年末年始、渡辺のオススメ書籍7冊!(平成27年末) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

年末年始、渡辺のオススメ書籍7冊!(平成27年末)

2015年12月26日 18:00

今年もあと少しで終わりですが、
ふだん分刻みのスケジュールの方も、
年末年始を生かして読書をしてみてはいかがでしょうか。


あらゆる人から学ぶ、
そんな気持ちを持っていると、
世の中のいろんな人々が書いた本を読むことこそ、
あらゆる人から学ぶことになるのではないかと感じます。


毎年このメルマガでは、
年末年始皆さんにオススメの本を紹介しています。






【1、マシュー・バロウズ著、藤原朝子訳『シフト─2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来 』】


政治家は目先の選挙に勝つことがまず大事なわけですが、
中長期的視点もまた重要です。

2035年に世のなかがどうなっているから、
宮城県はこれをしなければならない。
仙台市はこれをしなければならない。

中長期的視点にたって先手準備をしていくことが、
政治家にとって重要な活動であると思います。

しかしあまりこれは評価されないので、
適度にしておかないといけないわけですが、

しかし私はこうした予測には
敏感に情報収集していきたいと思っているところです。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


大統領が指針とする米国最高情報機関トップ分析官が
辞任後、初めて明かす「2035年」の驚愕の未来!

CIA、国防総省、国土安全保障省……
米国16の情報機関を統括し、未来予測・分析を行う国家情報会議(NIC)。

政治・経済・軍事・テクノロジー、
あらゆる領域からNICトップ分析官が在任中には明かせなかった不都合な「シフト」を分析する。

今後20年間で世界を飲みこむことになる4つの“メガトレンド"とは?

Google公益企業化?/「中間層」の世紀/バイオテクノロジー革命/ブロック経済圏の復活/核戦争の危機/中国民主化/人工知能/日本復活の可能性/ドローン/人口爆発/3Dプリンター/イスラム原理主義……

多層的かつ多面的な視点から明らかになる“大変動"の正体。

【本書より】
◎Googleを公益企業化せよ
◎中国は先進国になる前に「老いる」
◎ブロック経済圏は復活する
◎生物兵器テロの衝撃
◎核戦争はサウジアラビアとイスラエルの共闘が原因になる
◎アメリカは日本を中国から守らない
◎再生可能エネルギーは普及しない
◎人口爆発が世界的な食糧不足を招く
◎ドルが基軸通貨でなくなる未来
◎ドイツはイギリスより先に衰退する
◎「格差」こそが国家経済の命運を握る
◎シリア内戦に終わりはない
◎中国が「民主主義国家」になる日
◎自動運転車が導入されるXデイはいつか?
◎第三次世界大戦をもたらす、いくつかの不安要因
◎「撤退するアメリカ」を米国人は望んでいる


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





【2、桂木麻也著『ASEAN企業地図』】


来年は、中小企業が海外に進出していく
大きな山場になるのではないかと思っています。

政策支援も充実してきており、
宮城県も海外ビジネス進出に積極的に取り組んでいます。

つくる仙台創業スクール受講生も、
海外ビジネスにチャレンジしようという方がいますし、
これからが非常に楽しみです。

本書は東南アジア進出にあたり最低限知っておくべき
ビジネスのつながりを見ることができます。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


有力60企業グループを厳選!
ASEANビジネスと投資の羅針盤!

<本書の特徴>
ASEAN諸国には世界経済に多大な影響力を及ぼし、数々の上場企業を傘下に収める企業グループが多数存在します。

本書は、その中でも、ASEANでビジネスを展開するなら最低限知っておきたい企業グループや、日系企業との提携に意欲的な企業グループを厳選しました。事業提携や現地進出を考える大企業~中小企業の戦略立案に欠かせない内容となっています。

また、企業グループの全体像が一目でわかる「鳥瞰図」も充実しています。グループを率いるファミリーの概要や、資本関係、上場している企業の財務データ、注目すべき企業の動向もピックアップしていますので、投資家にも役立ちます。

特別対談では、日系企業がASEANに進出する際に陥りがちな罠や、情報収集で気を付けること、グループを率いるタイクーンと交渉を進めるコツなども紹介します。

※本書で紹介している上場企業の財務データは 、主に株式会社ユーザベースが提供するアジア最大級の企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」に基づいています。

<目次>
巻頭特集:6億人超の巨大市場を攻略せよ
第1章:インドネシア
第2章:タイ
第3章:フィリピン
第4章:マレーシア
第5章:シンガポール
第6章:香港(番外)
第7章:要注目の業界マップ(コンビニ、飲料、自動車、銀行、エアライン、通信、カジノ)
特別対談:ASEAN進出に必須の「情報力」と「交渉力」


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





【3、ステファン・アインホルン著、池上明子訳『「やさしさ」という技術──賢い利己主義者になるための7講 』】


著者によると、

「やさしい人」とは、
倫理にしたがって生きている人のこと。

そして「倫理」とは、
私たちが仲間であり続けるための技術。


やさしさという抽象的な言葉ですが、
誰もが必要と感じながらやさしくなれなかったりするわけで、
「やさしさ学」はとても必要なのではないかと感じます。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


人口900万人のスウェーデンで驚異の30万部突破!
これが、北欧で社会現象となった世界初の「やさしさ学」講義。

なぜ、見返りを求めない行為があなたの得になるのか?
なぜ、「高い収入」や「名声」を求める人ほど幸福度がダウンするのか?
なぜ、多くの動物が「思いやり」や「やさしさ」を持っているのか?
ノーベル賞の選考委員会を擁する世界トップ医大・カロリンスカ医科大学で
「学生が選ぶ最優秀教授」にかがやいた名医が、わかりやすく、感動的に語る!
「死ぬ前に後悔しない人生」を確実に手に入れるための名講義、待望の日本上陸。

◎やさしさは誰でも身につけることができる「技術」である
◎「高収入」「名声」を求める人ほど幸福度が低い
◎銀メダル選手より銅メダル選手のほうが満足度が高い
◎他人に目をかけられることは心身の健康に不可欠
◎他人を褒める人ほど出世する
◎衝突は百害あって一利なし
◎やさしさは個人にとっても社会にとっても大きな「得」をもたらす


「おはずかしい話ですが、私は生涯、
人類の行く末について考えてきたというのに、
結局は“もう少し人にやさしくしなさい"という言葉よりも
ましな助言を人に与えられないことがわかったのです」
──オルダス・ハクスリー(イギリスの哲学者・小説家)


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





【4、P.F.ドラッカー著、上田惇生訳『イノベーションと企業家精神【エッセンシャル版】』】


古典的存在であるドラッカーの
『イノベーションと企業家精神』。

読みやすく新たに出版されましたので、
経営とは何か、
中小企業政策に必要なものは何か、

これを考える大きなヒントとなりそうです。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


変化の時代の必読書!
イノベーションに天才はいらない。
誰もが学び、実行できるように体系化した、
世界中で読み継がれる名著をさらに読みやすくした普及版。

世界的名著であるドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を、
幅広い読者に読んでもらうために、エッセンスのみ抽出し、
読みやすい体裁に変えました。
ドラッカーの「日本での分身」と言われる上田惇生氏の編訳。

ますます競争社会が深刻になる今日において、
企業のみならず私たち個人も新たなイノベーションを生みだす必要性に迫られています。
本書はそんな激動の時代を生き抜くために、企業家精神のマネジメント法と、
これまで経営学がケーススタディとしてしか扱えなかったイノベーションの仕組みを、
誰もが学び、身につけることができる世界最初の方法論としてまとめた実践書です。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【5、木村亮示、木山聡『BCGの特訓 ─成長し続ける人材を生む徒弟制 』】


ボストンコンサルティングの若手育成ノウハウ。
若手社員教育のヒントがあるように思います。

おもしろいのは、
育成する側とされる側の間で、
特訓の前に宣言し同意を得るということ。

今どきの若手には、
これをやらないベテランが多いかもしれませんね。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


大好評! 早くも3刷!!

世界有数の戦略コンサルファーム、ボストン・コンサルティング・グループ。
その現役コンサルタントが、秘伝の育成ノウハウを初公開!
誰も教えてくれなかった、「本物のプロフェッショナル」への扉がいま、開かれる!


いくら世界のエリート本をたくさん読んで、スキルをみがいても、
それだけでは決して一流の域に達することはできない。

伸び悩みを突破し、「成長し続ける」人材になるために必要なことは何か。
本書では、多様な人材を超高速で戦力にまで磨き上げる「BCGの特訓法」を紹介する。
現役のコンサルタントが、自社のやり方を明かすのはきわめて異例のこと。
育てる側も、育てられる側も必見の1冊だ。

・跋扈する「スキルマニア」、蔓延する「チェックボックスメンタリティー」
・優秀だけど成果が出ない人。便利に使われ続ける人
・成長は手段に過ぎない
・今優秀な人より、これから伸びる人になれ
・会社は学びの場ではあるが、学校や研修機関ではない
・あなたは「あこがれのあの人」には決してなれない
・あなたのその強みは、プロとして通用するレベルなのか?
・頭を使わず、ただこなすだけの作業など存在しない
・一流は、すべての行動に理由がある
・「これから3週間、あなたを鍛えます! 」
・「最近どう?」から特訓は始まる
・「その目標は、ただのスローガンだね」
・なぜそうしたのか、なぜそう「しなかったのか」を厳しく問う
・「部下が育っていない」というマネジャーは、マネジャー失格
・チームとして成果を出すことと、育成をトレードオフと考えてはいけない
ほか


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【6、小山昇『99%の社長が知らない銀行とお金の話 』】

経営者になってみて初めて、
借金の重要性がわかるようになりましたし、
借り入れられる幸せも感じられるようになりました。

しかしほとんどの経営者はお金について知らないことだらけで、
切羽詰まって経験で初めて知ることがたくさんあります。

あのとき知っていれば。。。

そんなことはたくさんあるわけで、
起業家のみなさんにはそういうことも伝えていかなければいけないと思うところです。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


著者が、これまで600社以上の企業を指導してきたなかで、
ほぼすべての社長に共通していることがあります。
それは──

「お金の見方が間違っている」
「お金のことを教えてくれる先生がいない」

です。

「赤字の会社には、銀行はお金を貸してくれない」
「借金はしないで、無借金経営をすべきだ」
「融資を受けるときは、担保や保証をとられるのが当たり前」
「借り入れた一部を定期預金にしないと借りられない」
「一度抵当権がつけられたら、外すことはできない」
「金利が高いと損をするので、できるだけ安く借りたほうがいい」

こうした考えは、すべて間違いなのだそうです。

お金は、命の次に大切なものなのに、
多くの社長は、あまりにも無知で無策だと、著者は喝破します。

「地方銀行研修所」で、支店長になる銀行員を相手に講師を務めるなど、
銀行マンからも一目置かれる著者が、
多くの経営者が知らないけれど、絶対に知っておくべき、銀行とお金の話をまとめました。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





【7、大竹啓裕『ストックビジネスの教科書』】


ストック型ビジネスモデルを構築することは、
起業家にとって必須です。

起業を目指す方々にも、
そのお話は折に触れてしていますが、

経営をいかに安定させるか、
自分のやりたいことも大事ですが、
ストック型ビジネスモデルの構築が事業継続には必要ですね。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


ビジネスで成功したいと考えている起業家やフリーランスの方、あるいは副業などでうまくいかない人の多くが「日銭」を稼いでいる状態になっています。
しかしそれでは、食べていくために休みなく自分を酷使して働かざるをえなくなり、
いつしか働く喜びを忘れて、自分で自分を酷使する「自家ブラック化」の道を歩んでいると、著者の大竹氏は警鐘を鳴らします。

本書の著者、大竹氏が提唱する「ストックビジネス」とは、「毎月安定した収益を得るビジネスモデル」です。
大竹氏は、セコムでストックビジネスの基礎を学び、その後、某ラーメンチェーンでそれを実践して店舗を250店まで拡大、
独立後は自身が社長をつとめる「アットビジネスセンター」など、ストックビジネスを実践することで成功をおさめ、
現在もアントレプレナーとして新事業の開発やビジネスモデルの支援を行っています。

本書はストックビジネスのプロである大竹氏が、ストックビジネスの作り方と継続方法を解説します。
「定期収入が得られるビジネス」という夢のようなビジネスに憧れるすべての人を救う一冊です。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





これらすべてを年末年始で読めるといいのですが、
結局仕事が終わらず、いつものように積ん読になる可能性大ですが、

メルマガ読者の皆さんのなかでこれを読んだとか、
この本いいですよというオススメがあれば、
メールをください!

よろしくおねがいいたします!
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2049-7b16945c
    この記事へのトラックバック



    fx