川又克二(日産自動車社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

川又克二(日産自動車社長)─昭和時代の私の履歴書

2011年02月22日 18:00



昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈1〉


川又克二は、日産自動車の社長。
日本興業銀行から日産へ。
今の日産の礎を築いた経営者といってもよいのではないでしょうか。


明治38年茨城県生まれ。
昭和4年東京商科大卒、日本興業銀行入り。
終戦後広島支店長、
22年日産重工業(のち日産自動車)常務、
23年専務、労働争議処理に取り組み32年社長、
37-47年自工会会長、61年3月29日死去。

「私の履歴書」は昭和38年9月に連載している。



川又克二は、先週紹介した井上貞治郎とは
タイプが全く違う経営者だと思いました。


水戸郊外の庄屋の家柄に生まれた川又は、
末っ子で泣き虫、ほとんど母のそばを離れない子だったそうです。

大正3年、9歳のときには、
一家は田舎の家をたたんで上京、小石川に移り住みます。

父親は勤め人で、農村にいてもうだつがあがらず、
五人の子を学校に出すためにも、
東京で働く方がいいというのが、上京の動機だったとのこと。


川又は、名門の府立四中を受験するも不合格、
近くの京北中に入学します。

そして中学4年になると、仲間とともに
猛烈に受験勉強、当初は一高をめざしていたものの、
途中で方向転換、東京商大を受験し、無事合格を果たします。

川又は大学生活を満喫し、1年生の1学期も終わり、
夏休みになると叔父の住む伊豆に誘われ遊びに行きます。


そこで関東大震災に遭遇します。


しばらくして東京に戻ると、あたり一面は焼け野原に。
二学期は開かれず、学生は二、三ヶ月の間、
被害調査に動員されることになります。


昭和4年には無事大学を卒業、三菱商事を志望したが落ちてしまいます。
そしてなんとか興銀に就職。
そのころはぱっとしなかったが、入れてくれたから入ったと述懐。

銀行員生活をはじめるも一年と経たぬうちに、
陸軍主計幹部候補生として麻布三連隊第七中隊に入隊。
一年間軍隊生活を送ることに。


────────────────────────
【引用ここから】


いま考えてみると、こういう軍隊生活は現在もなにかの形でやった方がいいと思う。

便所に行くにもいちいち断ったり、少し遅れるとビンタをくわせたりする教育方法が悪いのはむろんだが、いまのように自由、自由と言いながら、不自由のなにかを知らない人間では、自由の限界がわからない。

(中略)

拘束状態を体験すると、はじめて自由とはどんなにうれしく価値あるものかがわかるのである。

軍隊とはいわぬが、国民訓練所のようなものを作って、半年でも一年でもいいから、若い者が集団生活をすれば、社会秩序を保つための教育訓練にもなるであろう。

(中略)

富士山ろくの演習場まで、炎天の下に五人に一丁の軽機関銃をかつぎながら歩いたときに知った、一本の木陰のありがたさ。

習志野の夜行軍のとき、近くに赤痢が発生して一杯の水も禁じられたときの苦しさ。

私の場合は、いまでもこの経験が自由という理念の裏づけになっている。


【引用ここまで】
────────────────────────


軍隊ほどではありませんが、
私自身も高校時代に応援団に入っていたことがあるので、

この軍隊生活の話はなるほどなあと
感じ入るところがありました。

昭和30年代にさえ、このような感慨を持つのですから、
川又克二がいまの時代を見たらなんというのでしょうね。

しかし、
現在自由を満喫している若者が、
こんな軍隊生活を体験したら(1日で十分かと思いますが)、
逆にありがたく思い、
よろこぶのではないかなと思ったりもしました。



軍隊生活を終えた川又は、興銀の中小企業課に戻ります。
しかし、上司である課長ににらまれてしまい、左遷されてしまいます。



────────────────────────
【引用ここから】


古い貸し出し先の材木問屋に経営内容の悪くなった店があって、私が担当で出納を見ていた。

その日は非常に忙しい日だったが、材木問屋の老主人が窓口に現われたとき、私はすわったまま「あ、ちょっと待っててくださいよ」とアゴでしゃくったというのである。

(中略)

私は自分の受け持ちになっているそのおやじさんとは、幾度も会ってやあやあという仲だから、別に見くだしたつもりはない。

しかし課長さんは後ろで見ていてそうは受け取らなかったらしい。

(中略)

そういうことも重なって、私の評判は「どうも頭が高いやつだ」ということになったらしい。

主任のKさんが、私をひそかに呼んで、一晩飯をつき合えと言って赤坂の料亭に連れて行ってくれたのは、そんなときだった。

主任さんは

「君はちょっと頭が高いという評判だ。まあ銀行というところは、つらかろうけれども、若いうちはもう少し行儀をよくして低い姿勢でいかないと上には行けないよ」

この席は主任さんのポケットマネーでごちそうしてくれたものだが、人払いしてしみじみとさとされた。


【引用ここまで】
────────────────────────


主任さんの話が印象深いです。
こうやって面倒を見てくれる先輩がいることは
ある意味では日本らしさかもしれませんが、
大事なことだなあと思います。

二年間左遷されたものの、
なんとか前線に戻り、大阪、福島に赴任したのち、

川又は、36歳で日本曹達の再建に、
常任監査役として送り込まれることになります。

重役として活躍するものの、
日本の状況は日に日に悪化、

16年8月に二度目の軍隊生活、
宇都宮陸軍病院主計将校、月島の高射砲部隊と
軍隊経験を重ねます。



現在の日本におけるビジネスパーソンの履歴書に
軍隊経験というのはありえないわけですが、

当時はキャリアを順調に重ねていっても
赤紙が来れば当然数年、キャリアの中断があるわけで、
人によってはそのまま前線で散ってしまうこともある、

そういう意味ではやはりいまの日本は平和だなあと
感じつつ、いまの状況が当たり前ではないということに
あらためて気づかされます。


戦争も終わり混乱のなか、
21年3月に広島支店長に就任するも、
仕事というよりは生きていくので精いっぱいの時代の様子。

広島の状況は大変だったようです。



そして広島の任務を終え、
川又は22年7月に日産重工業の常務となるのでした。

当時の日産はパージでみな飛ばされ、
総務部長が社長に就任、
経理担当重役がいなかったので、川又が入るということに。

そして初出社の日に、
いきなり労働組合と賃金交渉の真っ最中に放り込まれます。


厳しいインフレの経済状況で、
銀行を奔走するだけではなく、
労働組合との交渉もすさまじいものがあったようです。

人員整理の大なたもふるい、
最後にはロックアウト(工場閉鎖)まで決行しましたが、

28年の大規模な争議の後は、組合から赤旗が消え、
日産の労使関係は円満なものになったそうです。


相手が信頼するに足れば、
自らも信頼に値するものにならねばならぬ
とする努力をし、

できるだけ組合の満足のいく額をと
積極的に考えるようになったと川又は言っています。



小公子の若き主人公からとった「セドリック」、
相互信頼の碑文からとった「ブルーバード」、
ミュージカル・マイフェアレディからとった「フェアレディ」

などなど、川又が名づけた日本車は、
いまや全世界に名高い名車として評価されています。


日本を代表する、
そして現在も日本経済のベースである、

自動車産業を育てた川又克二。


自分の思うところを貫き、
ここ一番というところでは戦うんだという
姿勢を感じる履歴書でした。



昭和の偉人から学び、平成の偉人になってみせましょう。


日産自動車


私の履歴書─昭和の経営者群像〈1〉
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/190-e96cd86e
    この記事へのトラックバック



    fx