商売はよく拡張で失敗する。第二の創業ビスコ─江崎利一(江崎グリコ社長)その10─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

商売はよく拡張で失敗する。第二の創業ビスコ─江崎利一(江崎グリコ社長)その10─昭和時代の私の履歴書

2016年02月02日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉



昭和2年4月、
江崎は第三の危機、
金融恐慌による近江銀行の倒産に巻き込まれます。

このとき江崎は近江銀行一本で取り引きしていたので、
汗とアブラの資金のほとんど全部を失ったのでした。

しかし、江崎の熱意が通じ、
この危機をも切りぬけることができたのでした。



事業は軌道に乗り、
大阪での足場ができた江崎は、
次に「東京進出」をめざします。

すでに銀行偵察の意味で、
大正15年から弟の清六を東京・神田に派遣していました。

準備ですね。


それまで、
大阪から東京進出を狙った業者は七軒ありましたが、
いずれも旗を巻いて引き揚げたという話を、
問屋から聞いていました。

今度はいよいよ自分の番。
江崎は考えます。


──────────────────────────
【引用ここから】


先行者の失敗は不可能を物語っているのだろうか。
いや、むしろ限られた可能性があって、
それを発見し、徹底的に研究していけばまちがいあるまい。

彼らはなぜ失敗したか──
私はそのへんをよく考えた。

そして、単なる押しの一手ではいけない、
そこにあるツボというか、
コツというか、どうでもこれでなければという方法をさがし、
そのうえで押しをきかそうという結論を得た。


そこで、わざと東京をいちばんアトまわしにし、
近県の神奈川、埼玉、栃木などから一つずつおとしいれる

“遠まわし法”または“周辺先取攻略法”といった方法でいくことにした。

しかも、それにはそれのコツがあるはずだから、
私の計画の第一歩は、その小さいコツを一つ一つ、
小当たりに当たっていかせることだった。

静岡まで伸びた販路を一気に東京まで広げず、
北陸から東北、仙台へと迂回させ、
東京を包囲しながら近寄っていった。

これは大阪での発売当時、
まず三越から攻撃をはじめたのと、
まったく対照的である。


【引用ここまで】
──────────────────────────


いろいろの苦労の末、
東京進出に成功したのは、

広告宣伝から販売まで独特のアイデアでつぎつぎと手を打ち、
グリコの特色をじゅうぶんに生かしきることができたから、

と江崎は回想しています。


東京進出を機会に、
オマケサービスに徹底的改良を加えて特色を強化し、

さらにこのアイデアを、
クーポン券の収集による商品提供にまで発展しました。

教育当局の協賛を得て、
市内小学校を教育映画で片っぱしから回り、

また数年間にわたって市内各所の公園で映画大会を開いたのは、
地盤確立に大きな力となります。

さらに、日本で最初の自動販売機百台を主要デパートに設置、
昭和6年浅草に動くネオンを建設したりします。




しかしグリコに災難がふりかかります。

グリコを大々的に売り出しはじめたころ、
警視庁から「オマケが風紀を乱している」というおしかりが。

オマケの中の、小さなエビス、ダイコクがいけないと。

福の神として縁起を祝う金像なのに、
それのどこがいけないのだろうか──

よく聞いてみると、
その形が悪いというのでした。

上京中だった江崎は、
警視庁に出向いて、
お手柔らかにとお願いするほかありません。

しかし警視庁もなかなか強硬で、
大阪工場の在庫品を押え、
東京全市から即刻引き揚げろとの厳命。

やむなく数人の婦人を臨時に使って
つぎつぎに小売店を回らせ、

エビス、ダイコクをさぐり当てては
他のものととりかえさせることにします。

商売そっちのけの大騒ぎになってしまったのでした。

ところが逆にこんな動きが刺激になったのか、
グリコの売れ行きが目立ってよくなり、
どこへ行っても売り切れています。


「問題が起きたら、誠心誠意取り組むことだ。
 問題の解決から一歩を進め、次の積極的な活動にはいることを忘れてはならない。」


とうとう昭和4年の末ごろには、
生産能力の二倍、三倍にも達する注文がくるようになり、
どうしても第三次の拡張が必要になってきました。


「商売はよく拡張で失敗する。
 形のうえでの大きくなったことに気をゆるして、
 万事にぬかりがちになるからだが、

 同時に、失敗と気づいたとき、
 せいいっぱいの資金を使ってしまって、
 手元に必要な予備資金を持たないことが多い。
 資金計画はつとめて綿密にした。」


江崎は拡張資金の蓄積に力を入れ、
工場はできたが半分は休んでいるといったことのないよう、
思い切った宣伝先行の手を打って、
需要の増大を図ります。


また、地価と工場建設費のほか、
工場の広告的利用度について細かい検討を加えました。


建物、設備ともに面目一新の新工場が昭和6年12月に完成。
このときすでに(昭和4年)合名会社から株式会社江崎に改組し、
資本金も百万円に増資していました。

6万円の資本で酒屋の土間から出発して、
わずか十年足らずのうちに百万円の株式会社組織に発展したのでした。


御幣島の新工場が完成、
はじめて稼働した日は、
たまたま江崎の48歳の誕生日でした。

すべてはこれからと江崎は考えます。

そして新店舗ができたり、新工場ができると、
どうしても気のゆるみが出ます。

従業員にもその危険はじゅうぶんにあります。

“敵国外患なきは滅ぶ”という言葉もありますし、
ここで過去の苦難を忘れてはそれこそあぶないと。


そこで江崎は、
創業時代の強い勇気と創造の熱意を失わないためには、

文字をつらねた訓示でもいけない。
ことばをきわめた激励でも不十分。

どうしても「第二の創業」を体験するのが再有効と考え、
江崎はグリコにつぐビスコの発売を思いついたのでした。


第二の創業として、
日本で初めての酵母活用のビスケットを創製し、

製造、販売、広告などすべてに、
かつてなめたつらい体験を繰り返し、
全従業員に力をつけようというのでした。


栄養によって国民体位の向上に貢献しようとする目的は、
グリコの場合と同じでした。


このビスコの成功は、江崎のねらった第二創業の使命を、
じゅうぶんに果たしてくれました。


そして江崎はちょうどこのころ、
終生の友として敬愛する松下幸之助と出会うことになります。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2089-e5c8e010
    この記事へのトラックバック



    fx