【再録】アメリカの工場で働き、九州で起業─安川第五郎(日本原子力発電社長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】アメリカの工場で働き、九州で起業─安川第五郎(日本原子力発電社長)その3─昭和時代の私の履歴書

2016年03月29日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



安川は日立製作所に入社し、懸命に働きました。

そして大正2年10月、日立を退職し、
米国に旅立ちます。


安川はこのころ、実務について、実際的な訓練を受けたいと思います。
これには大きな電気会社に入るのが一番手っ取り早いと、

米国のウェスチングハウス会社という電機製造会社に
見習い生として入ります。


ところが米国に着いてみると
米国は不景気のどん底で

「今すぐに日本人を入れる余地はない、しばらく待て」

と。

仕方ないので、フィラデルフィアにある兄の友人の家に一時身を寄せます。
言葉の練習をしながら、一月ばかりぶらぶら過ごしていると、

ウェスチングハウスから正式の手紙で

「まだ入れる余地はないが、いつまでも待たしておくのも悪いから、
 工場の見学は許してやる。
 そのかわり給料は払えない。」

といってきます。

会社で工場見学を許してくれたものの、
三日も四日も同じところを回り、あきがきます。

このとき、安川はふと日本を出るときに言われた先輩の言葉を思い出します。


「米国へ行ったら遠慮をするな。
 遠慮をすれば損するばかりで得はしない。
 いれられないことは仕方がないが、決して遠慮はするな」


そこで安川は、元気をふるい起こして、いきなり重役に面会を申し込みます。
兄の友人のそのまた友人がウ社の重役をしていたのでした。

遠慮なしに安川が、事務所に机を置いてほしい、
エンジニアの担当者に質問をし答えてもらうよう便宜を図ってもらえないかと。

するとその重役はすぐ電話をかけて、
係に連絡し便宜を図ってくれました。

この会社にはもともと教育部があったのでした。
教育部へ行きわけを話します。

「大きな機械はまだ興味がない。
 小さな家庭用のモーターにも興味がない。
 中くらいの工業用の機械に関心がある」

と話すと、すぐに電話で手配してくれ、
机を一つあてがってくれます。

図面でも仕様書でも手続きさえ取れば、従業員と同じように見せてくれました。

安川は、さすが米国はハラが大きいと感心します。
そして炭鉱巻揚用電動機についての知識を習得します。



そのうち教育部から、

「おまえはあすから工場へ行って働け」

といわれます。

たいていの留学生は向こうで自活しているので、
安川は気の毒だと会社が判断したようでした。

安川は会社の好意を無にすることになると、
働くことを決意します。

仕事は市街鉄道で使っているようなモーターにコイルを入れる作業で、
普通の作業員並にやらされます。


三か月後、ストライキが起こります。
賃金を上げよというのではなく、
労働組合というものを会社が認めよという要求でした。

ストライキは40日も続きます。

季節は夏に向かい、
たまたま兄の友人から休暇をとったから遊びに来いと言ってきたので、
これ幸いとばかり、安川はウェスチングハウス社をやめてしまいました。


ドイツにでも行こうかと思っていた安川でしたが、
第一次世界大戦がはじまります。


まもなく父から手紙が来ます。

「ドイツに行くなら戦争が済んでからにせよ。ひとまず米国を切り上げて帰れ」

というのでした。

大正3年、安川は米国を去ります。


帰国して、郷里でぶらぶらしていると父は、

「資本を出してやるから何か仕事をしろ」

といってきます。

電気化学をやりたいけれども経験がない。
日立とウェスチングハウスの実習で、電気機械なら。

父にその旨告げると、

「ではそれをやれ」

というので、九州の一角に工場を建てます。


これが安川電機のはじまりでした。
思いたったのが大正4年、登録したのが同年7月、合資会社安川電機製作所、
父と兄弟三人で出資し、20万円の資本金で始めました。





次回に続けます。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。










(第896号 平成25年2月26日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2147-50359afe
    この記事へのトラックバック



    fx