西濃運輸が発展した理由は何か? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

西濃運輸が発展した理由は何か?

2011年03月02日 18:00

110302Barcelona_port_convert_20110301151833.jpg



昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈1〉


西濃運輸社長、田口利八の履歴書の続きです。


軍隊から帰ってきて、
田口はトラック事業をはじめようとします。

しかし農家の跡取りでもあったので、周囲は大反対。
自動車は危険な乗り物で、
しかも運転手という職業はいい加減だというもの。

そこで思いとどまらせるために、
嫁の世話攻勢が本格化したのだそうです。

最初のうちは、難癖をつけて結婚を断っていた田口でしたが、

見合いに行ったある家で、
娘がお茶を運んできたのであいさつをすると、
その娘は顔を真っ赤にして二階へ駆け上がっていった、

その瞬間田口の決意はもろくも崩れ去り、
結婚を決めたのだそうです。


今では考えられないような話ですが、
それでも年を経ると、
昨日のはんこ入れの話ができるような夫婦になるわけで、
世の中わからないものです。

そして結婚するや一週間後に、
田口自動車としてトラック事業をスタート。

周囲を唖然とさせたことは想像に難くないですね。


昭和5年、
大学でのサラリーが五十円の時代に、
一トン積みのトラックを中古で千三百円で購入。

事業は予想外に順調に進み、
大型の荷を運送できる業者が少なかったことが
幸いしたようです。

そして、
国鉄高山線の建設工事、
関西電力・小坂水力発電所の工事など仕事はどんどん増えていきます。


「とにかく仕事は誠実にさえやれば、自然に客はついてくる」


というのが田口の信念になっていました。


昭和7年、召集令状がきて松本連隊へ入隊。
しかし妻帯者ということもあり、二ヶ月で召集解除。

家へ帰ると事業にゆるみがきていた。
士気を立て直し、増えていた借金を返済するため、
フル回転で働く。

トラックも買い足し買い足しで4台になっており、
飛騨山中の小さな町ではもう限界だろうと考え、

田口はいろいろ調べた結果、
大垣市へ移転することを決める。

名古屋や岐阜という声もあったが、なぜ大垣だったのか。


「それでもあえて選んだのは日本の真ん中で、運輸事業に向き、地下水が豊富で工業の発展性が大きく、人的資源も豊富なことなどが理由であった。目先よりは将来性にかけたのである。」


まだ荷主の顔色をうかがいながら、
どんぶり勘定で運賃を適当にふっかける風潮があった業界のなかで、

適正な運賃、早い運送、客への親切を守るだけで評判はあがる。


特に大垣は城下町として堅実、保守的な土地柄だったので、
なかなか入り込めないかわり、
一度信頼を得ると絶対の強みになったそうで、

その後のハイウェー時代の到来でも
大垣は地理的にずいぶん効果的だったと、
田口は回想しています。


その後、昭和16年西濃トラック運輸株式会社として
会社組織となりますが、

戦時体制となり業者の統合が図られ、
田口は寄り合い所帯の会社の専務になります。

派閥ができ、ガキ大将のままに経営をするわけにはいかず、
苦労を重ねたようです。


「この時の苦労が人間形成のうえにかなり役立ったと思っている。
人の励ましのありがたさが身にしみたのもこのころであった。」


このころ、中京財界で活躍していた長尾芳郎から
吉川英治の太閤記をすすめられ、
座右の書としたとのこと。


察してかける友情というのはいいものですね。


昭和20年7月28日大垣空襲で周囲は焼け野原になるも、
47人の社員で本社を守りきり、
戦争も終わり再スタートを切ることになります。

田口は統合会社の分散を決行、昭和30年「西濃運輸」となります。
事業は順調でしたが、

田口は「百年の計」を立てるべきと考え、
長距離輸送に目をつけます。

それまでのトラック輸送は一県内というのが建前で、
県境にある業者でも二県にまたがる程度。

そこで田口はこの長距離輸送構想を
行政当局に持ち込みます。

昭和22年秋、岐阜県陸運事務所の担当者に話すも、
「制度上とても無理な話」と一蹴。

その後運輸省本省に直談判。係長に歩いて日参。
「また来たか」といやな顔をされながらも、通い続け、

課長、部長、局長と壁を突破して二十日目に
「まあ検討してみるから正式申請を出すように」
とついに内諾。

このあと公聴会などが開かれ、
昭和23年11月、大垣─名古屋間免許を皮切りに
営業範囲を広げていくことになります。



田口の履歴書のなかで、もうひとつ面白かったのが
地元選出代議士、大野伴睦との関係でした。

田口は大野の後援会長を務めたのですが、

大野が東海道新幹線建設に当たり、
岐阜県に一つも停車駅がないのはけしからんと主張、

岐阜羽島駅が「政治駅」だとして週刊誌などで
やり玉に挙げられていたわけですが、
大野は超然としていたとか。


また、大野が入院したときに何度も見舞いに行ったが、
食事制限が気に入らなかったらしく、
突然「長良の天然うなぎを食いたい」と言い出し、

岐阜から細めのうなぎを取り寄せて
人にわからんように持ってきてくれと頼まれたのだとか。

医者や奥さんに隠れて、岐阜の「うを鉄」から天然うなぎを持参。
大野は子どものように喜んでいたと。


こんなエピソードに限らず、
経営者と政治家の付き合いというのは
生き方を見るところがあるのだと思います。

田口は、大野から

「筋を通すこと、筋の通らぬことは排すること」

という教訓を学んだと回想しています。


西濃運輸は発展していき、
田口も重要な地位についていきますが、
労使協調、従業員あっての会社ということは忘れません。


───────────────────────────
【引用ここから】

新車を購入した場合、その担当運転手に社長室へ来てもらい、二人っきりで“受領式”をする。私はこの時「絶対事故を起こしてくれるな。会社のためではない。自分自身のためであり、家族のためだ。車両や荷物はいつでも金で解決できるが、自分のからだは解決できないぞ。眠くなったら、たとえ警察の前でもとめて眠れ」と訓示する。私もトラック運輸を始めた当時、飛騨街道の悪路を睡魔に襲われながら運転を続け、あと一瞬で谷底へという苦い経験がある。社長と従業員の垣根をこの時だけでも取り払って話したいと思うのである。

【引用ここまで】
───────────────────────────

昨年NHKの番組「100年インタビュー」で
イギリスの政治経済学者、ロナルド・ドーアが


「日本型資本主義には共生の考え方があり、
この考え方が経済復興に大いに貢献した」



という話をしていて、なるほどと思ったのですが、
田口の考え方も「共生」だなと読みながら感じました。

「日本型資本主義」をなんとか新しい形で
復活できないものかと、私は考えています。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈1〉






8,000人が読んでいる渡辺のメルマガはこちらです

人気ブログランキングに参加しています





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/198-4a226957
    この記事へのトラックバック



    fx