【再録】非常時のリーダーシップ─ハリケーン・カトリーナとBP原油流出事故の対応に学ぶ - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】非常時のリーダーシップ─ハリケーン・カトリーナとBP原油流出事故の対応に学ぶ

2015年07月01日 18:00

1月号の『ハーバード・ビジネス・レビュー』は、

「本物のリーダー」養成講座

と銘打っています。

スターバックス、グーグル、ゼロックスのCEOの話が載っていて、
これもまた大いに勉強になります。


なかでも興味深かったのが、
元アメリカ沿岸警備隊司令官、タッド・アレンの

「非常時のリーダーシップ」

でした。

彼は、
記憶に新しい、ハリケーン・カトリーナや
メキシコ湾岸原油流出事故の際に

災害対策本部で全体の指揮を執ってきた人で、
ここではインタビュー記事として
掲載されているのですが、

非常時にリーダーはどのようにあるべきか、
多くの示唆を得られます。


まず、原油流出事故が起き責任者に任命されたとき、
これを軍事作戦として対処しようと
考えたのかという問いに対し、

タッド・アレンは、

「それはありえません」

と否定。

通常軍隊では指揮系統が完全に統一されているが、
このように政府全体が対応を迫られている場合、


「必要なのは、各関係者がそれぞれ異なった権限と責任を持っているという事実を考慮しながら、一つの目的の達成に向けてみんなの能力を統合することです。指揮の一元化というよりも、努力の結集を図ること」

と述べました。リーダーのあり方を考えさせられます。


ハリケーン・カトリーナによる被害は甚大なもので、
行政機能自体が途切れてしまい、
物資を受け取って任務に振り向けることができる能力を
持った地方自治体は皆無の状態になりました。

そこで、タッド・アレンは、
大量破壊兵器に対応する時のようなメンタル・モデルになっていた
ことに気づきます。

すなわち、ニューオーリンズ市をいくつかの区域に分けて、
それぞれに部隊を配置、
治安を確保し、地方自治体が担う機能を果たすこと、
つまり、排水作業、戸別訪問による捜索などに重点を置いていきます。


これは、


通常のルールを離れた「掟破り」の決断


です。

ただちに行動をとる必要があるときは、
ルールに従わずに直接命令を下すという、
通常のハリケーン対応のやり方ではない方法をとったわけです。


以前、メルマガでも書きましたが、


「フロネティック・リーダー」は、

「共通の善」という価値基準をベースに、
一般論ではなく、個別具体の判断を適切に行う力、

つまり、そのつどの文脈のただなかで、
最善の判断ができるという実践知


を持っている。



この話の具体例のように思えました。
個別具体的に最善の判断を決定するリーダー。

当然、それは「共通の善」がベースになっているわけですが。


なかなかレベルが高い話です。


タッド・アレンは、
「軍事訓練を受けた人は優秀な経営者になると思うか」
との問いに対し、興味深い答えを述べています。

「軍規にとらわれすぎると、軍人以外の人々への対応で柔軟性を欠くことになるでしょう。

一方で、民間企業にのめり込んで、あらゆることをバランス・シートに絡めて考えるようになると、
偏ったイデオロギーの信奉者になってしまいます。」


そして、彼が言うには、
優れたリーダーシップに必要なのは、


柔軟性

機敏さ

好奇心



この三つがあれば両方の世界で成功することは可能と指摘しました。


このタフそうな司令官の話は勉強になるなあと
思いながら、

平和ボケした日本人の代表でもある私から見ると、
やはり違和感を感じました。

日本の自衛隊の幹部もおそらく持っているだろうかかる資質を、
日本のビジネスリーダーたちは取り入れようとする試みは
していないだろうなあと。

『ハーバードビジネスレビュー』では、
しばしば最近、
軍隊のリーダーシップと経営のリーダーシップの親和性について
論文が書かれていますが、

日本でこの議論は、ないですね。

むしろお互いまったく別の世界のものとして考えられている。

もったいないような気がしました。


今月号には、
「アフガニスタンでの教訓に学ぶ危急存亡時の交渉術」
という論文もおもしろかったのですが、

これはまた明日以降に感想を述べたいと思います。




『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年 02月号』


Feature Articles
「本物のリーダー」
養成講座

スターバックス:誤りを認めるのが、本物のリーダー
スターバックス CEO
ハワード・シュルツ

グーグル:上場しても「らしさ」を失わない
グーグル 会長兼CEO
エリック・シュミット

ゼロックス:正しい後継者の育て方
元 ゼロックス 会長兼CEO
アン・マルケイヒー

HCL:従業員第一主義の経営
HCLテクノロジーズ 社長兼CEO
ビニート・ナイア

自分のアイデアを支持させる技術
ハーバード・ビジネス・スクール名誉教授
ジョン P. コッター

非常時のリーダーシップ
元 アメリカ沿岸警備隊 司令官
タッド・アレン

部下を守る「盾」となれるか
スタンフォード大学 教授
ロバート I. サットン

リーダーが陥る「行動の罠」
シェーファー・コンサルティング 創立者
ロバート H.シェーファー

軍隊に学ぶリーダーシップ講座
ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授
マイケル・ユシーム

HBR Articles
世界は集権化されている
タフツ大学 フレッチャー・スクール 教授
アマル・ビデ

危急存亡時の交渉術
アメリカ陸軍士官学校 非常勤教授
ジェフ・ワイス

環境活動家と渡り合う法
ティンバーランド 社長兼CEO
ジェフ・シュワーツ

環境技術版「ムーアの法則」を生み出せ
クライメート・ウェッジ プリンシパル
アレックス・ラウ
シンディカタム・カーボン・キャピタル シニア・バイス・プレジデント
ロバート・トーカー
在ヒューストン英国総領事館 副領事
ジョアン・ハワード

OPINION
「エートス」の無自覚が社会の無規範を生む
首都大学東京 教授
宮台真司





(第124号 11/1/16発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1863-1ca9c26c
    この記事へのトラックバック



    fx