治療より予防、人生即事業。グリコの菓子で乾坤一擲の大勝負─江崎利一(江崎グリコ社長)その5─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

治療より予防、人生即事業。グリコの菓子で乾坤一擲の大勝負─江崎利一(江崎グリコ社長)その5─昭和時代の私の履歴書

2015年12月01日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉


江崎はブドウ酒商売で資産家となり、
世界恐慌も乗り越えていきます。


大正8年春、有明海に近い筑後川堤防沿いの川原で、
後半生を左右するほどの大きなできごとに、
江崎はぶつかります。

有明海は北の松島湾、
瀬戸内の広島湾とともに
日本における牡蠣の三大産地として知られていますが、

ここの牡蠣は、
そのほとんどが干し身にされて
中国へ輸出されていました。


川原で牡蠣の干し身をつくる小屋が並び、
江崎はその一つをのぞいてみます。

漁師が汗だくになって
大ガマをたきつけ、
牡蠣の身を煮込んでいる最中でした。

その煮汁がときどき、
グラグラとわき上がってきては
ザーッと吹きこぼれます。


このとき、江崎の頭に、
ふと天啓のようにひらめいたものがありました。

何かの薬業雑誌にあった

「牡蠣には多量のグリコーゲンが含まれている」

という記事を思い出したのです。


江崎はさっそく廃物になる牡蠣の煮汁をもらい受けました。

グリコーゲンはいわば、
エネルギーのもとのようなもの。

われわれが水だけで二十日以上も生き続けたり、
激しい運動に耐えられるのも、
一つはグリコーゲンのため。

江崎がグリコ発売にあたって

「元気の素グリコーゲン」

とうたい、
その栄養学的価値をくわしく説明したのも、
こうしたことが基礎になっていたのでした。


江崎は二本の一升瓶にもらい受けた廃液をその夜、
ぐつぐつと煮詰めました。

これこそグリコーゲンの素になるにちがいないと勇み立ちながら、
遅くまでかかって煮詰めたエキスを、
九州大学医学部に送って早船先生に分析を頼み指導を仰ぎます。

折り返し分析結果が送られてきます。


グリコーゲンの含有量が、
36-43%もあるといううれしい結果でした。

しかもグリコーゲンのほかに、
ヘモグロビンの成分となる鉄分まで含まれているという事実が
分析表に記入されていました。


これ以後、「グリコーゲンの事業化」
ということが、頭にこびりつくようになります。

たまたまそのころ、
十歳になったばかりの長男誠一がチフスにかかり、
医師もサジを投げるほどの衰弱でした。


──────────────────────────
【引用ここから】

このとき、私は医師の許可をえて
子供の生命をかけた牡蠣エキスの試飲を誠一に行なったのである。

この試飲を境に、
誠一の病状はメキメキと快方に向かい、
食欲も出、体力も回復してきた。

このことがあってから、
グリコーゲンの事業化は、
しだいに私の頭の全領域を占めるようになってきた。

毎日魚釣りをしながらも、
私の頭はグリコーゲンの事業化の方法ばかりを追いまわした。

そして、とうとう次のような結論に達した。

グリコーゲンを治療に使うより、
むしろ病気を防ぐための体力づくりに使う方がいいのではないか。


【引用ここまで】
──────────────────────────


治療より予防。
しかし、よく考えてみると、
健康な人間が病気予防の栄養剤など買うだろうか。
買わないとすれば、どうすればいいか。

そうだ、
嗜好品として売るのだ。


江崎は、菓子の中にグリコーゲンを入れるのだ、
という考えがついに固まったのでした。

そこへいくまで、
江崎はいろいろな食品、
つくだ煮、びん詰め、ふりかけゴマなどに
グリコーゲンを入れて研究してみました。


そして結局、
アメ菓子に混入することになったのでした。

はじめのうちはとても食べられるようなものではありませんでしたが、
だんだん改良され、
どうやらアメらしいものができるようになります。


大正7年に母が亡くなっていましたが、
三回忌をすませた大正10年4月、

41歳の江崎は一家をあげて大阪に移住します。

厄年を来年に控えていましたが、
乾坤一擲の大仕事をやってのけようという、
青年のような情熱に燃えていました。


人生即事業。
これが江崎の信念でした。


再婚早々の妻エキと、
11歳の長男誠一、八歳の泰子、
四歳の元司と五人家族。

アメ作りに失敗すれば、
京都で寺参りの客を相手に「極楽豆」を売ろうと覚悟。

グリコーゲンの事業化は、
江崎にとっては背水の陣でしたが、
失敗したときの手だても計算に入れていたのでした。



江崎のグリコ開発秘話ですが、
起業家精神の典型例のように感じます。

新製品をいくつもつくりながら失敗に失敗を重ね、
改良品を作り上げていく。

起業家は、
頭の中だけで満足することは決してありません。

失敗に失敗を重ねながら、
行動、実践を繰り返していく。



起業家を目指す皆さんのための、
大きなヒントが江崎の履歴書にはあるように感じます。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2024-d36c8908
    この記事へのトラックバック



    fx