【再録】マネジメントの危機を超えて【インタビュー】コミュニティシップ:社会を変える第3の力─ヘンリー・ミンツバーグ─DIAMOND Harvard Business Review - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】マネジメントの危機を超えて【インタビュー】コミュニティシップ:社会を変える第3の力─ヘンリー・ミンツバーグ─DIAMOND Harvard Business Review

2015年10月21日 18:00

マギル大学のヘンリー・ミンツバーグ教授が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年7月号』に、


「コミュニティシップ:社会を変える第3の力」

という内容でインタビューを受けていますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。


DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年7月号


───────────────────────────────────────
リーマン・ショックに端を発した世界的経済危機は、
実はマネジメントの危機だとヘンリー・ミンツバーグ教授は説く。

経済合理性を追求するアングロサクソン型資本主義が企業内コミュニティを破壊し、
また、社会のバランスを崩したことが本質的な問題だということだ。

いま企業がすべきはコミュニティの再構築であり、
リーダーシップとシチズンシップの間のほどよいリーダーシップ、
すなわちコミュニティシップを発揮することである。
───────────────────────────────────────



リーマン・ショックは単なる経済による危機ではありません。
経済を壊したのは間違ったマネジメントであり、
いうなればマネジメントの危機。

これまでアメリカ企業では、株主価値や短期利益が過度に重視されてきました。
そこではリーダーシップがカルト宗教のように崇拝されていました。

CEOの法外な報酬、いとも簡単に人員整理を行うなど、
理不尽なマネジメントにより、人々の間に不信と不安が広がり、
企業内のコミュニティは破壊されてしまいました。

この傾向は世界に伝播し、企業に対する信頼が失われています。



「尊敬される企業」とは二つの性質を持っています。


1、アントレプレナーシップ(起業家精神)あふれるリーダーのいる企業

2、強いコミュニティ精神のある企業



アップルのスティーブ・ジョブズやホンダの本田宗一郎。
彼らは大企業をつくり上げた優れた経営者であり、同時に、

プロダクトに直接関わるハンズ・オンの経営者

でした。

現場のすぐ側で

「関与するマネジメント」

を行っていたのです。


そして強いコミュニティ精神のある企業。

従業員たちはともに働き、励まし合いながら成長する、
家族のような温かい雰囲気を持った企業。




コミュニティをベースとした組織に求められるリーダーシップは、
少なくとも旧来のカリスマ型リーダーシップではない。

そこで、ヘンリー・ミンツバーグ教授が考えたコンセプトが、


「コミュニティシップ」



コミュニティにおけるリーダーシップとは、

現場の人々を励まし、巻き込むことで、人々の自発的な行動を促す


「ほどよいリーダーシップ」


であるべき。

個人のリーダーシップと集団のシチズンシップの中間的な概念です。




そしてコミュニティシップにおいては、

「戦略的学習」

が重要。

戦略は計画されるものではなく、習得されるもの。
学習した後で、計画をする。

例えば1960年代、
ホンダがたった数年間で全米の輸入オートバイ市場の約三分の二を制したのは、
計画によるものではありませんでした。

ホンダの成功は現場が試行錯誤を経て学習した結果、もたらされたものでした。

このように戦略が学習されるためには、
そもそもコミュニティが健全に機能していなければなりません。



とはいえ、コミュニティを重視すると意思決定が遅くなる恐れはあります。
しかしスピードは本当に重要なのか?

GEも、より内部成長(オーガニック・グロース)を重視するようになっています。
長期的に考える必要があります。



そしてITの発展によってネットワークは劇的に拡大しました。

しかし、コミュニティとネットワークはちがいます。

コミュニティとは、
単なる人と人とのつながりではなく、相手に対する思いを伴うものです。



現在、ヘンリー・ミンツバーグ教授は、
新しい社会の枠組みについての論文を執筆しているそうです。

「リバランシング・ソサエティ:社会均衡の是正」

という論文で、社会を


パブリック領域

プライベート領域

プルーラル領域


の三つに分けて考えるものです。

パブリック領域を象徴するものは政府や行政。

プライベート領域を象徴するものは企業や市場。

プルーラル領域にはNGOやNPOなどの各種団体、コミュニティ(共同体)などが相当します。


これら三領域はそれぞれ、集団主義、個人主義、共同体主義と置き換えて考えることもできます。

社会においては三領域のバランスが保たれていることが重要なのですが、
いまその均衡は大きく崩れています。

今や世界のどこを見ても、三領域のバランスは危険なほどプライベート領域に偏っていて、
ほとんど制御不能な状態に陥っていると言っても過言ではないとミンツバーグ教授は言っています。


この行き過ぎた不均衡を是正するためには、

コミュニティの力で社会的問題を解決する取り組み、
ソーシャル・イニシアティブの力

に期待したいと。


そして企業が社会的責任を果たす際にも、コミュニティの存在が欠かせません。

コミュニティ精神に満ちた組織に支えられた社員は、
他のコミュニティにもおのずと関心が向くものです。


社会の不均衡をいかに是正していくか。

企業も従業員も社会の一員であり、
その責任を自覚し、行動を起こすことで、企業内にもコミュニティシップが醸成されていきます。

より多くの企業が、社会をよりよい方向に変えていく存在となることがいま求められているわけです。




───────────────────────────────────────

DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年7月号


■ 特集:広告は変われるか

メディアの主導権は消費者へ
広告の新しい現実
田端 信太郎LINE株式会社 執行役員広告事業グループ長

日常を4領域に分け、適切に訴求する
「経験」という新しいメディア
ジェフリー F. レイポート マーケットスペースネクスト マネージング・パートナー

予算を変えずに売上げを10%伸ばす
広告アナリティックス2.0
ウェス・ニコルズ マーケットシェア 創業者兼CEO

アプリで成功する5つの戦略
携帯端末への広告表示は嫌われる
スニル・グプタ ハーバード・ビジネス・スクール 教授

データ・マネジメントが広告の基盤となる
DMP:本格化するデジタル・マーケティング
横山 隆治 デジタルインテリジェンス 代表取締役

巧みなアイデアを持つ6つのキャンペーン
クリエイティブはあなどれない
ジュリア・カービー『ハーバード・ビジネス・レビュー』エディター・アット・ラージ

■ Special Article

マネジメントの危機を超えて
【インタビュー】コミュニティシップ:社会を変える第3の力
ヘンリー・ミンツバーグ マギル大学 教授

■ HBR Article

取引は小規模な交渉の集大成である
交渉は広い視野で進めよ
デイビッド A. ラックス ラックス・セベニウス マネージング・プリンシパル
ジェームズ K. セベニウス ハーバード・ビジネス・スクール 教授

それは企業だけの問題か
地域社会で人を育てる法
トーマス・コーチャン マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント 教授
デイビッド・ファインゴールド ラトガース大学 シニア・バイス・プレジデント
ポール・オスターマン マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント 教授

■ Serial Article

盛田昭夫 グローバル・リーダーはいかにして生まれたか
[第9回]「時代を先取りする?そんな生やさしいものじゃありませんでした!」
森 健二 ジャーナリスト

OPINION
制度が市場を活かす
柳川 範之 東京大学大学院 経済学研究科 教授
BRAIN FOOD
空間知能を鍛えると、ソーシャル・スキルが高まる
エイミー・シェルトン ジョンズ・ポプキンス大学 准教授
BRAIN FOOD
モバイル機器はどのように使われているのか
『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部


DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年7月号








(第1023号 平成25年7月3日(水)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1983-45d38aa3
    この記事へのトラックバック



    fx