【再録】苦労ばかりの人生は楽しい思い出と化す─シャープ創業者早川徳次(最終回)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】苦労ばかりの人生は楽しい思い出と化す─シャープ創業者早川徳次(最終回)─昭和時代の私の履歴書

2015年10月19日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉



早川徳次のお話の続きです。

足かけ十年、九つの時から年季奉公をしていた早川は独立し、
事業をどんどん拡大していきました。

シャープペンシルも発明し、
売上げも激増します。

しかし大正12年9月1日に、
一瞬にして事業を失い、家庭さえも失ってしまったのでした。


人生というのは不条理だということを感じます。


天災というものはあまりにもむごい。




持ち金はどんどん減り、
売掛金回収、返済などあり、

東京で十数年築き上げた早川兄弟商会はついに解散となり、
終止符を打ちました。


シャープペンシルの販売を一任していた日本文具に、
ペンシル事業継続ということで
技術者を雇い入れてもらい、
技術指導責任者として早川は大阪へ行くということになります。


旧従業員たちとともに、
大阪へ行き、一軒借家をして住むことになりました。

日本文具の工場ではみな一生懸命働きます。


早川は技術長として6カ月の契約でしたが、
勤務契約は二カ月延長され、

大正13年8月末をもって日本文具を退職しました。



早川は9月1日に、
大阪市東成郡猿山村字田辺二十五番田に
土地235坪を10年間借用します。坪6銭。

工場住宅37坪のささやかな建物が建築され、


早川金属工業研究所


の看板が掲げられました。

旧従業員のうち、川本とほか二人が
どうしても早川のところに行くと。

川本は

「給料は問題にしないからいっしょに行かしてくれ。
 こづかいの五円もあればよろしい」

といってくれた。
このとき川本は日本文具から月給77円をもらっていたのでした。

後日、残った全員もぞろぞろとみんな早川のもとにきてしまったのでした。


シャープペンシルの特許はすべて日本文具に譲渡したので作れない。
昔やった万年筆の付属金具やクリップの新型のものを作ったのでした。


事業は月末にはもう利益を上げるにいたり、
年末にはすでに30名に増員していました。


大正14年春、運命はまた早川に幸いします。

前年末、心斎橋の石原時計店に
アメリカから輸入されたラジオ機械が二台だけ着きます。


たまたまそこに居合わせた早川は、
その新着の鉱石ラジオセット一台を
7円50銭で購入して帰ったのでした。


「事業はつねに新しいアイデアで
 他より一歩先にと新分野を開拓していかなければ、
 とうてい成功は望めない。

 私はたまたま買い入れたこの鉱石セットに
 異様なまでに関心を寄せた。」


年明けからみんなでセットの分解研究をやり、
4月、自家製小型鉱石セットの組み立てに成功します。

シャープラジオ受信機第一号でした。
早川電機のラジオ製作のさきがけでした。


6月1日、JOBKが大阪三越の仮放送所から
最初の電波を流します。

早川はすかさず市販化します。

おそろしく売れたのでした。
作っても作っても需要に追い付かない状況。

7月には月産一万台となり、
金属工場はラジオ専門になります。



その後昭和10年には資本金30万円の株式会社に改組、
工場敷地は3,042坪、建物962坪、従業員564人となりました。

このころには本格的コンベヤーシステムにより、
ラジオ受信機一台が56秒でつくられるようになります。


第2次大戦に入ると、
早川は海軍の航空無線機を研究に研究を重ね、
大量生産するようになりました。

早川電機工業株式会社と改称、
終戦時には資本金830万円、
従業員4,000人を擁するまでに成長したのでした。

しかし戦後、
ドッジ政策により、
インフレ終息のため徹底的に金融が引き締められ、
たちまち不況の嵐がやってきたのでした。

各業界は不況にあえぎ、倒産して没落するものが後を絶たず。


早川もあらゆる手を打ちます。
売り上げ不振の挽回、売上金回収の向上、
新しい販路の開拓など。

しかし会社借入金が1億1千万円に達し、
昭和25年は会社存亡の秋でした。

夜も眠れぬ日々が続きます。


さらに追い打ちをかけるかのように、
新放送法制定、従来の受信機では聴取困難となるので、
新たにスーパー受信機を備えなければならぬと。

つまり民間放送の実現まで現行受信機は
買い控えるがいいという状況に。

受信機の売れ行きがぱったり止まります。

泣きっ面に蜂。



大詰めの銀行折衝となり、
過剰人員の削減をするならば
銀行はもう一度融資をしようというところまで来ます。


しかし早川には、人員整理をやるくらいなら、
会社が閉ざされる方を選ぶと考えます。

日が流れます。



そのとき、社内の空気が変わり、
従業員側で自主的に希望退職を募って
人員削減に役立てようという動きが起こったのでした。


退職者210名。
融資は再開されたのでした。


その後早川は石橋を叩いて渡る経営に踏み切ります。


そして朝鮮動乱がぼっ発、
経済界はにわかに活発化します。

株価も870円となり、
どん底期の60倍となったのでした。




早川は、以下のように言っています。


「われらの事業の完成は決して単なる個人の野心や
 自己満足だけでいいわけはない。

 事業の公共性という点から私は事業達成の目標は、
 よりよくより高い社会への奉仕と感謝の実行であると
 信じたいのである。」


共通価値の概念が、
ここにもあったのではないかと感じます。


最後に早川は次のようにも言っています。



「私の記録は主として若いじぶんを中心にしているために、
 そこのところに多くの紙数をとられた感がある。

 だからむやみと働いた労苦ばかりが強調されすぎて、
 若い人たちにあるいは時代感覚に乏しいと
 思われているかもしれない。

 しかし私の労苦は宿命のようだった。

 時代もちがっていた。

 私は自分が過去にやってきたことを
 今の人たちに強制しようという気持ちはさらさらない。

 ただ労苦に明けくれたころがいまとなってみると
 かぎりなく楽しい思い出となっているのである。」



私の履歴書に出てくる名経営者で、
若いころに苦労を重ねた方はこの言葉をよく使います。



苦労したころが年老いると楽しい思い出になるのだと。



とてもいまの私にはそのようには思えないのですが、
もし私が年老いたとき、
あの苦労は楽しい思い出だったなあと言えるときが来るのでしょうか。










私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。









(第511号 平成24年2月7日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1981-5b62c33d
    この記事へのトラックバック



    fx