松下幸之助らと「文なし会」─江崎利一(江崎グリコ社長)その11─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

松下幸之助らと「文なし会」─江崎利一(江崎グリコ社長)その11─昭和時代の私の履歴書

2016年02月09日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉


江崎は第二の創業として、
日本で初めての酵母活用のビスケット「ビスコ」を販売、
これもまたヒットします。

そして江崎はちょうどこのころ、
終生の友として敬愛する松下幸之助と出会うことになります。


────────────────────────────
【引用ここから】


ある新聞社の招待で、熱海ホテルで、
たまたま同室したのが松下氏であった。

お互いにほとんど文なしから身を起こし、
なんとか今日までやってきた境遇などが似かよっていたので、
話し合うほどに意気投合し、
夜のふけるのも忘れて語り続けた。

そのあと、このまま別れてしまうのは惜しいと、
大阪に帰ってから二人で「文なし会」なる会をつくり、
ときに語り合い、ときには大学の先生や専門家、体験家を招いて話を聞くなど、
修養を積みながら交友を深めた。


【引用ここまで】
────────────────────────────


この「文なし会」が、
新聞に記事として紹介されると、

私も似たような経歴の持ち主だ、
ぜひ「文なし会」に入れてくれという人が現れます。

サントリーの鳥井氏、
中山製鋼の中山社長、
寿重工の常田社長、
堀抜帽子の堀抜社長が加わり、

“大阪六人男”という異名をとります。


江崎は、松下幸之助とはそれ以後長く、
いつも兄弟かそれ以上に親しく付き合い、
松下は江崎の会社の取締役となっていました。


昭和6年から7年、
このころになると事業は発展の一途をたどり、
国内の体制も整い、
江崎は来たるべき次の構想をねっていました。

昭和8年、大連博覧会が開かれます。
江崎は大阪商工会議所代表の一人として渡満し、
奉天にグリコ工場をつくることを決めます。

昭和10年奉天、昭和14年天津に、
それぞれ工場を持ちます。

さらに、東洋を制する根拠地として上海を選び、
土地を買い、社員を派遣しますが、
これは戦争のため中断となります。


一方、日本の国力伸長とともに、南方へ進出。
昭和15年、南洋のポナペ島に本拠をおいて、
カカオや熱帯地植物の栽培加工を目的としたグリコ南洋産業株式会社を設立します。

昭和8年から20年にかけて、
満州、中国大陸、南洋諸島へとつぎつぎに事業を拡張しましたが、
江崎は自分の事業をどこまでも伸ばすこと自体に、
奉仕への喜びと楽しみがあったのでした。

世のなかのことは自然の理法に合わなければならないと、
事業もまた、時と所に応じて経営の方法は千変万化するのだと江崎は言っています。


商売一筋に生きてきた江崎ですが、
何のために事業をするのかという理念をさらにおしすすめ、

昭和9年、財団法人母子健康協会を設立します。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。




関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2097-cf82af59
    この記事へのトラックバック



    fx