【再録】早川徳次(早川電機工業社長)その1─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】早川徳次(早川電機工業社長)その1─昭和時代の私の履歴書

2015年10月17日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉


早川 徳次(はやかわ とくじ、1893年11月3日 - 1980年6月24日)は
日本の実業家・発明家。
実業家としては早川電機工業(現・シャープ)を設立したことが、
発明家としてはシャープペンシルを発明したことが
大きな業績としてあげられる。

東京都出身。
大正三美人として知られる江木欣々は異父姉。





明治26年東京都生れ。
大正4年シャープペンシル発売。
関東大震災で壊滅、
13年大阪に早川金属工業研究所
(のち早川電機、昭和45年シャープ)を設立、再起。
ラジオ、テレビ、太陽電池、電卓で成功。
55年6月24日死去。


「私の履歴書」は昭和37年9月に連載している。




早川徳次は、誰もが知っているメーカー、シャープの創立者です。

この早川の履歴書は、
9月15日を初日として連載されたそうですが、

早川にとってこの9月15日というのは大事な日でした。


大正元年9月15日、
早川は東京本所にはじめて、
金属細工業の自分の店をもって独立したのでした。

資本金五十円のうち、四十円を借金でまかなった独立。





早川の少年時代は不遇でした。
三歳で生家を出て、
深川の家に養子にやられます。

養家先は極貧で、
まもなく養母がいなくなります。

二度目の継母がひどい虐待を早川に与え、
三度の食事さえ満足に食べさせてもらえない状態でした。

近所の人たちは早川に同情します。
とりわけ井上さんという盲目の女行者がいて、
この人が早川を何かと慰めてくれたのでした。


「お前さんは、気の毒だよ、小さいのに苦労をして
 ──まあまあ、しんぼうしなされや──」


井上さんはついに見かねて、
本所にあった餝屋の坂田さんという店へ
住み込みの見習いとして世話をしてくれたのでした。

これが、
明治34年9月15日のことだったのでした。

のちに関東大震災で井上さんは消息がわからなくなりますが、
早川はいつしか井上さんに代わる数えきれない
暗黒の中にいる人たちの手を引いて行かねばと、

戦後大阪市身体障害者雇用促進会を設立、

身体障害者の更生福祉事業をすすめ、

その後大阪市立早川福祉会館を
昭和37年9月15日に完工したのでした。



坂田芳松という主人は、
昔気質の江戸っ子で、
ここで早川は9歳から17歳まで年季をつとめ、
お礼奉公として1年、職人として2年を働きました。

早川が16のとき、
主人が細工仕事のほかに新しくえんぴつ製造を始めますが、
これが的はずれに終わり、
借金のために工場を明け渡す羽目となります。

主人がけがをしたこともあり、
生活はいっそうひどいものとなります。

困った挙句早川は、
破産の原因となったえんぴつが
かなり残っているのに目をつけます。

やがて縁日でえんぴつを出すことに。
ブリキで灯篭を作り縁日で売るということもします。



18歳。
ようやく早川は一人前の餝職人になります。
手先が器用な早川は仕事もこなし、
収入のうち食費以外は、自前の作業道具にあて、
道具をそろえます。

自分の工夫や考案に役立てるため、
小型のプレス二台を買いこんだりもし、
これが独立後役にたつのでした。

また洋服のバンドの特許をとったりもしました。


早川に限らず、
給与の範囲内で暮らすことは当然のこと、


余ったお金を貯金するのではなく、
自己投資に費やす


ということは、
若い時分大事だということを成功者はよく言いますが、
早川のこのお金の使い方も同様ですね。





あるとき、巻島という荒物屋さんが
水道のねじを作ってほしいと頼みに来ます。

早川は個人の下請けにしてもらい、
約束を厳しく守って、
納入期日は一日として狂わせたことはありませんでした。

またついでのときにこの巻島さんに、
先の特許をとった洋服バンドの「徳尾錠」の見本を見せたところ、
ボタン屋に掛け合ってくれ、

三十グロス、四千個の注文を取ってきてくれたのでした。


これを機に、
早川は「独立」を考えます。

しかし自分にも親方にもお金の余裕がない。

巻島さんに相談をすると資金の用立てを
快く引き受けてくれます。

巻島さんは早川を買ってくれていたのでした。



主人が以前資金に困った時、
早川は自分のためた9円のうち5円を
貯金から引きだして貸したことがありました。

それもじかに渡すには気がひけたので、
就寝前に、


「これはいままでにいただいたお金をためたものです。
 どうかお使いください。」


と鉛筆の走り書きに添えて、
主人の寝床の下に入れておいたのでした。

朝になって、主人は、

「徳や、この通りだ」

早川の手をとると拝むようにしたのでした。
そばのおかみさんがボロボロと涙を落とします。


「お前の心持ち実に実に感謝致し候。金五円は正に預り候」


この五円事件は、
主人夫婦がよく人に吹聴したので世間の評判となり、
巻島さんも知るところとなり、信用したのでした。


この話を読んで思ったのは、
はたして私にこれができるか、
ということです。


自分の会社の社長が苦労しているときに、
今まで給料いただいていたのをためた分です、
会社の資金繰りに使って下さい、

これを言えるかどうか。

うがった見方をすれば、
まわりまわって自分の評価があがるだろうと
早川が考えたとしても、
なかなかできることではないと思います。


逆にいうと、
主人も器の大きい人だったのかと推測します。




そして早川が独立するときが来ました。

────────────────────────────
【引用ここから】


足かけ十年、
九つの時から仕込んでもらって同じ家に起居し、
同じ釜の飯を食べ労苦をともにした
坂田さんに別れる日が来た。

辛かった。

酒ずきであった親方は私のために杯を上げて
独立を喜んでくれたが、
酒がまわると

「めでてえ、めでてえ」

となんべんも言いながら、鼻をつまらせるのだった。

親方夫婦には子供がなかったのである。


【引用ここまで】
────────────────────────────


独立した年の暮れには
なんとすでに120円近い収益があがり、
巻島さんから融通してもらった借金40円もきれいに返済。


早川の事業は順調に、
そして急激に拡大していきます。


しかし、人生にはあらがうことのできないことが
時としておこります。

早川徳次にとって、
大正12年9月1日はそんな日、
そしてすべてを失ってしまう日となってしまいます。


つづきはまた。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈7〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの
私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。











(第497号 平成24年1月24日(火)発行)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1979-aa9021f2
    この記事へのトラックバック



    fx