【再録】福博電気軌道(西鉄)設立と収賄事件にからみ投獄 ─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その6─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】福博電気軌道(西鉄)設立と収賄事件にからみ投獄 ─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その6─昭和時代の私の履歴書

2015年09月08日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




松永は、またスッテンテンになってしまいました。

石炭、株、事業で大損、自宅は火事に。


しかしここですべてを投げ出さずに、
自分はよく考えてみると、
人の、社会のお世話になっていたということに気づいたことで、

松永は次のステージへと階段を上っていきました。


しかし忙しさに負けて、また自分の意志薄弱から、
読書なども怠りがちで、
学校を出て以来自分の知識や学問が一向に進んでいないことの方が悲しかったのでした。


39年には福岡市会議員の一行が、
市街電車の建設に出馬せよと求められていました。

また41年には九州の広滝水力電気の監査役を引き受け、
大阪では泉尾土地という市街地造成会社の再建を依頼されていました。

また中国向け輸出を目的とした東洋製革という靴革の会社の経営にも時間をとられるようになっていたのでした。



松永はまた、大阪瓦斯のコークス一手販売にも関わりました。
まず家庭燃料にすることを考えます。

コークス専用のコンロを考案、
のちに特許をとります。

またこれの宣伝のために浪花節のうまい社員を使って、
おかみさん連が集まるところで一席やらせ「安いコークス」をPRします。

博覧会でも実演させたりしますが、
さらにこのとき考案したのが、
タバコ屋さんに必ずかけてある看板。

赤、白、黒の三色でできているあの看板は、
コークス宣伝用に松永が考案したものを、
のちに専売局がまねたもので、

看板のみならず荷車用もつくりました。


まさに、起業家松永ですね。




いまでいう博覧会、見本市のことを、
当時は「共進会」と言っていました。

この九州、沖縄八県連合の催しが明治43年に開かれることが決まり、
福岡地方念願の市街電車建設計画が、41年ごろから急速に高まります。


39年に松永自身の調査をやり、
その後も機会あるごとに、
東京、大阪、京都などの市電事業を見て回って研究をしていました。

大阪、広島の市街電車計画も桃介と進めていましたが、
大阪は岩下清周、広島は大林氏がやるとなり、
ぜひ福岡博多でと思っていました。


しかし最初から5,60万円の費用がかかるため現地だけでは調達が困難との事情がありました。

そこで松永は尽力し、
東京、大阪、名古屋で出資者を集め、
桃介も二千株を引き受け、

「福博電気軌道株式会社」

の設立が、明治42年8月ごろ本決まりとなります。

創立事務所を大阪市の福松商会に、
社長に福沢桃介、
専務取締役に松永、
取締役に今西、佐分氏のほか、山口恒太郎、渡辺綱三郎といった人たちが決まります。

松永は総指揮をとり、42年夏から博多に本拠を移します。


のちにこの会社が「東邦電力」となり、
十数年間は「福博」が松永の根拠地のような形になったのでした。

第一期計画の博多駅-呉服橋、水茶屋-黒門橋間約4マイルはわずか五か月間で完成。
会社ができて六か月目には営業開始となりました。

そのため建設費が極めて安く、
低廉な料金で運営ができました。

安いことが利用者を予想以上にさせ、
危ぶんだ収入も目論見以上にあがります。

松永も不眠不休で働いたものでした。



現在(昭和39年当時)社会党の長老でおさまっている、
松本治一郎と奇縁ができたのもこのころ。

当初、松本は立ち退き側で、
補償や用地問題で会社に強硬な交渉を持ってくる側の音頭取り。
しかし会って話し合ううちに、
電車の必要性を認めてくれ、
積極的な協力、むしろ支持者の側に回ってくれるようになります。

のちに親友の一人となったのでした。


福博電軌ができた二年後には、
博多電灯との合併ができ、会社は

「博多電灯軌道」

となりました。

山口が社長、松永が専務、桃介は社長をやめて相談役になり、

松永は九州において電気、交通両業に専念することになりました。


この市街電車が、
西日本鉄道、西鉄となって現在も走っているわけです。





さて、多くの成功者たちの「私の履歴書」を読むと、


「放蕩(浪人)」

「大病」

「投獄」


この3つのどれかはほとんどの人物が経験しています。

この逆境をいかに乗り越えていくか、
これが成功者の人生なわけです。

松永はすでに浪人、すなわち、

石炭、株、中国事業で大損、
自宅は火事に、

という経験を一度にしていますが、

さらに明治43年ごろ、

「投獄」

も経験しています。


明治43年ごろ、
当時大阪市電路線の敷設に絡んで動いていた検事局の捜査が、
野江線問題に波及してきます。

小林一三が計画していた箕面有馬電気鉄道(阪急-京阪急行)が、
京阪電車と連絡するため支線をつくったのが野江線で、

この許可を得るため、
松永が市会議員連と商売柄懇意だった関係から小林に頼まれて運動し、
小林が大阪市の第一助役、市会議員二名に同社の増資新株を分けたのでした。


小林一三といえば、阪急電車や宝塚歌劇団をつくったことで有名ですね。


松永は小林から連絡を受けたので大阪に行き、
二人で森作太郎弁護士をたずねます。

事件は難しいが、
そのころの刑法では収賄罪はあったものの賄賂を贈った方は罪にならない、
ということでした。


ちょうど福博電車の開業が迫って、
明日は開業式という前夜に松永はひっぱられてしまいました。


堀川監獄に入れられ、
裁判所に行く護送の馬車にのると、

真ん中が仕切ってあって、
向こう側に小林が編みがさ姿でションボリ乗っていました。


─────────────────────────────
【引用ここから】

すでに三人が自白している、
しかし、君たちが言わなければ、やった人もないのにもらった者だけ罰することになるので、
そんなわけにはいかぬ、したがって本件は成り立たなくなり社会正義にそむくこととなる、
明白に証言してくれ──。


取り調べはこんなふうに進んだが、
私がやらんと言えばひょっとしたらもらった三人も罪が成立せず、
うやむやになるかもしれない、
小林もがんこだから自白しないだろう、

それに、義理としても言わんに限ると考えた。
そうなるとこんどは私は偽証罪になるという。

かれこれ二十回以上呼び出されたがラチがあかない。


福博電車の方は福沢桃介が開業式をすませ、
大阪に来て小林の親分の岩下清周、平賀敏さんらに相談したところ、

どうも二人ともがんこで口を割らないらしい、
なんとかこっちで工面してやろう…ということになった。


桃介が面会に来て、しきりに自白をすすめた。しかし私は

「ご親切はありがたいが…」

と断然拒絶し、裁判所に対しては

「その当時のことはほとんど忘れた。
 福岡に行って忙しくしていたので詳しいことは覚えない」

と、どうしても言わなかった。

そうするとまた二、三日たって桃介が来て

「君すんだよ、明日は出られる。
 君の代理ということにして僕が裁判所に行き、
 松永は確かに小林と被告の間に介在して世話をしたけれど、
 詳しいことはわからん……ということでよければ、
 松永の代わりに判を押すと言ってもう押して来たよ……」

という話で、その晩のうちに出された。


この事件は小林と私が人生の波乱を受けた一つであるが、
そのとき私が少々あわて気味だったのに比べると、

小林は胆力というか、なかなか度胸がすわった男だったと思う。



そのときの獄中生活は、独房に起居し、
声を出してはいけなかった。

便所がついていて、朝起きると、そのそうじをする。

小林にしたって私にしたって会社の主宰者なので、
いろんなところから差し入れが来る。

監獄の出すものは、
どんぶりに麦八分・米二分のもっそう飯で、
その上につけ物が二、三のっているに過ぎない。

残してはいけない規則だが、
差し入れを食べるとそれが残る。

それでとうとう終わりごろには差し入れのごちそうを断って、
もっそう飯だけを食べるようにしたら、
消化がよくてかえっておなかのぐあいがいい。

運動は午後三時から四時まで許してくれる。

書物は注文して読み、勉強ができた。
ただし電灯がないので夜は読めない。

だから夕飯を食べ終わってしばらくすわっていて、
やがてゴロリと寝るというふうだった。

その後、監獄入りの経験はないが、これらすべてのことが私にはためになったと思う。


【引用ここまで】
─────────────────────────────


松永は、浪人放蕩に近い人生を送って、
そこから人生を振り返りますが、
投獄も経験をしました。

この「私の履歴書」に出てくる人物はまず間違いなく、
こうした「浪人」や「投獄」などの人生の失敗を、


「この経験がのちの自分の人生に役立った」


と記しています。

経験してみないとなかなか言えませんが、
このように失敗を肯定的にとらえることに成功のヒントがあるのかもしれませんね。





続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。










(第1099号 平成25年9月17日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1941-940992a8
    この記事へのトラックバック



    fx