ネットで靴を買えるロコンドを知っていますか? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

ネットで靴を買えるロコンドを知っていますか?

2011年03月11日 12:00

110311shoesCN_0699_convert_20110315214924.jpg


ネットで靴が買えるアメリカのベンチャービジネス、

「ザッポス」

を昨年末ご紹介しました。

創始者であるトニーシェイの
書籍『ザッポス伝説』を読んだお話。


アメリカで流行ったものは
十年後に日本で流行ると言われていますが、

先日テレビを見ていたら、
俳優の近藤正臣がCMで出てきました。

昨年の大河ドラマ龍馬伝で
山内容堂を怪演したことは記憶に新しいところですが、

殿様の格好をして
靴のネット販売の会社、


ロコンド(Locondo.jp)


のCMをしていました。


「こんどうです。ロコンドーです。」

というセリフは耳に残りますね。


アメリカのザッポスはアマゾンに買収され、
日本でもアマゾン系の、

javari

というサイトがネットの靴専門店大手として人気です。

しかし、いまいちネットで靴を買うということに
日本人は慣れていないのかもしれませんし、

ネットを使いこなしている人でも
javariをあまり知らない人も多いように思います。


今年に入ってからネット靴専門店として
サイトオープンしたロコンドは、

このようにインパクトのあるテレビCMを流すことで、
靴をネットで買うなんて想像もしていない購買層を
引きつけようとしているのではないかと推測します。


無党派層をひきつけるにはやはりテレビ。
そしてインパクト。

内容のよしあしよりも、
話題を巻き起こすんだという戦略を感じますね。


実際にロコンドで靴を買い、
返品した人の感想をネットで探してみると、

電話サポートの人とスムーズなやり取りをして
返品しています。印象もいいみたいです。

フリーダイヤルの電話で相談員が応対してくれる
「オンラインスタイルコンシェルジュ」というシステムだそうで、
これもまたザッポスを意識しているんだろうなと思います。

99日間は返品無料とのことなので、
ネットで検索し、電話でコンシェルジュと話しながら、
試し履きを繰り返す、

これがこれからの靴の買い方なのかもしれません。



トニーシェイの『ザッポス伝説』によれば、
靴をネットで買うという発想は、
一見、それは無理だろうと思ってしまうのですが、

ザッポス誕生のころでも、
靴の通信販売事業は20億ドル(約1600億円)市場だったとのこと。


ネット通販は今後ますます成長が続くと考えれば、
ネットで靴、もありだろうと。

それではなぜそのころまで「ネットで靴」が
なかったのかというと、



ネット上の靴屋さんは小さな店ばかりで品ぞろえが少ない

靴業界は非常に細分化した業界

靴業界はテクノロジーに強くない




したがって、バラバラな靴店をネットワーク化すれば
可能だろうと、トニーシェイは推測したわけです。


ロコンドは、1万種類の靴をそろえるという
大規模化が売りでもあります。

一見すると、
「それは無理だろう」

と思えるようなところに、ビジネスのチャンスが眠っているのかもしれません。

みなさんも一度、ネットで靴を買ってみてはいかがでしょうか。




ロコンド日本最大級の靴のネット通販



ちなみにアマゾン系javariはこちらです。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/209-46a05ac5
    この記事へのトラックバック



    fx