徴兵、結婚、そして商売を極める─江崎利一(江崎グリコ社長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

徴兵、結婚、そして商売を極める─江崎利一(江崎グリコ社長)その3─昭和時代の私の履歴書

2015年11月17日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉


江崎は本業の薬屋のほかに、
朝の塩売り、夕方から夜にかけての登記代書、

これらの商売修業は徴兵検査を過ぎ、
23歳の応召まで続けられました。

五尺一寸そこそこの小柄な江崎でしたが、
結果は甲の二番で合格。

明治37年、
日露戦争が勃発、ついに江崎も看護卒として
小倉師団に召集されます。

これにより商売は一切中断。
この日があると期して続けてきた貯金が、
この時大変役に立ちます。

留守家族に対する心配は全くなく、
大いに御奉公に専念することができたのでした。


日露の戦いは激烈を極め、
野戦病院で看護中、

江崎もついに手に負傷を受け、
内地送還となります。


除隊になったのが明治38年7月。
このとき、白色桐葉章と150円の慰労金をもらい、
江崎は自転車を買うことにしたのでした。


そのころ、自転車は村で一台しかなく、
江崎は佐賀市内で見たピアス号という英国製が気に入ります。

しかし、200円では手が出ず、店の主人に何回かけ合ってもどうしてもまけてくれません。

やっと東京の本店に問い合わせ、
帰還兵ということと、
九州一円を行商で回るので宣伝にもなろうということで、
結局150円で売ってくれました。

江崎の家が70円で建ったころの話ですから、
当時の自転車は大変な財産でした。



江崎は除隊を機にいままでの商売をご破算にして、
舞台の大きな大阪に出て、
店員見習いから出直そうと思い立ちます。

しかしこれには家族はもちろん親類友人らの大反対にあいます。


「お前は長男ではないか。
 老母もあれば弟妹もまだ子供だ。
 今から見習いに出るといっても、
 兵隊上がりでは年も行き過ぎている。
 さっそく嫁でももらって家の商売を続けるがよい」

と異口同音にせめたてられます。


江崎はこれに返す言葉もなく、
明治39年3月、父の親友だった岸川豊次氏の晩酌で、
隣村の諸富に住む中溝イマと結婚しました。

江崎25歳、妻20歳のことでした。

2人は結婚式の当日、
初めて顔を合わせます。

江崎は、家族が多く母や姉とうまくいくことが大事と、
嫁探しを任せていたのでした。

しかし、妻イマはのちに大正8年、
病死してしまうのでした。


結婚後、江崎は本業の薬屋に専念します。
そして中学校の講義録、
さらには商売に欠かせない販売、宣伝広告、薬業などについて独学に励みました。

当時、佐賀市内にあった大坪書店から

「商業界」

を購読していたが、
この本の注文は、江崎のほかもう一人、
玉屋百貨店の前身、丸木屋呉服店の支配人ということでした。


結婚後、家業に専念してから一年余りたった明治40年の春、
かねて商売の勉強にはぜひ一度大阪へ行ってみたい
という念願がようやくかなうときがきます。

旧正月の一か月の農閑期大阪初見物を実行することにしたのでした。


薬の本場である道修町をのぞいてびっくりします。
佐賀でよく取り扱う人参などの薬品がたいへん安い。

江崎はさっそく有り金を全部はたいて
それらの品物を仕入れて郷里の店へ送ります。

自分で売りさばかなくても、
仲間卸をしても相当の利益があり、
けっこうな商売になります。


それからというもの、
毎年の旧正月には必ず大阪に仕入れに出かけ、
そのつど格安の品を仕入れることにします。

旅費を差し引いても50円から200円という利益になりました。
なかなかの大金で、
実は江崎が身を粉にしてかせぎ続けた八カ月間の薬屋の利益に匹敵したのでした。


江崎は大阪行きにより、
アタマとマナコの働かせ方次第で、
商売というものの妙味がいかに無尽であるかをつくづくと感じさせられたのでした。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。







関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/2016-5d5de398
    この記事へのトラックバック



    fx