今回は実際に企業様を訪問し、
ワークライフバランスの考え方を意識してもらうための講演を開いたり、
不要な残業を減らすためのワークを行いたいと考えています。


起業、家事、育児の両立をしてきた私の目から、
企業様の働き方を分析し、
どうすれば企業様がワークライフバランスを意識した、
より良い環境になるか、効果的なアドバイスができればと思います!!

また、これまで通り、
働く女性の悩みに応える個人セッションも行っていきます。

これまでパートナーとの悩み、職場での悩み、育児での悩みなどに応え、
様々な女性の助けになってこれたと自負しております。

このように女性個人、企業のワークライフバランスの在り方をデザインする存在、
「ワークライフバランスデザイナー 」として、
女性個人・企業の両面から、女性が輝ける社会を実現するサポートをしていきます!!!



─資金の使い道─

みなさまからいただいた資金は以下の通り使用したいと考えております。

・ホームページ作成
・ブログカスタマイズ
・企画書制作費
・ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座 受講料※(株)ワーク・ライフバランス
・撮影料(プロフィール・HP用)

30万円の場合
・ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座(基礎編) 受講
・ホームページ作成

50万円の場合
 ・ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座(基礎編・アドバンス編) 受講
・ホームページ作成

70万円の場合
・ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座(基礎編・アドバンス編) 受講
・ホームページ作成
・ブログカスタマイズ
・企画書制作費
・写真撮影

ワークライフバランスの考え方を広めるために全力を尽くします!



─夢物語じゃない・・・!

仕事も家庭も両方充実させるなんてそんな良いことは夢物語じゃないか、ありえない。

こう疑う方も日本には多いと思います。

しかしワークライフバランス、仕事とプライベートの相乗効果の実現は夢物語ではありません。

その答えは北欧の国々の働き方にあります。


北欧では早くから男女ともにワークライフバランスの重要性が認知されており、
自由に労働時間帯を決めれるフレックスタイム制度や在宅勤務制度といった、
家庭をサポートする労働の制度が整っています。

スーツ姿の男性が子どものお迎えをするといった光景があたりまえなんです!

こうした北欧の国々は国民一人当たりのGDPは世界トップクラスであり、
実際に家庭と仕事の相乗効果が実証されています。


男女ともに家事を分業し、
企業もまた社員の家庭での充実を応援する。

こうした素晴らしい社会の実現のため、
まずはこの東北から、ワークライフバランスを意識した企業を作っていきます!!



そのためにはみなさんの支援が必要です!!


どうかご支援のほどよろしくお願いいたします!!




全ては働く女性の笑顔のために!




【引用ここまで】
──────────────────────────────




結婚・出産・子育て・介護に直面しても働き続けられる環境をつくります!!
働く女性の応援団!女性が輝き続けられる環境をつくりたい!
⇒ http://www.challengestar.jp/project/%E5%83%8D%E3%81%8F%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E5%9B%A3%EF%BC%81%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%8C%E8%BC%9D%E3%81%8D%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BC%81/project_id/57





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2159-1eafb3fd
    この記事へのトラックバック



    fx