グリコのゴールイン姿はどのようにして生まれたか?─江崎利一(江崎グリコ社長)その6─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

グリコのゴールイン姿はどのようにして生まれたか?─江崎利一(江崎グリコ社長)その6─昭和時代の私の履歴書

2015年12月08日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉



大正10年4月、

41歳の江崎は一家をあげて大阪に移住します。

厄年を来年に控えていましたが、
グリコーゲンの事業化という、
乾坤一擲の大仕事をやってのけようという、
青年のような情熱に燃えていました。


「グリコ」という名称の決定にも、
一波乱がありました。

グリコーゲンを含むことから

「グリコ」

にしようと考えましたが、

江崎の友人や周囲の人たちは、
こぞって反対します。

「グリコ・キャラメル」

がいいというのでした。

この二つの名称案について、
いろいろな人に意見を求めます。

十人中八人までは、
グリコ・キャラメルの賛成者でした。


しかし、
江崎はグリコを選んだのでした。


──────────────────────────
【引用ここから】

なるほどグリコ・キャラメルなら、
既存のキャラメル類におんぶされて、
らくに伸びられるかもしれないが、

それでは新しい栄養菓子を売り出す意義がない。

それに既存商品を追いこすことは
絶対できないだろう。

キャラメルではない新しい菓子が、
グリコなのである。

売り出す苦労は、
覚悟のうえのこと、

簡単、剴切で語呂がよく、
広告の原則にもかない、
効果のうえでも有利と判断したからである。


【引用ここまで】
──────────────────────────


ハート形の型抜き、
黒っぽい色、
目を引きやすい赤色の包装など、

江崎は今までにない挑戦をし、苦労を重ねます。


こうして、資本金六万円の栄養菓子会社はスタートしました。

当時森永1500万円、
明治750万円の資本金でした。

菓子のうえでは何一つ経験もなく、
新しい事業に乗り出したのです。

業界は倒産が続出、
メーカーの淘汰が頂点に達したときでした。

悪いときに船出しましたが、
不況の後は好況と、
江崎は歯を食いしばってがんばります。


そして商標とスローガンの決定が残っていました。

江崎は佐賀にいるころ、
自宅から一町ほどはなれた八坂神社に出かけては、
いつも考えにふけっていたのでした。

森の緑に頭を休めながら、
いろいろとマークやスローガンを考えます。

ある日、見るともなしに見ていると
お宮の馬場で、
子供たちが走りっこをしていました。

先頭になった子が、
勢いよく両手をあげてゴールインします。

その姿を見て、江崎は考えます。


「人間はだれでも、健康でありたいと望んでいる。
 健康のためには、からだをきたえなければならない。
 そうだ!
 スポーツこそ、健康への道だ。
 そして、子供の遊戯本能もまた、
 スポーツの中にハッキリ現れているではないか。
 ゴールインの姿は、それらの象徴というべきではないか。
 グリコのマークとして、これほどピッタリのものはない。」


江崎はさっそく、
ゴールイン姿のマークをこしらえます。

それまでに、
象、ペンギン、ハト、花などのマークができていました。

そのなかに新しくゴールイン姿を加え

「どれがいちばん好きか」

を、近くの小学校でテストしました。

さらに一週間後、
「どれを一番覚えているか」
を調べました。

佐賀だけでなく大阪の小学校でも同じ調査をします。
結果は圧倒的にゴールインの支持が多かったのでした。


こうして、
両手をあげてゴールにとびこむランニング姿が、
グリコのマークと決まったのでした。


しかし、これほど考えたマークにも、
思いがけないところに改良の余地が残されていました。

ある日、江崎はデパートで大学生たちが
キャラメルを買おうとしている場面にぶつかります。

彼女たちは江崎の期待に反して
グリコの隣に並んだキャラメルを取り上げます。

ガッカリした江崎は、思わず

「なぜグリコを買わんですか」

とたずねてしまいます。

すると彼女たちは

「だって、この顔ユウレイみたいで、こわいんですもの」

と口をそろえて答えたのでした。


江崎はガッカリして、
家に帰るなり、考え込みます。

マークの顔はいかにも写実的で、
ゴールイン瞬間の緊張を表していました。

江崎はさっそく十四、五名の画家にたのんで作り直します。
しかしこれにも満足できず、

最後は極東オリンピックのカタロン選手(フィリピン)の
ニッコリ笑っているゴールイン姿に理想像を見出して、
この問題を打開したのでした。


スローガンにも頭を悩ませます。

簡単で力強く、
覚えやすく興味の持てるもの、

そのころ佐賀に「博多まで」というアメ玉がありました。

一粒ほおばると、
博多につくまで溶けきらないという意味で、
大きな粒のものでした。

これにヒントを得て、

「一粒××メートル」の着想にたどりついたのでした。

これをどんな数字にするか。
五百メートルでは大げさすぎる、
百メートルでは弱すぎる。

三百メートルではどうか。
語呂もいい、真実性もある。




名称、マーク、スローガン。
いずれにしても、事前に調査をしっかりと行い、
練りに練り上げられたものだったということがわかります。

起業家にとって成功の大きな要素となるものが、
事前準備であるということを、
つくる仙台の創業スクールでもお伝えしていますが、

まさにこの江崎はグリコ製品のあらゆる点において、
事前の準備を怠りなくやっていたということがわかります。

またその準備を、
潜在顧客に聞くことによって、
微調整、修正もいとわずやっていた。

起業の基礎を学ぶことができるエピソードだなあと感じます。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。






関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2031-de6cf2e0
    この記事へのトラックバック



    fx