リーダーは、あえて空気を読まないことがある - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

リーダーは、あえて空気を読まないことがある

2015年06月29日 18:00

組織をまとめていくには、
あるいは組織の一員としてうまくやっていくためには、


「空気を読む」


ことが大事になってきます。


阿吽の呼吸ができる人と仕事をすると、
1+1が3にも4にもなりますし、

空気が読めるメンバー、
なんとなく馬が合うメンバーと仕事をすると、

いい仕事ができるものです。



一方で、
気が合わない人間同士、
間の悪いパートナー、
次の展開を読めない部下

と一緒に仕事をすると、
成果物もひどいものになったりするものです。

たくさんの優秀な人間がいても、
たった一人、
空気が読めなかったりするだけで、
仕事が回転しない、

そんなこともありますね。



しかし、
リーダーと言われる人、
あるいは将来この人はリーダーになるなあという人のほとんどは、


「あえて空気を読まない」


ということができる人だったりします。


まわりが一つの雰囲気に流されていても、
中長期的立場に立って、

たった一人でも異論をさしはさみ、
あえてその場の雰囲気をこわしてみる。

この、


「あえて空気を読まない」


それが、
プロの視点に基いたものであったり、
さらには自分が新しい空気をつくりだす、
そんなことだったりもします。


空気を読むことは、
実は楽なことです。


しかし本当に求めるものがあるときは、

「あえて空気を読まない」

そんなことも必要なのだと思います。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1859-a2249c67
    この記事へのトラックバック



    fx