【再録】いまマインドフルネスが注目される理由─一瞬一瞬を大切にすれば結果は変わる─エレン・ランガーハーバード大学教授─DIAMOND Harvard Business Review - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】いまマインドフルネスが注目される理由─一瞬一瞬を大切にすれば結果は変わる─エレン・ランガーハーバード大学教授─DIAMOND Harvard Business Review

2015年10月16日 18:00

ハーバード大学のエレン・ランガー教授が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年9月号』に、


「いまマインドフルネスが注目される理由─一瞬一瞬を大切にすれば結果は変わる」


というインタビューを受けていますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。



DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年9月号


─────────────────────────
マインドフルネスとは、惰性でいつも通りに行動するのではなく、
身の回りで生じている出来事に注意を払うことによって、
ストレスの軽減、創造性の発揮、パフォーマンスの向上につながるという考え方だ。

マインドフルネスに関する研究は、
行動経済学やポジティブ心理学などさまざまな分野に、
40年近くにわたって多大な影響を与えてきた。

本稿では、この分野の第一人者であるエレン・ランガー氏に、
マインドフルネスであることが、私たちのパフォーマンスにどれほどの影響を与えるのか、
マネジメントやリーダーシップにどのように活かされるのかを聞く。
─────────────────────────


エレン・ランガー教授のマインドフルネスに関する研究は、
多大な影響を与えてきました。

たとえば、「心の時計の針を巻き戻す」実験では、
高齢の男性被験者たちに20年前の自分に戻ったと仮定して行動してもらったところ、
それだけで健康状態が改善したという結果が得られました。


マインドフルネスとは具体的にどのようなものか?
ランガー教授は以下のように答えています。

マインドフルネスとは、新しい物事に能動的に気づくプロセス。
これを実行すると、

「いまこの時」

に向き合うようになり、
状況や全体像を敏感にとらえられるようになります。

こうなると、物事に熱中し活力にあふれている状態である
エンゲージメントの本質に重なります。

エネルギーを消費するのではなく生み出す状態。

多くの人があれこれ考えるのは
ストレスが多くて消耗しそうだと思い込んでいますが、
それはまちがい。

本当にストレスになるのは、
きちんと考えずにネガティブな判断を下したり、
解決できないような問題が見つかるかもしれないと心配したりすること。

私たちは皆、
安定を求め、物事が静止した状態を保とうとします。
それができればコントロール可能だと考えるからです。

しかし物事はたえず変化していますから、
この考え方は適用しません。
実はこのような考え方のために、かえってコントロールする能力を失っているのです。



マインドフルになる具体的なメリットは何か?


たとえばパフォーマンスが向上します。

ランガー教授は以前、交響楽団のメンバーを対象とする研究を実施しました。
彼らは自分の仕事に退屈し切っていました。
同じ曲を何度も何度も演奏するわけですが、ステータスの高い仕事ですから簡単に辞めることはできません。

この研究は以下の通り。

複数の楽団に演奏してもらい、
ある楽団には、これまでの自分たちの演奏で最もよかったパフォーマンスを再現するようにと指示しました。
つまり、かなりマインドレスな状態で演奏してもらいます。

別の楽団には、各自の演奏に新たな変化を少しだけ加えるようにと指示しました。
つまりマインドフルに演奏してもらいます。


それぞれの楽団の演奏を録音し、
実験内容をまったく知らない人たちに聴かせたところ、
マインドフルな演奏のほうが圧倒的に支持を集めたのでした。

一人ひとりが自分の仕事をすることで、集団のパフォーマンスが上がりました。
みんなが同じ状況を共有し、「いまこの時」に全力で向き合えば、
組織としてよりよいパフォーマンスにならないはずがないというわけです。


また別の研究では、
失敗作の別の使い道を参加者に考えてもらう実験を実施。
もっともクリエイティブな用途を思いついたのは、
マインドフルなグループでした。

だれでも、よくわからない状態でスタートし、何かを決断します。
失敗してしまったら残念ですが、それはあくまで、ある一つの決断に従った結果として起こったことにすぎません。

決断はいつでも変更することができ、
別の方法を取ればもっとよい結果が出るかもしれません。

マインドフルな人は失敗を味方にできるのです。


マネジャーがもっとマインドフルに行動するために、できること。

ランガー教授は、
自分の思考が相手に全部丸見えだと想像してみるのは一つの方法だと指摘します。

そうすれば、相手について悪いことを考えようと思わなくなる。
相手の考え方を理解しようとするはずだと。

そして、ランガー教授は、
仕事と生活のバランスではなく調和を推奨。

バランスというと、両者が正反対に位置して共通項がない印象を受けますが、
実際はそうではありません。

仕事も生活も大部分が人に関わること。
どちらにもストレスがあり、守るべきスケジュールがあります。

両者を切り離して考えていては、
一方の領域で成功したことを、もう一方に活かすことができません。

マインドフルにとらえれば、
領域は人がつくり出したものにすぎず、
それに縛られる必要はないことがわかります。

そして、ストレスは何らかの出来事によって生じるのではなく、
その出来事のとらえ方によって生じるのです。



マインドフルネスについて、
ランガー教授が心から言えることとして、
以下のように述べられています。


「人生は一瞬一瞬で成り立っており、それがすべてです。
 したがって、その一瞬一瞬に意味を持たせることで全体が意味を持つことになります。

 私たちはマインドフルに行動することもあれば、マインドレスに行動することもあります。
 勝つこともあれば、負けることもあります。

 いちばん困るのは、マインドレスに行動して負けることです。

 何かに取り組む時は、マインドフルになり、
 新しいことに目を留め、それを自分にとって有意義なものにしましょう。

 そうすればあなたはきっと成功できます。」



近年注目されている「マインドフルネス」。

この効用は人生にとって実に大きいのではないかと
ランガー教授のインタビューを読んで感じました。

日々ついつい惰性に陥ってしまうことがありますが、
そうではなく、身の回りに起きているちいさな出来事にしっかり注意を払い、

「いまこのとき」をしっかりと生きることが大事だとあらためて感じました。





DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年9月号



■ 特集:一流に学ぶハードワーク

持続的エネルギーの源泉は何か
【インタビュー】 仕事のストレスは仕事で癒す
永守 重信日本電産 代表取締役社長

ポジティブに働くためのコンセプト
ワーク・エンゲイジメント:「健全な仕事人間」とは
島津 明人東京大学大学院 准教授

天皇陛下の執刀医は自然体であり続ける
平常心があれば集中力は生まれる
天野 篤順天堂大学 教授

変化を恐れず、変化を楽しむ
棋士のピークを超えて勝ち続けるには
森内 俊之棋士

一瞬一瞬を大切にすれば結果は変わる
いまマインドフルネスが注目される理由
エレン・ランガーハーバード大学 教授

4000人の調査が明かすリーダーの実態
経営者は仕事と家庭を両立できるか
ボリス・グロイスバーグハーバード・ビジネス・スクール 教授
ロビン・エイブラハムスハーバード・ビジネス・スクール 助教

■ HBR翻訳論文

【組織】 成功志向型か、失敗回避型か
挑戦欲で動く人、責任感で動く人
ハイディ・グラント・ハルバーソンコロンビア大学 ビジネス・スクール モチベーション・サイエンス・センター 共同ディレクター
E. トーリー・ヒギンズコロンビア大学 教授

【キャリア】 声の大きさに惑わされてはならない
「いぶし銀」の仕事を正当に評価する法
デイビッド・ツバイク著述家 兼 講演家

【グローバル】 どうすれば真のグローバル化を実現できるのか
保護主義化する世界で戦う8つのルール
イアン・ブレマーユーラシア・グループ 社長

【人的管理】 心身ともに活性化することのメリットは大きい
健康増進プログラムの知られざる投資効果
レナード L. ベリーテキサスA&M 大学 メイズ・ビジネス・スクール 教授
アン M. モラビトベイラー大学 ハンカマー・スクール・オブ・ビジネス 助教授
ウィリアム B. バーンテキサス州立大学 MDアンダーソンがんセンター マネジャー


巻頭言
過去の意思を未来につなぐために
岩井 希久子絵画保存修復家
Serial Article
理論を思考の軸に変える世界標準の経営理論
入山 章栄早稲田大学ビジネススクール 准教授
Idea Watch
「品質の文化」を築く4つの条件
アシュウィン・スリニバサンCEB マネージング・ディレクター ブライアン・クレイCEB シニア・ディレクター
Idea Watch
リーダーは組織を心で動かす
ゲイル・マクガバンアメリカ赤十字社 社長兼CEO
Idea Watch
「年老いた自分の姿」が判断の質を高める
ハル・ハーシュフィールドニューヨーク大学 レナード N. スターン・スクール・オブ・ビジネス 准教授
Vision Statement
交易を映し出すアート
ハーバード・ビジネス・レビュー編
前号を読んで
サムシング・ニューは少なかった
星野 朝子日産自動車 常務執行役員
前号を読んで
「洞察力」を高める方法論もほしい
小田 宜夫インデックス・アイ 代表取締役社長



DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年9月号







(第1499号 平成26年10月22日(水)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1978-920594b7
    この記事へのトラックバック



    fx