そうだ!死んだ気になってもう一度がんばってみよう。─江崎利一(江崎グリコ社長)その8─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

そうだ!死んだ気になってもう一度がんばってみよう。─江崎利一(江崎グリコ社長)その8─昭和時代の私の履歴書

2015年12月22日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉



手持ちの資金がどんどん減り、
江崎のグリコ事業は行き詰まりました。

後の歴史を知る私たちからすれば、
このときが大底なのですが、

悪戦苦闘する起業家にはその瞬間は、
撤退すべき潮時なのだろうかどうなのか、
悩ましい瞬間になります。

人生最大の岐路。



最低の耐乏生活を続けても、
いよいよどうにもならないところまで来ます。


ある晩、若い販売員四人が、
「話があります」と江崎のところへやってきました。


「きょうまで熱心にやってきましたが、
 グリコはどうしても見込みがありません。

 行く先々で、栄養剤を入れたからといって
 高く売れるものでもないし、
 いいかげんやめたらどうだと冷やかされます。

 どうかバラ売りにして下さい」


全く四面楚歌とはこのことでしたが、
江崎は頭から彼らをしかりつけます。


「君たちが腰が抜けたというのなら、やめてもいい。
 私は一人になってもやり通す。
 城を枕に討ち死にする覚悟の者だけついてこい」


江崎は栄養菓子グリコを売りたかった。
牡蠣からとれたグリコーゲン、
むすこの病気を救った牡蠣エキス

─これを国民の健康に役立てようというのが江崎の念願でした。

だから、自分一人になってもやる、
という心にうそいつわりはありませんでした。



───────────────────────────
【引用ここから】


その夜、いつものように工場の仕込みをすませ、
あすの宣伝販売の段取りを終えると私は戸外に出た。

家の前のたかきや橋に立って沈思黙考するのが
そのころの私の習慣だった。

その夜は、
人の苦悩も知らぬげにきれいな月が輝いていた。

橋の上から川面にうつる月影を見ていると、
さすがの私もふと

「いっそ、このまま川の中へ飛び込んでしまったら……」

という気持ちに誘われ、
思わずハッとわれにかえった。


「そうだ!
 死んだ気になってもう一度がんばってみよう。
 まだまだ努力が足りないのではないか……」。


そう思い返してみると、
これまでの二年間に、
グリコを認めてもらった例が二つだけあった。


それは私が回った菓子店で聞いたものだが、
一つは、病気の子供に与える菓子を医者に相談したら、

グリコがよいとすすめられ、
それ以来大のグリコ党になったという話である。

もう一つは、やはり虚弱児にはグリコがよいと薬屋で聞いて
買いにくるという母親の話である。

これこそ、グリコが新しい栄養菓子として
発展していく証拠ではあるまいか。

わずか二つの例だが、
これが四つになり、八つにならぬはずはあるまい。


自分はこのためにあらゆる手段を尽くしたといえようか。
まだまだ生きぬく道はどこかにあるはずだ。

力の続くかぎり資金の続くかぎり戦ってみよう。
夜はいつしか深更を過ぎていたが、
私のハラはしっかりきまった。


【引用ここまで】
───────────────────────────



ここから販売員たちも決意を新たに奮起し、
やがて売れ行きが上り調子になってきます。

売れ出すとみんなの意気もさらに上がり
雪だるま式に事業は伸びていったのでした。



大正13年秋、
収支が初めて黒字になります。

三越に石油箱
二箱のグリコを持ち込んでから
実に二年八ヵ月目のことでした。


大正14年、
敷地250坪を借りて移転、
従業員150人、工場の煙突にグリコの大看板を取り付けます。

この年マニラで極東オリンピックが開かれ、
グリコのランニングマークも人気上々となったのでした。

消費者宣伝として各地の公会堂を利用し、
巡回映画会を開催、
問屋からはふだんの二倍、三倍の注文が殺到します。

日産六万の能力を九万サックつくってもなお足りない状態でした。




江崎のどん底からの大逆転は、
まさに起業家人生だなあと感じます。

私も起業支援をするときのアドバイスとして、
まずは無料で商品やサービスを販売し、
実績をつくる。

そしてその実績を数件であっても丁寧に分析していくということを
おすすめしています。

商品開発の技術向上という点だけではなく、
起業家としてのモチベーションをあげるためにも、

「自らの強みに焦点を当てる」

必要があるわけです。


江崎はどん底のときに、
グリコの強みに焦点を当て、
その可能性を信じていったのですね。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2045-bdb24fcb
    この記事へのトラックバック



    fx