創業スクールの目玉講義の一つ「ビジネスゲーム」 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

創業スクールの目玉講義の一つ「ビジネスゲーム」

2015年08月20日 18:00

9月から「起業集団つくる仙台創業スクール」第2期が始まります。
全12日間の起業に関する様々な講義が、
格安の10,800円で受講できるというめったにない機会です。

起業をお考えの方はぜひご参加ください。

(※本事業は中小企業庁平成27年度地域創業促進支援事業です)

受講をお考えの方は、
申し込み先着順でもありますので、
ぜひいますぐ詳細を以下のページからご覧ください。


⇒ 起業集団つくる仙台創業スクール第2期の詳細はこちらから


今回はその中でも目玉講義の一つである、

「社長シミュレーション─ビジネスゲームで経営を学ぶ」

について説明します。


ビジネスゲーム、単なるゲームではありますが、

仙台箪笥を製造する会社を創業したという設定で、

融資をいつどのタイミングでいくら受けるか、
広告はいつ打つべきか、
採用は正社員がよいか派遣社員がよいか、
工場にどれくらいの割合で生産に入ればよいか。


などなど、経営の第1期第2期という創業期を、
ビジネスゲームによって体験できるという、
楽しく起業を学べる企画です。

昨年の第1期においても、
本事業の中でも人気のあった講義で、

今年はさらに時間に余裕をもって、
一日かけて第1期と第2期を
シミュレーションしていただきたいと思います。

この講義はきっと多くの方がご満足いただけると思いますので、
ぜひ創業スクールへの参加をお願いいたします。



────────────────────────────
【感想ここから】


平成26年度地域創業促進支援事業

【起業ベーシックコース第9講】
「社長シミュレーション─ビジネスゲームで経営を学ぶ」を11月29日(土)9:00-15:00に仙台市青葉区で開催しました。
講師は有限責任事業組合baselabo.com 池田慈氏、嶋田瑞生氏。東北大学で開発された話題のビジネスゲームを使って、起業直後の会社経営(創業後の第1期、第2期)を実際にシミュレーションし、ゲームを楽しみながら、会計知識を身につけました。最後は経営の結果から、貸借対照表と損益計算書を自分たちの手で計算しました。

【女性起業家コース第9講】
「社長シミュレーション─ビジネスゲームで経営を学ぶ」を11月30日(日)9:00-15:00に仙台市青葉区で開催しました。
講師は有限責任事業組合baselabo.com 池田慈氏、嶋田瑞生氏。東北大学で開発された話題のビジネスゲームを使って、起業直後の会社経営(創業後の第1期、第2期)を実際にシミュレーションし、ゲームを楽しみながら、会計知識を身につけました。最後は経営の結果から、貸借対照表と損益計算書を自分たちの手で計算しました。


※本事業は、平成26年度中小企業庁委託事業「地域創業促進支援事業」です。




1、Yさんのご感想
講義の5時間があっという間に感じられました。
ゲームの仕組みは、以前任天堂DSであった小売業の執行役員を体験できるゲームと似ていたので、
ひとまず設備や広告などに金を惜しまずにつぎ込み、結果としてダントツで利益を上げられたのはうれしかったです。
さらに、本ゲームは製造業の経営を再現しており、仕入れだけではなく製造があったり、
複数の職種・雇用形態の従業員を雇ったりと、任天堂をはるかに上回る面白さがありました。
しかし本ゲームで勝つことが大事なのではなく、借り入れをいつ行うか、広告にお金をつぎ込んだら効果は出るのかなど、
会社経営を疑似体験できることや、B/S、P/Lを書いてみることのほうが大事なのだと思いました。
最後の局面では、前回の講義で学んだ理論を実践できてよかったです。
まったくもって非の打ち所がなく、惜しむらくは時間の都合で2期目を行えなかったことぐらいなので、
機会があればまた本ゲームを行いたいです。


2、Sさんのご感想
最初に資料を見た段階で、自分には出来ない!アウトだ!
目の前が真っ暗になりましたが…若いイケメン両先生の指導のもと、
ゲームと言えどもビジネスの真剣勝負にどんどん引き込まれ、
楽しく疑似体験をさせていただきありがとうございました。
出来れば2期目も体験したかったです。
日本では子供にお金についての教育をしていないので、
小さな時からお金の仕組み、大切さを学ぶ上でも是非学校教育のカリキュラムに入れて欲しい内容だと思います!


3、Oさんのご感想
今回の講義でのビジネスゲーム、楽しく勉強させていただきました。
ゲームのルールを理解しないままゲームに挑む恐ろしさをリアルに感じ取ることができました。
また機会があればリベンジしてみたいです!
しかし最後に渡辺さんがおっしゃっていたように起業してしまったらずっとゲームが続き、
途中で立ち止まっている暇などない・・・速やかに決断できるようにならないといけない・・・
本当にそうだと思いました。
今回はゲームでしたが現実だったらと思うと怖くなりました。
常に速やかに正しい決断ができるようにしたいと強く感じました。


4、Sさんのご感想
ゲームのルールを最初覚えるのは大変でしたが、ただ楽しいだけでなく、学びや気付きが多く、
座学での講義だけでは得られない経験が出来ました。
このゲームを通して経営とはどういうことかを体験し学べましたが、
実際にこのゲームをしないで起業をしていたらと思うと、本当に恐ろしいです。
特に入札時の価格設定が難しかったです。
会計のチェックでは講師のお2人のサポートが心強かったです。
改めて専門家の力を借りることの重要性を感じました。


5、Fさんのご感想
渡辺さんもおっしゃってましたが、これらの仕組みを知らずに創業する恐ろしさを強く感じました。
損益計算書や貸借対照表の重要さを、前回は頭で理解したつもりでしたが、今回はリアル体験でき、良かったです。
今までとは異なり、最初から最後まで自分たちで考えながら進めていくことが新鮮でした。
頭で理解しているつもりでも、行動に移すことによって、
自分の苦手分野や改善点、知識不足が再確認出来て、大変勉強になりました。


6、Nさんのご感想
ゲームを通じて自分の事(性格)を客観視する事が出来ました。


7、Oさんのご感想
普段より長丁場の予定でしたので、最初は少し緊張して参加していましたが、
丁寧な説明と、シミュレーションゲームが興味深く、いつの間にか陶酔しておりました。
実際に、何度かの決断の時に直面し、このゲームを体験したことにより、
今後、起こりうる場面で大いに役に立つと実感しました。
また、機会があったら再チャレンジしたいです。


8、Mさんのご感想
限られた短い時間での判断を迫られる環境でしたが実際のビジネスでも同じだと感じました。
その中で大切なのは、目先の業務にとらわれそうになりますが
大きい目標にいかに近づけるか?
また、その具体的手法をどう身につけておくかが必要だと痛感しました。


9、Tさんのご感想
シュミレーションゲームと言う形で学べるのは楽しく、
講義を聞くだけより実際に自分の手を使いものを動かし、
人を動かし、お金を動かし、それを数字に書き出し計算する事で
経営の全体像をつかむにはとても理解しやすい講義でした。



【感想ここまで】
────────────────────────────



⇒ 起業集団つくる仙台創業スクール第2期の詳細はこちらから
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1898-7f3330f3
    この記事へのトラックバック



    fx