【再録】ブルネッロ・クチネッリの倫理資本主義─安西洋之『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】ブルネッロ・クチネッリの倫理資本主義─安西洋之『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』

2015年07月15日 18:00

安西洋之『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』


つくる仙台は、
仙台というローカルな地域で、
起業家を「つくる」ビジネスをしています。

しかし常に世界を視野に、
発想は柔軟に勉強をしていかなければなりません。


この『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』は、
そういう意味で世界で伸びているベンチャー企業は、
どんな会社なのかということを教えてくれる本です。


その中でもおもしろかったのは、
成功している企業の成長要因の典型的回答が、

「ビジョン」
「事業の集中」
「人材」


というところにあったことです。

やはりビジョンは重要だと再確認しましたが、
事業の集中というのは忘れてしまいそうになるときはありそうです。


本書で紹介されている、
イタリアのカシミヤ製品の会社、

「ブルネッロ・クチネッリ」

はとりわけ興味深かったです。

1978年起業。85年本社を移転します。

それまでグレーの紳士服をメインとしていたカシミアを、
カラフルでユニセックスな素材に変えます。

2012年、ミラノ株式市場に上場、従業員は約1000人。
いまやエルメスなどと同等のブランドとして、
富裕層から評価をされています。

カジュアルな普段着をカシミアで、
つまり日常生活の質を向上させることに同社の狙いがあるそうです。



そして85年に本社を移転したソロメオという町は、
当時中世の崩れかけた建物が目立つさびれた町でした。
しかしそこでこの会社が行った事業はすばらしい。


社員食堂は、気楽な大衆食堂風に。
現場の従業員にもイタリアの工場労働者平均より20%高い給与を払います。

ソロメオの街の一つ一つの建物、
その周辺の村の教会や道路も、
同社が修復していきました。

修復するだけではなく、
スポーツ施設や劇場も造り、
新しい時代の街の文化そのものをつくることをめざします。

丘の上にある本社の横には、
250人を収容する劇場をつくり、
その前面には古代ローマ庭園を模するスペースも設けます。

また、クラフトマンシップの学校を開校し、
人材育成にも力を入れます。

ルネサンス期の工房が
職人=芸術家=文化の創造者であったことを参考に、
本業のニット技術だけでなく園芸や左官のコースも設けています。

生徒には奨学金を支給、
また一般向けのアカデミアという教養や語学あるいはダンスなどを学ぶ機会も設けており、
ここは社員も地元民もすべて有料で参加できます。


経営者である、クチネッリ氏は、
以下のように述べています。


「私はブルネッロ・クチネッリを自分の企業だとは思っていません。
 会社と社員の人生をたまたま預かっているのです。
 生きとし生けるものの一部を預かった守衛のようなものです。

 普通、企業のオーナーは失うことへの心配しかしないものですが、
 城の守衛は300年先を考え、建築修復家は500年先まで考えるものです」


経営学者やメディアは彼の経営スタイルを、

「倫理資本主義」

と呼んでいます。


欧州には彼のように、
損得を超えたところにある概念でビジネスをしている人がいます。

そしてわが国日本にも、
武士道精神は損得を超えた概念として存在していたわけですし、
実際クチネッリも、


「欧州の騎士道にあるような言葉は日本の時代小説に、
 またキリスト教の言葉にあたるものは禅宗あたりに、
 日本のビジネスパーソンの頭に自然と入る適訳があるのではないか」

と言っています。


公益経済、
そして倫理資本主義。



世界的に注目されるイタリアのベンチャー企業から学びつつも、
同時に日本のタテイトをたどると大きなヒントがあるように感じます。

縦横無尽に「つくるヒント」はありますね。





安西洋之『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』







(第1374号 平成26年6月19日(木)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1876-f77abbbe
    この記事へのトラックバック



    fx