秋保にワインの里をつくる─仙台秋保醸造所の毛利親房さんの話 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

秋保にワインの里をつくる─仙台秋保醸造所の毛利親房さんの話

2015年07月02日 18:00

つくる仙台には、
起業をめざす人だけではなく、
様々な起業家が訪れてくれます。

起業無料相談をした方のなかには、
その後どうなったかわからない方も多いですが、

しっかり起業され、
事業展開が進んでいると
わざわざきてくださる方もいらっしゃいます。


毛利親房さんもその一人です。

二年前は起業したいという起業家予備軍のお一人でしたが、

着々と準備を進め起業を実現され、
宮城県をワイン産地にしたいという目標を、
現実化させつつあります。


ブドウ畑も秋保にあり、
ワイナリー建設もまもなく。


「秋保温泉という仙台の奥座敷において、
 一人の起業家が新たな名産地をつくる」


そんなことになりそうです。

ウェブサイトはこちらからぜひご覧ください。


⇒ 仙台秋保醸造所



お会いするたびに、
様々な戦略をお伝えしていくわけですが、

着々と事業が遂行されており、
今後が楽しみです。


私も秋保のワインを飲む日が来るのを
楽しみにしているところです。



───────────────────────────
【引用ここから】


「秋保をワインの里に ブランド化目指す」(『河北新報』平成26年11月18日)

 仙台市太白区の秋保温泉周辺で、ワイン醸造用のブドウ栽培に情熱を傾ける男たちがいる。
来年には秋保ブランドのワインが初出荷される予定。
ワイナリーの建設計画もあり、温泉街の新名物にしたいと意気込んでいる。(報道部・佐々木智也)


<来年2月に出荷>
 名取川上流に位置する太白区秋保町馬場地区で板橋次男さん(67)=太白区大野田=は、6年前からワイン用ブドウの栽培に取り組んできた。

 今秋、板橋さんの弾んだ声がブドウ畑にこだました。
「ついにワインに使える質のブドウが実った」。
約1ヘクタールのブドウ畑から9月中旬、赤ワイン用のキャンベルと、白ワイン用のナイアガラの2種類、計約1.7トンを収穫した。

 30年近く農業に従事してきた板橋さんにとっても、ブドウ栽培は初めての挑戦だった。
毎年のように病害や野鳥の食害に見舞われるなど苦労の末、収穫にこぎ着けた。

 ブドウは南陽市のワイナリーで醸造され、来年2月にボトル詰めされる。
出荷見込みは約1200本。
「手塩にかけて育てたブドウが、どんな味のワインに生まれ変わるか、今から楽しみ」と板橋さんの期待が膨らむ。


<脱サラで醸造所>
 ワイン用ブドウは北海道から九州まで全国各地で栽培されている。
宮城県では山元町にあったワイナリーが東日本大震災で被災して廃業。
東北唯一の「地ワイン」空白県になってしまった。

 温泉街のある湯元地区では、ブドウ栽培と併せてワイナリーの建設計画も進んでいる。

 仙台市で会社員だった毛利親房さん(46)が脱サラして起業した「仙台秋保醸造所」はことし4月、欧州種系のメルローなど6品種約1200本の苗木を植樹し、ブドウ栽培を始めた。
今後規模を拡大し、3年後には9000本にまで増やすという。

 ワイナリーはブドウ畑の隣接地に2015年9月の完成を目指す。
初年は他地域から調達した原料で醸造を始め、秋保産ブドウによるワイン造りは翌16年に本格化する見通しだ。
醸造技術を学ぶ研修施設も備える。


<「産業を活性化」>
 毛利さんには震災後、山元町でワイナリーの設立を目指したものの、農地や資金を確保できずに断念した苦い経験があった。

 「ワインには農業や商業、観光など多様な産業を活性化させる力がある」と語る毛利さん。
「山元町で応援してくれた人たちの期待に応えられなかった分、沿岸部の果実を使ったワインも造るなどして宮城のワイン文化を育てていきたい」と秋保町での再出発を誓った。


<メモ>
仙台国税局によると、東北では宮城を除く5県の31製造場でワインなどの果実酒が造られている。
2012年度の製造量は2446キロリットル。
ことし4月には、東北産ワインの消費や輸出の拡大を目指し、官民による「東北ワイン懇談会」が仙台市で開かれた。


【引用ここまで】
───────────────────────────

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1864-c47b3a01
    この記事へのトラックバック



    fx