【再録】慶應義塾を謳歌するも父の死により壱岐へ帰る─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その2─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】慶應義塾を謳歌するも父の死により壱岐へ帰る─松永安左エ門(電力中央研究所理事長)その2─昭和時代の私の履歴書

2015年08月11日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


松永は、家庭でハンガーストライキをしてでも、
慶應義塾に行き、福沢諭吉の門下生となりたいと思ったのでした。

坊ちゃんとして親類縁者にあたたかく見守られていた少年が、
家庭を離れ、全く新しい環境の下、都の英才たちに伍していこうというのでした。

慶應入学が決まると、
未知の世界に対する若干の不安と感傷をもちながら遊学の途につきます。

当時山陽線はまだ開通しておらず、
神戸までは持ち船で、それから汽車に乗り、
約一週間を要して東京につき、
無事福沢門に入学したのは憲法発布の記念すべき年の秋のことでした。


東京では最初、
遠縁に当たる山内善三郎家に寄寓します。

山内は海軍に納入する機械油の精製、販売を業としていました。


学校では後年それぞれ名を成した連中があり、
松永の級だけで、全校の学問、スポーツ、演説会などを独占、

松永は演説もやりましたが弥次大将でもあり、
おもしろくてたまらない生活が続きました。

福沢諭吉もよく演説をし、
この思い出が戦災を免れた三田の演説館でした。


15歳で上京してからの3年間は、全く夢のうち。
学校はおもしろく、一面渡米の志をますます強くし、英語の勉強に力を入れます。


しかし不測の父の死去にあい、
休学のやむなきに至ったのは18歳の暮れのことでした。

父38歳。


これにより松永の米国留学の希望は挫折しました。
それまでは大きな不幸も知らず、順調だっただけに、
腹立たしいほど残念でありました。

危篤に間に合ったのみで、ただの一言も交わし得ず死別し、
運命が急転したのは一生の悲痛事でした。



かくて松永は、

三代目安左エ門を襲名し、
18歳で主人公の生活に入ります。

再び壱岐の生活に戻ったのでした。

明治も半ばを過ぎ、
日本の資本主義の揺籃期、
都市ではボツボツ近代産業が興りつつありました。

壱岐の物産なども京阪神の相場が電報ですぐわかり、
生産農家もその相場によって取引するようになっていました。

松永は、博多にあった支店の印通寺屋を通ずる中国貿易でした。


父のあとを継いでから一年半後には日清戦争が勃発、
上海貿易ではかなりの利益をあげます。

同時に、道楽の味も覚えたのでした。


元来、松永家は商売のほか、土地もかなりありました。
自分のうちの畑と知らずすいかどろぼうをやって番人にどなられたこともありました。

土地の管理、漁場経営などに相当手がかかったため、
松永は酒造業、海産物取扱い、呉服業などは一切やめる決心をします。

そして、
家業を整理し徴兵検査を終えた松永は、
21歳の秋、再び慶應義塾に戻ります。

予科コースを終えていたので、
別科に入り、さらに本科にかわりました。

恩師福沢諭吉先生に親近したのはこのころでした。



────────────────────────────
【引用ここから】

先生についての思い出は限りがない。

先生は、冬の寒い日でも、例の股引き姿で、朝の五時ごろから散歩に出られるのが日課で、
三田から芝、時には日比谷までまわられたが、そのお供をして回るのである。

そのころは元奥平藩邸であった三田の塾の寮にいたが、先生のうちの鶏を失敬し、鍋にして寮生仲間でつつき、
それがバレたとき、先生は犯人一同を自宅に招待して下され鶏どろぼうのことは最初ひとこともおっしゃらず一同かえって冷や汗を流したこともあった。


時には先生のご家族と同じ馬車にのって、芝居のお供をしたが、
こんなときにはひどく得意に感じていたことであった。

先生のご養子で、私の人生航路に大きな方向づけをした福沢桃介と仲よくなったのもこの散歩のお供からである。

桃介は私より八つ年上で、米国留学を終えて北海道炭鉱汽船に就職していたが、お供組にまじっていた。


普通、塾生が数人、まれには十数人が散歩のお供についていくが、
途々先生からお話があり、ときには質問され、

学生の議論を批判されるというふうで、
散歩も教育の場であった。

私はつとめて先生に接近した。
先生のお話のうち、若いころはさほど気にとめなかったことでも、経験を経るにしたがって生きてきたし、大きな意義がわかってくることが多かった。


【引用ここまで】
────────────────────────────


福沢諭吉の逸話は限りないですが、
私の履歴書に門下生として当時の話が出てくるのは貴重ですね。

福沢桃介との関係は、
松永にとって人生のキーパーソンであるといえるでしょう。


福沢の社会観、革命観についても
松永は以下のように言及しています。




────────────────────────────
【引用ここから】

また私(編集注:松永)は、社会も、人も、物も、時々刻々に変化があり、永劫不変というものはない。

したがって革命などということも恐るべきものではなく、民主主義制度などは徐々に社会を革命していくためのものと考えているが、ある日先生はこんなこともいわれた。

「近ごろ、社会主義ということが叫ばれ、反対者も多い。

 もちろん秩序を乱し、公安を害し、犠牲者を出すことはよくない。

 といっても、いつまでも押えきれるものではない。

 こういう問題は、やはり進む。

 四畳半くらいのへやに何十人もおれば空気が濁る。

 濁ればどうするか。

 窓をあけて空気を入れかえねばならぬ。

 新しい空気になれば窓をしめる。

 またしばらくすれば濁る。

 濁ればそこにいる人の意見がどうあろうと、
 あけて悪い空気は抜かねばならぬ。

 世の中も同じ、
 好むと好まざるにかかわらず、
 窮屈になったらちょっと窓をあけねばならぬ。

 人間生活はそんなことの繰り返しである。」


これは先生の革命観の一つといえる。
そのころすでにロシア革命は必至であると予想しておられた。

【引用ここまで】
────────────────────────────




松永が青年期に、
福沢諭吉という先生に出会えたのは、
大きな人生の糧となったのだろうと推測します。

どんな大人物も、
偉大なる師がいます。

そして大人物になっても、
常に学ぼうとする姿勢を保ち続けているものですね。




続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。










(第1071号 平成25年8月20日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1906-cdb8904a
    この記事へのトラックバック



    fx