オクリナ、周の仕組み - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

オクリナ、周の仕組み

2015年07月22日 18:00

諡(おくりな)とは、
主に帝王・相国などの貴人の死後に奉る、
生前の事績への評価に基づく名のことです。


この問題について私(注:吉田松陰)は、
もちろん、疑念を持っています。

その理由は、
秦の始皇帝が言っているように、

子でありながら父の是非を議論し、
臣でありながら君の是非を議論することですから、

忠孝の教えにそむく
ところがあるように思われるからです。

しかしながら、
諡の法を止めるならば、
それにつれて公明の道も廃れることになって、

君主たるものの戒めとするものがなくなってしまいます。


私(吉田松陰)は、
繰り返しこの問題について考え、
そこではじめて一つの結論が得られました。


諡法は周の代にはじまりました。
周公旦が制定したものです。

この周公は、
文王の子、武王の弟、成王の叔父であって、
周王朝を樹立してその八百年の基業を開かれたことは、
すべて公の勲功です。

それゆえ周公は、
文王・武王・成王と一体の人物です。

そうであるからこの三王の心をもって自身の心とし、
諡号を定めるための規則を制定して、


「後世、周の子孫たるもの、
 天子として諸侯に君臨するにおいて、
 今より後、王が崩御になられた際、

 子たるものは父に私することなく、
 臣たるものは君に私することなく、

 公明の道を天下に明らかにして
 諡号を何と定むべきかを議論せよ。

 文・武・成の三王、およびわたしに対し、
 少しも憚ることなく、
 天下後世のために模範となるようにせよ」

と諭されたのです。


以上のようですから、
諡号を定めるということは、

臣子たるものが、
君父を妄りに評価しようとするものではなく、

周公の定められた規則を守って
これを運用することに外ならず、

このような態度であって、
初めて公明の道が天下に行われることとなるのです。


しかしながら、周公は
以上の諡法のみではなお十分でないと考え、

「左史は行動を記し、
 右史はことばを記す」

という制度を決めて、
君臣の言行の一切をそのまま記録して、
少しも回避しようとする態度がなかったのです。

周公が後世を憂慮したこと、
至れり尽くせりであったということができます。


しかるに後世にいたり、
公明の道は日々に廃れ、

一切の問題が、
私意より起るようになり、

諡法まず廃れ、
左史・右史の制度もまた廃れ、

有志の人物、
慨嘆にたえぬさまになってしまったのでした。


しかも今日、
この弊風を挽回しようと思っても、

臣子の立場上、
憚らねばならぬところがあります。

そうであるならば、
もし英主が現れて、
三王や周公の心を心とし、

まず諡法を復活し、
更に左史・右史の制度を復活し、

務めて公明の道を扶持したならば、
これに加える何物もないのです。

ああ、公明の道の廃れたため、
聖賢の教えは滅び、
人心は暗くなってしまいました。

大いに恐ろしいことです。







ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり、
日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1887-23abc90c
    この記事へのトラックバック



    fx