【再録】石炭、株、事業で大損、自宅は火事に─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その5─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】石炭、株、事業で大損、自宅は火事に─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その5─昭和時代の私の履歴書

2015年09月01日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


結婚式当日も仕事に精を出した松永は、
人生最大の石炭契約を結びます。

しかし山あれば谷あり。
まもなく松永は、またスッテンテンになってしまいます。


自分でやまを持てばさらにもうかる、
こう考えた松永は、

筑紫炭鉱を手に入れ、
さらに天草の無煙炭の炭鉱を買い取りました。

しかしこれらは全く見込み違いで大損になったのでした。


また上海に出していた福松商会も、
華商没落の影響で大損を出し、石炭の利益は吹っ飛んでしまいます。


───────────────────────────────
【引用ここから】


落ち目になると悪いことは続く。

明治40年ごろは戦後の株式熱の勃興で株が騰貴し、
桃介といっしょに投機に手を出して一時は60万円ほどもうかった。

のちに東邦電力をいっしょにやった田中徳次郎─学友─が三井銀行の大阪支店にいて

「いい加減に手じまいしろ」

とすすめていたが、

600万円の目標をたてていた私は強気一点張りで、
結局は逆に破産してしまった。


おまけに大阪角田町の本宅が全焼し、全くの裸になった。


(中略)


石炭は下がる、株はガラ、
中国での事業も大赤字、自宅は火事と、
悪いことが重なったが、
逆境におちてみるとかねて潜んでいた一つの人生観が頭をもたげてきた。


(中略)


自分でいうのも変だが、
金もうけは手段で、目的ではなかったものの、
その半面にもっと根本の問題、
人間本来の姿やあり方、自己と社会の関係、
自分の趣味や学問などについての反省が、急激に頭をもたげてきた。

三十歳を越えた年齢のせいもあったろう。

そんな心境になってみると、
すでに四、五年前に亡くなった福沢先生の説話が痛切に思い出された。


根がおうちゃくなのか、裸になったことはたいして苦にならなかった。

それよりも忙しさに負けて、
また自分の意志薄弱から、読書なども怠りがちで、
学校を出て以来自分の知識や学問がいっこうに進んでいないことの方が悲しかった。


人間は商売をするために生まれたものではない。
金をためるために生まれたものでもない。
政治をするためでもない。

社会に出た人間としてまず自分の生活を立てることは大切だが、
金儲けのためには早回りして、いかなる手段も断行した私。

しかし、これも少しく考えてみると、
自分の知恵、才覚でやったようでも、

多かれ少なかれ、人の、社会のお世話になっている。


そう考えると、今後の自分の行動は、
国家社会にできるだけ奉仕することが必要と思うようになった。


【引用ここまで】
───────────────────────────────




このメルマガでは何回も書いていますので、
昔からの読者の方には耳にタコで恐縮ですが、

私の履歴書に出てくる人物から、


「成功の三要素」


を私は感じています。

この私の履歴書に出てくる人物は、
高度経済成長を支えたそうそうたる財界の重鎮が多いのですが、

その人生をすべて見てみると、


「放蕩(浪人)」

「大病」

「投獄」


この3つはほとんどの人物が経験しています。
3つすべてを経験している人の人生は、
読んでいてすごい人生だと感心するぐらいです。


逆にいうと、
この3要素を人生で経験すると、
大きな成功が待っているといえるのではないでしょうか。

もちろんそこからみんな
相当の努力をしているわけですが、

この3つは人生において重要なポイントだと感じています。


松永の

石炭、株、事業で大損、
自宅は火事に、

これは「浪人の極地」ともいえる大失敗でしょう。


この失敗に前向きに対処し、

よく考えてみると、
人の、社会のお世話になっていたということに気づいたことで、

松永は次のステージへと階段を上っていきます。



失敗から逃げずに学ぶということは大事です。



続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。












(第1092号 平成25年9月10日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1931-12d1e4fd
    この記事へのトラックバック



    fx