認知症のご老人が青年に戻る瞬間とはどんなときか? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

認知症のご老人が青年に戻る瞬間とはどんなときか?

2011年02月28日 10:00

110228plane_sunset_convert_20110228065057.jpg




今度のメルマガオフ会で幹事をしてくださる、
ユウスケくんが発行しているメルマガ、


「カイゴニュース!」


ですが、なかなか面白い記事がありましたので、
読者のみなさんにご紹介したいと思います。

ユウスケくんは、介護・医療業界のコンサルタントとして
活躍しているのですが、

このメルマガでは、介護・医療業界の情報、
介護従事者の方のキャリアパスや年収UPの方法、
介護事業経営についてなど、

要介護者の方、そのご家族の方、
介護職の方、介護事業経営者の方、
介護に興味のある方にむけて書かれています。


介護と一口に言っても、
若い世代の方にとっては「介護」の世界は
あまりなじみがないのではないでしょうか。

しかし、
政府予算のなかでも介護予算は2兆円を占め、
これから年3,000億円ずつ増加するだろうと言われています。

そして若者の親もいずれは介護が必要となり、
そして自分も子どもたちから介護されるときがくるでしょう。

日本人であれば避けては通れないテーマだと思います。




────────────────────────────────────
【カイゴニュース!引用ここから】


いつもご愛読ありがとうございます。


~~~
介護老人保健施設に入居しているあるご老人は、
昔、飛行機のパイロットでした。
彼は加齢により、認知症となり、
普段の生活ではぼーっとしてしまっています。
しかし彼は「機長、乱気流です!」という言葉を聞くと、
突然背筋をシャキッと伸ばし、
てきぱきと物事を行えるようになるのです。
~~~


私の小学生の頃からの友人で、介護業界を10年ほどやっているベテランがいます。
先日、彼にお願いして老健の施設ケアマネジャー、
社会福祉士を持っている介護職の方と、
お話をする機会をセッティングしていただきました。


私は仕事柄、外部からの視点ばかりで、
実際現場に携わっている方や利用者の方のご意見など、
内部からの視点というものが欠けているので、
非常に勉強になりました。


上記は、そのときに聞いた非常に印象に残ったエピソードです。
情報の発信者でありながら、上手く言葉に出来ないのが歯がゆいのですが、
「人間ってすごい」と素直に感動したものです。


外部から携わっている私が、内部からの視点を持っている方々から話を聞いて、
気づいたことなどを書いていこうと思います。



【介護業界は閉鎖的】

介護という言葉は既に一般に認知されていますが、
内部の実情を知る人は多くはありません。
情報の発信が余りなされていないからです。


介護の現場は、不謹慎に感じられたら申し訳ありませんが、
上記のような話を聞いて、日々がドラマに満ちているんだな、
という印象を持ちました。


こういったエピソードのような、日々の仕事で楽しいこと、面白いこと、
そして辛いこと、悲しいこと、大変なこと…、
そういうものを発信することこそが、
介護従事者と一般の人を結びつけるために必要だと感じました。


他の業界と違い介護業界は、
人間が年を取る以上、避けては通れないものですので、
もっと一般に広く、内部事情が認知されるべきです。


将来的にカイゴニュース!で、
介護従事者の方から「こんなことがあったよ」
という情報を提供していただいてそれを広く発信していく、
そんな情報のインフラストラクチャをあると面白いと感じました。



【介護業界内での横の繋がり】

介護業界内での横の繋がりは余りないという話を聞きました。
それは、自分の勤めている施設は良いのか悪いのか?
うちの施設のやり方は正しいのか正しくないのか?
そういった情報を知る機会がほとんどないということですね。


まぁ介護業界に限らず、他の会社の人と飲むというのは、
あまりないことなのかも知れませんが、
介護業界においては人手不足や制度の不透明さ、
キャリアパスにおける不安、離職率の高さなどが、
他の業界と比べて際立っています。


そんな介護業界だからこそ、もっと横の繋がりを形成し、
情報の共有、意見の交換を行い、改善をするための場…、
これはセミナーでも勉強会でも、単なる飲み会でもいいと思います。
そういう機会を作る必要があると強く感じました。



【介護業界の情報!】

業界外部に向けた情報の発信と、
業界内部での情報の共有のための仕組みを、
早急に作る必要があるというのが、
今回得た、重要な気づきでした。


この二つの仕組みが実施されれば、
介護従事者の方の仕事の遣り甲斐や不満の解消や、
一般の方の介護利用時の知識や選択肢の改善に繋がりますし、
介護業界の方でなくとも介護の制度に目を光らせるようになります。


そうやって広く認知されることによって、
国が行う介護保険制度の見直しなどにも良い影響を与え、
介護業界全体の改善に繋がっていくのではないかと思います。


カイゴニュース!はまだまだ小さなメディアですが、
そういった影響力を持つものなるよう、少しずつ改善していきたいと思います。
応援よろしくお願いいたします。


本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。


ユウスケ

------------------------------
メール
kaigonews@gmail.com
バックナンバー
http://ameblo.jp/kaigonews/
Twitter
http://twitter.com/kaigonews1
------------------------------

【引用ここまで】
────────────────────────────────────




少子高齢化社会の進展により、
ますます介護業界が重要な役割を果たさなければならない、

しかし現時点ではあまりどういう世界なのか理解されておらず、
また国民のなかでまだコンセンサスが得られていない、

そういう状況なんだろうと思います。


介護関係者の方々はもちろん、
多くの方にぜひこのメルマガをオススメしたいと思います。


カイゴニュース!
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/196-59a49fe6
    この記事へのトラックバック



    fx