つくる仙台創業スクール受講生代表のビジネスプラン2点を紹介します! - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

つくる仙台創業スクール受講生代表のビジネスプラン2点を紹介します!

2015年12月17日 18:00

「起業集団つくる仙台創業スクール」は、
今年の9月から12月にかけて
全12日間の濃いスケジュールを終えました。

この創業スクールでは起業に必要な知識を得るというだけではなく、
ビジネスプランを実際に作成してもらうということが目的の一つになっています。


最終的に様々な知識や
起業に必要なことを学んだとしても、
ビジネスプランがしっかりできていなければいけませんし、
なによりも行動が必要です。


全国の創業スクール受講者が、
ビジネスプランをつくり、

その優秀なプランを全国で競うということになっています。

⇒ 第2回全国創業スクール選手権



「起業集団つくる仙台創業スクール」を代表するビジネスプランをご紹介したいと思います。



【ベーシックコース代表ビジネスプラン】


中正宏さん

「海外販路拡大支援・輸出商材を通して各国への宮城県へのツアーアピール・宮城の観光事業発展サポート」


第一フェーズ:宮城県産商材の輸出
サービス内容:一次産業、二次産業品の海外輸出お手伝い(アウトバウンド)

第二フェーズ:輸出商材を通して各国への宮城県へのツアーアピール
サービス内容:商品販売先の方々に宮城県へ来ていただく

第三フェーズ:宮城の観光事業発展サポート
サービス内容:ツーリズム
ホテル、旅館等の宿泊施設と提携し、海外向けのホームページを作成して以下のサービスを行う
(含むホームページ制作代行):
1)宿泊施設の紹介
2)予約受付サービス
3)宿泊施設に代わって質疑応答を行い訪問客に安心して来ていただけるようにする
4)東北の観光地、イベント、自然、スキー、山登り、トレッキングの紹介

創業の動機:

東北の経済振興については震災復興と合わせて各種の施作が行われてきたが、
具体的にその成果を見るには至っていない。

人口の減少が経済の衰退を招くという憂慮されている中、
現在最も求められているのは東北の一次産業産品の海外への販売(トレーディング)及び、
海外からのより多くの観光客を招き入れる観光(ツーリズム)事業の充実である。

この2つの事業はいまだ東北に定着せず、
荒野の中に放置されたままであると言っても過言ではない。

かつてなかったジャパネスク、日本食のユネスコ登録、円安、
2020年の東京オリンピック開催はプラスの材料として捉えられるが、
一方人口の減少、労働力の衰退、税収の減少等は大きな解決不能な問題として黒い影を落としている。

このため自身が培った経験と言語の能力(英語とベトナム語)を最大限に活用し、
問題解決に少しでも寄与し、
東北の産業振興の一翼をになうべくこれら2事業を通じて貢献できれば幸いである。



【女性起業家コース代表ビジネスプラン】

山本志乃さん

「真に健康な体を作るパーソナルトレーニング」


週に1回1時間、マンツーマンで運動指導を行うパーソナルトレーニングスタジオの運営。

顧客一人一人の筋力と状況に合わせた指導で、楽しみながら健康づくりができます。

短期的なダイエットの目的ではなく、
長期的に通っていただくことで健康を維持し、
年齢を重ねるごとにより健康に、快適な体になっていきます。

「筋肉を柔らげて理想の身体に作り変える、若返るオーダーメイドエクササイズ」を提唱します。

このエクササイズによって体力や健康に自信を持つことで活動的に行動する人が増え、
経済の活性化にも繋がります。

具体的には、私が師事を受けている原田あつ子氏の提唱するエクササイズを中心に行っていきます。

以下の1~4の流れを毎回少しずつレベルアップして行います。
レベルアップしていくことで自信とやりがいを得て、継続して通うモチベーションが上がります。

1、関節を緩めて動きやすくする
2、ストレッチポールという90cmほどの長さのポールを使って固くなった筋肉をほぐす
3、身体の一部分を鍛えるのではなく、全身の繋がりを意識したエクササイズ
(例・脚を使う動きで、脚の動きに使われる腹直筋下腹部を鍛える)
4、骨盤を正しい位置に戻し、全身のバランスを整える


創業の動機:

個人個人と向き合いながら体操を指導している中で、
体を動かすと心も元気になる人がとても多いことを実感しました。

運動が苦手な人であっても個人指導なら続けられることが多く、
自信に繋がるようでした。

そういう体も心も元気な人を増やすために、
一対一で指導するパーソナルトレーニング事業の創業にいたりました。

また、勤務する中で他人から見たら痩せている人なのに、
自分が太っていると思い込んで極端な食事制限とストイックな筋力トレーニングを行っている顧客もいて、
日本のダイエットと運動のあり方にも疑問を感じました。

運動とは本来、自分の身体を感じて愛おしむためのものであり、
健康になるためのものです(特定のスポーツの技術向上の目的を除く)。

極端な食事制限はそれをやめた時に、
リバウンドと、以前よりも身体の状態が悪くなるという現実が待っています。

また、身体の一部分に負荷をかけるような筋力トレーニングは故障に繋がるだけではなく、
むしろ体型の崩れや血流の悪化、
冷えなどに繋がることを知らない人は案外多いのではないでしょうか。

そのようなことをきちんと顧客に伝えているジムがあまりにも少ないことに憤りを覚え、
自ら伝えることを決断いたしました。

正しい知識を必要な人に、必要なだけお伝えすることは、
一対一というパーソナルトレーニングだからこそできることと確信しております。

───────────────────────────────

お二人とも、
つくる仙台創業スクールの代表にふさわしい、

意欲的な、
また時宜を得たビジネスプランであると思います。

このほかにも、
今回創業スクール受講生のビジネスプランには、
優れたプランがたくさんありましたし、

ビジネスプラン作成にはいたらなかったものの、
時間をかけて起業にチャレンジしたいと
決意を固めた方もいらっしゃいました。


いずれにしても、
事業をつくることは並大抵のことではありませんが、

何かをつくろうと努力することがまずは第一歩。


ここから、
さらに多くの起業家を生み出せるきっかけを
つくっていきたいと思っているところです。

つくる起業倶楽部は今後も継続していきますので、
起業に関心ある方はぜひお問い合わせいただければと思います。



起業集団株式会社つくる仙台

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2041-bdd38b7e
    この記事へのトラックバック



    fx