Taylor SwiftのWildest Dreams PVが植民地主義的と批判される - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

Taylor SwiftのWildest Dreams PVが植民地主義的と批判される

2015年09月26日 18:00

Taylor Swift - Wildest Dreams


テイラー・スウィフトのアルバム『1989』からのシングルカット。
美しい音色の曲ですが、
PVが問題になったようです。


「テイラー・スウィフト、”Wildest Dreams”のビデオの植民地主義的という批判に監督が反論」




このPVについては、
「アフリカ植民地時代のファンタジー」を描いているとして
非難の対象となったようです。
このPVはすべて白人俳優によって演じられていました。

様々な野生動物を背景に、
テイラー・スウィフトが情熱的な恋するヒロインを演じ、
ロマンスシーン満載の内容。

複数メディアによりこのビデオについて、

人種差別的なニュアンスが感じられ、
特に植民地時代のアフリカの開拓に類推する内容が強調されている

という意見が出されていました。



これに対し監督がコメントを発表。

ビデオクリップには「政治的意図がない」ことを説明。


「”Wildest Dreams”は、
 運命に翻弄される恋愛関係を歌った曲で、
 非日常的なロケーションでの恋に落ちた二人の物語が
 ミュージック・ビデオのコンセプトとなっています。

 このビデオは、植民地主義を表現したものではなく、
 1950年代のアフリカでの映画撮影チームのセット内での
 ラヴ・ストーリーを描いたものです」


と声明文の中で述べています。


また、

「いくつかのショットでは、
 黒人のアフリカ人が起用されていますが、
 ビデオのほとんどの部分は
 テイラー・スウィフトとスコット・イーストウッドのショットで
 占められているため、
 監督以外のクルーの顔はほとんどカットしました」

と続けています。


「このビデオは、
 エリザベス・テイラーとリチャード・バートンのような
 往年のハリウッド映画のロマンスや、
 『アフリカの女王』、
 『愛と悲しみの果て』、
 『イングリッシュ・ペイシェント』などの
 クラシック映画をベースにして制作されています」


「実際の撮影については、
 ビデオに登場する俳優だけでなく、
 このビデオの制作に関わっている主な制作チームメンバーも
 有色系人物が起用されています。

 私自身もアジア系アメリカ人であり、
 プロデューサーのジル・ハーディンはアフリカ系アメリカ人女性、
 エディターのチャンクラー・ヘインズもアフリカ系アメリカ人男性です。

 我々が、このビデオのキャスティングや編集を行っているのです。
 多くの黒人俳優をクルー役として起用することは、
 過去の歴史を書き換えることになるため、
 (当時の映画撮影チームはほとんど白人によって構成されていたため)
 歴史的な正確さを欠くということで、
 我々は一致した見解を出しました。

 このビデオは、現代の撮影チームによって昔の撮影風景を再現したもので、
 スタッフ一同、このビデオ制作を誇りに思っています」


「このビデオには、政治的な意図はなく、
 ただ、古典的なハリウッド・スタイルの
 悲劇的なラヴ・ストーリーを描きたかっただけです。

 また、今回は私のビデオが取り沙汰されていますが、
 アフリカを描写したミュージック・ビデオは他にもたくさんあります。

 さらに、ご理解いただきたいのは、
 テイラー・スウィフトは、
 絶滅の危機に瀕しているアフリカの動物の保護や
 アフリカの人々の経済援助のために、

 このビデオによる収益をすべて
 アフリカン・パークス・ファンデーションへ寄付することを決定しています」



一つの音楽が多くの人々の心を動かす一方で、
製作者の意図を政治的に読み取る人もいたりするわけで、

作品というものはなかなか難しいものですね。


純粋にいい曲だと思います。





Wildest Dreams (Originally Performed By Taylor Swift)
Tyler Ward & Tiffany Alvord



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1959-ea85ba32
    この記事へのトラックバック



    fx