City Won't Sleep 【ダムについて】 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

City Won't Sleep 【ダムについて】

2009年10月05日 23:08

今週も世の中はいろいろ動いていくわけですが、ちょっと気になるのは台風18号の行方です。

台風情報(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

台風18号は5日18時現在、沖の鳥島近海を西北西に進み、中心気圧は910hPa、中心付近の最大風速は55m/sとなっており、猛烈な台風です。いまの予想では8日から9日にかけて、日本に上陸するのではないかといわれています。

土曜日は幼稚園の運動会なので、気になるわけです。延期になったりすると次の週は仙台なので、運動会に行けなくなるので、個人的にはさっさと台風には通過していただきたいのですな。



それはともかく。



台風が通過することの多い日本は、洪水に見舞われて多くの貴重な人命が失われたり、国土の7割が森林ということもあり、滝のような急流の河川が台風の来襲で氾濫することがよくあります。

氾濫する恐れの高い河川の流域は、もちろん都市化しているところもありますが、昔から水田地帯でありました。これは、2,3日水につかっても、稲が全滅することはないからで、これが大豆の場合だと、水に少しでもつかると全滅してしまいます。土地の知恵なんだろうなと思います。

最近は、「ダム」とか「公共事業」と聞いただけで、悪の巣窟のようなイメージに聞こえてきますが、テレビや新聞で流れてくるニュースを見るとそう聞こえてくるわけですが、ちょっとちがった視点でものを見てみたいと思います。

もちろん、圧倒的民意で選ばれた政府が「ダムは無駄だ」という政策をとっていくことに必ずしも反対ではありませんが、ではなぜダムが必要なのか、ということについて、多くの人は「利権」とか「政治が悪い」ということで思考停止しているんじゃないかとも思うわけです。


まず、ダムの役割には5つあります。

(1)洪水を防ぐ
(2)水不足を防ぐ
(3)河川環境を守る
(4)飲料水や工業用水を確保
(5)発電

一方で、ダムのデメリットもあります。ひとつは、もともと人が住んでいたのに出て行って土地を提供しなければならない。二つ目は、ダムに土砂が堆砂してしまうので、その対策をとらなければならない。三つ目に、自然環境を変えてしまうので環境対策をしなければならない。

そして、日本は、国土の10%の洪水氾濫地域に人口の50%、資産の75%が集中しているという事実も重要です。森林だらけのわが国では、洪水にどう対処するかということから逃げることはできないのです。

また、日本の川は外国の人が驚くぐらい急流です。日本の川はヨーロッパの人から見るとすべて滝だ、ということを言っていた人がいました。山に降った雨は3日で海に流れ込みます。日本は実は洪水や渇水になりやすい国土です。そして、ナイル川、コロラド川など外国の河川では、河川の水を効率よく貯めて利用しているのですが、日本は、かなりの水を流してしまっているのが実状です。

治水という意味ですが、台風などの豪雨の時に、上流にあるダムに洪水を貯めるわけです。ダムへの流入量が大きくても、下流の河川が氾濫しないよう、少しの水を放流していくわけです。その差が、ダムに貯められることになります。下流の都市などでは、川幅を広げたり大きな堤防を造るのはいろんな問題があって難しいので、上流にダムを造って、洪水調節の機能を持たせているわけです。


それから、上水道の点で言うと、日本の水道水の36%はダムの水を使っています。ちなみに、川の自流が35%、地下水が26%です。そして、有名なことですが、水力発電は、火力・太陽・風力・原子力発電に較べても最もCO2発生量が少ない発電方法でもあります。


一方で、欧米ではダムはもはや時代遅れという評価があるのもまた事実です。しかし欧米では、ダムを時代遅れとしながら、河川周辺を氾濫原にしたり、調整池の整備を進めていったりと、ダムに代わる機能を環境に配慮した形で進めています。


いままでのように、公共事業にはお金を使えなくなってきています。優先順位をつけなければなりません。したがって、ダムや河川などの公共事業の予算を削減すると同時に、私たちは災害のリスク度が高まる覚悟もしなければいけない、そういう時代に入ってきたんだろうと思います。

ちなみに、八ッ場ダムでいえば、利根川水系ですから、利根川の洪水を防ぐ、つまり東京をはじめとする首都圏を洪水から守る機能も備えているわけです。


21世紀は、水資源の争いが激化するといわれています。先日亡くなられた中川昭一さんは、中国はじめ世界各国から狙われている日本の水資源を守るため、水の安全保障を唱えていらっしゃいました。

水資源の確保と新たな環境対応型の治水システムを構築するということもこれからの課題ではないかなあと考えています。



Steve Appleton - City Won't Sleep [official video] OUT NOW!
http://www.youtube.com/watch?v=0Utrux7Q1d0





Cross a border
This city won't sleep tonight
Over waters
Touch down in the city lights
Looks like we are
Million miles away
From any place I've gone
From any face I've known


都市は眠らないわけです。
人々が活動を続けるための、見えないけれども大切な役割というものは大事にしたいと思います。




参考

ダム便覧
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jdf/Dambinran/binran/TopIndex.html

「ライン川における総合治水計画と氾濫原の復元」(リバーフロント整備センター)
http://www.rfc.or.jp/pdf/vol_37/P_28.pdf






**********************
メルマガはじめました。

カツユキのキュッカなメルマガ
http://www.mag2.com/m/0001028802.html
**********************
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/19-445a1ceb
    この記事へのトラックバック



    fx