【更新あり】地震津波被害に伴うガソリン供給最新情報。 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

【更新あり】地震津波被害に伴うガソリン供給最新情報。

2011年03月25日 11:25

おけったー
「宮城県内の物資情報は、こちらで相談、共有してください。」

http://oketter.okwave.jp/my_page/answer/28587


で、ガソリン給油の最新情報がまとめられていますので、どうぞ。





【以下は3/20 16:49更新】


ガソリン続報 3月20日(河野太郎衆議院議員ブログ)
2011年3月20日 14:19
http://www.taro.org/2011/03/post-951.php

ガソリン続報。
東北地方の一日あたり必要量38000klを供給する能力、ほぼ確保。ガソリン切れのひどい福島原発周辺に600klを搬送。

横浜市根岸から鉄道で、線路が被害を受けていないところを選んで新潟、秋田を経由して青森から南下して盛岡に26時間かけてガソリンを搬送中。この搬送は毎日継続する予定。

関東圏には三連休中に40000klを出荷する予定。川崎、千葉の製油所は既に運転再開済み。一都六県に161カ所の拠点SSを指定、重点供給開始。


米軍は12750人の隊員、20隻の艦船、140機の飛行機、ヘリで支援を継続中。空母ロナルドレーガン以下11隻は岩手沖、揚陸艦トーテュガは八戸沖、揚陸艦エセックス、ハーパーズフェリーとジャーマンタウンは秋田沖から釜石へ移動。海兵隊はヘリでの支援物資を空輸中。

この他に在日米軍から核・生物・化学防護服を150着、東電に提供あり。




【以下は3/20 16:31更新】


「仙台」「ガソリン」Twittterでのつぶやき。

あくまでTwitterでのつぶやきであることをあらかじめご了承ください。


@nishy03 西村やすとし
地震で被害を受けた仙台のJXの製油所ですが、鎮火されたため、在庫のガソリンを出荷され始めました。明日塩釜港に到着予定の出光の輸送船(2000kl)、明日にも再稼動予定の横浜根岸のJXの製油所などと合わせて、被災地へのガソリン供給を増やします。
3/20 4:03PM






【以下は3/18 9:15更新】


【東日本大地震】燃料不足問題、来週にも震災前の水準に2011年3月17日(木) 19時21分


石油情報センターは、今週から来週にかけてガソリンなどの燃料の供給能力に余裕が出るとの見通しを発表。

東日本大地震の影響で、3月17日現在、国内原油処理能力日産約450万バレルの3割弱、約120万バレルが稼動を停止している。

しかし、今週から来週にかけて製油所の復旧が進むことで国内の処理能力は日産390万バレルと、震災前の原油処理量とほぼ同じ水準になる見通し。これに加え、東北・関東地域以外の製油所の稼働率引上げ、石油会社への備蓄義務日数の引下げによる製品の追加供給、製品の緊急輸入、輸出計画分の国内への優先振り分けなどにより、全体的な製品供給能力には余裕が生まれてくるとしている。

同センターでは「消費者は、過度のガソリンなどの買いだめなどをされることなく、冷静に行動されることが望まれる」として、燃料の買いだめ自粛を要請している。

http://response.jp/article/2011/03/17/153440.html




【東日本大地震】コスモ石油、原油処理能力を約8割回復へ2011年3月18日(金) 08時45分

コスモ石油は17日、石油製品の供給体制について、原油処理能力の増強、輸出中止、追加輸入により、国内向け供給量25万6000キロリットルを確保したと発表。

同社は、今回の地震により千葉製油所が現在停止しており、石油製品の供給不足が生じている。今回の決定は、その不足分を補うための処置。

原油処理能力では、四日市製油所で日量5万バーレル、坂出製油所で日量3万バーレル、計8万バーレル増強し、原油処理能力を地震前の約8割まで回復させる

http://response.jp/article/2011/03/18/153462.html



【以下は11/3/17 10:56更新】


O氏からメールいただきましたので引用します。ソースは、responseという自動車ユーザーのためのサイトです。



東北のガソリン・燃料不足は、来週には回復すると思われる。

【東北以外は「供給ととのった」】

・出光興産:宮城県の同社塩釜油槽所を17日に再開
・昭和シェル石油:現時点で、在庫は充分であるものの配送に遅れ
・JX日鉱日石エネルギー:関東地方で最大の生産能力のある根岸製油所を再開
・エクソンモービルジャパングループ:東燃ゼネラル石油の川崎工場が17日にも稼働開始

■出光興産(3月17日(木) 07時45分)
・宮城県の同社塩釜油槽所を17日に再開
数日間は在庫品を病院や消防、復旧支援車両等の緊急度の高い相手先を優先して供給
被災で出荷停止していたが、東北電力の協力のもと復電し、
これまでに設備の復旧と設備点検をおこなってきた。


■昭和シェル石油(3月17日(木) 10時03分)
・現時点で、在庫は充分であるものの配送に遅れ
国内の供給が安定するまでの間、生産量を最大化すると同時に、
予定していた石油製品(ガソリン・軽油)の輸出を取りやめ、国内の短期的な供給力を強化
被災地への配送体制を拡充するため、ローリーの配備を強化

■JX日鉱日石エネルギー(3/16) 21時15分)
・関東地方で最大の生産能力のある根岸製油所を再開
来週中にも石油製品の生産を再開できる見込みを発表

16日から稼働中の他製油所からの石油製品の受入を開始しており、
今後、燃料不足は解消に向かう見通し。

室蘭製油所では、東北地区の日本海側の油槽所への転送を開始
国、自治体が優先する先や救命、救急に関わる先を最優先に供給

※地震の影響で、仙台製油所、鹿島製油所、根岸製油所の操業が停止
仙台製油所と鹿島製油所は損傷が大きく、復旧の見込み無し。
ただし仙台製油所の火災は15日14時30分に鎮火

・タンクローリー不足対策
西日本から東北地区へタンクローリーを搬送し、東北地区の陸上運送体制を強化


■エクソンモービルジャパングループ(3月17日(木) 10時05分)
・東燃ゼネラル石油の川崎工場が17日にも稼働開始

・極東石油工業の千葉工場は、16日再稼動、数日中に全面稼働となる見込み
陸上出荷場からのタンクローリーによる出荷は、13日より再開


==情報のソース==
http://response.jp/article/2011/03/15/153298.html
http://response.jp/article/2011/03/14/153256.html
http://response.jp/article/2011/03/17/153405.html
http://response.jp/article/2011/03/17/153404.html
http://response.jp/article/2011/03/17/153396.html





私、渡辺のメルマガで、毎日お役に立ちそうな災害関連情報等発信しています。携帯でのご登録をオススメします。

がんばろう日本!






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. カツユキ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >亘理の応援団員弟さん

    コメントありがとうございます。亘理の後輩が多いのでどなたかわかりませんが、御無事で何よりです。
    徐々に生活が戻りつつあるとのこと、うれしいです。
    私の実家もまだまだですが、少しずつがんばっていきたいと思います。

    一緒にがんばりましょう。
    お兄さんにどうぞよろしくお伝えください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/215-c2b7597a
この記事へのトラックバック



fx