【再録】百億貯蓄五か年計画に観劇と旅行 ─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その9─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】百億貯蓄五か年計画に観劇と旅行 ─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その9─昭和時代の私の履歴書

2015年06月23日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉

戦後、前身十五組合から出征、徴用に狩り出されていた者が、
一時にどっと戻ってきました。

ふくれあがった職員288人をどう食べさせるか。
大問題となります。

職員を集め、給料を半分にする、
残りたいものだけ残るよう訴えました。

この大きな苦労を乗り越えますが、
終戦の年から翌年一月にかけて、
今度はものすごいインフレに見舞われます。

政府は、

「モラトリアムは絶対に行わない。
 インフレ防止のため、貯蓄増強につとめられたし。」

と依然として貯蓄増強を訴えるだけ。

城南信用組合も、

「新日本建設貯金」
「年末貯蓄増強運動」

を実施します。


しかし実は、この間に政府はひそかに、
悪性インフレ対策として「緊急措置」を計画していたのでした。

小原も市信組の代表として、やがて、

「財産税調査立案に関する委員会」

の委員をおおせつけられます。

構成メンバーは、

大蔵省主税局長池田勇人、
国税二課長前尾繁三郎ら、

民間側は鉄鋼関係をはじめとした業界代表、学識経験者ら、計14,5人。


審議事項は秘密とされますが、
小原は有力者から訪問されても、
わが家はもちろん、

城南信用組合に対しても、
その対策を講じるような言質は与えなかったのでした。


そのころの池田はスマートな首相時代とはちがって、
なりふり構わぬ男ぶり。

ワンマンぶりだけはそのころからあったと。


昭和21年2月、
金融緊急措置令、日本銀行券預入令、臨時財産調査令を公布、
猛威をふるったインフレも、ある期間、鎮静させることができたのでした。


その後新円切り替え、
戦時補償打ち切りに伴う一連の経理措置が打ち出され、
「城南」も大きな難関に出くわします。

組合の資金は、新勘定と旧勘定に分離され、
やがては出資金の九割は切り捨てというハメに陥ります。

このときのことを小原は、出資者に気の毒なことをしたと回想しています。



まさに“戦後処理の期”でしたが、
昭和24年4月「百億貯蓄五か年計画」の一大目標を立て、
五年間邁進します。

“再建─飛躍の期”

でした。

そのときに5億の預金高を、
五年後には百億にしようというのですから、
無謀ともいえる計画でした。


小原は一日、
課長、支店長クラス以上の幹部を湯河原の旅館に自費で招待します。

小原は、この天文学的な数字を達成するには、
職員、特に幹部の“思想”をまとめなければ、
絵にかいたもちで終わると思っていたのでした。


席上、小原が第一次五カ年計画を発表すると、
皆、唖然とします。


「とても、そんな夢みたいな計画は、できるものではない」

との反論。


──────────────────────────────
【引用ここから】

しかし、私は

「反論結構、ともかく、みんなでこの問題をひと晩、ディスカッションしてくれ。

 私としては、戦後の日本をささえるのは中小企業だと思っている。

 政府としても、その点、あれこれ考えているだろうが、
 信用組合としても、彼らにじゅうぶんな資金供給ができるよう努力するのが義務であると思う。

 それに従業員の生活向上も考えなければならない。

 確かに今は厳しい経済環境だが、
 不景気のドン底からはい上がろうとするところにも大きな意義がある……」

と述べて、皆のシリをひっぱたいた。


「できない」「すべきだ」などと、
夜おそくまで議論は戦わされた。

そして、ついに意見が一致した。

「百億、ひとつ、やってやろう!!」


【引用ここまで】
──────────────────────────────


具体的に百億貯蓄をどうすればできるか、
各人各様の意見が出されましたが、

要はいかにして貯金の楽しみを教えるかでした。


小原はこうした人間心理を踏まえ、
観劇、続いて旅行への招待を景品にした月掛け貯蓄戦法を編み出しました。


一口十万円にはいった人には観劇、
五口五十万円以上はいった人には、旅行。

観劇、旅行の楽しさを、
次第に貯金の楽しさにすりかえて行こうというねらいでした。


この計画が当たります。


次第に月掛け貯金加入者がふえ、
多いときには七日間ぐらいぶっ続けで劇場を借り切るほどに。

戦後、極端に芝居人口が減っていたころ、
ともかく、一興行、数千人という人間を劇場に送り込み、
また、芝居の興味を与えたことは功績だと小原は回想しています。

劇場も役者も大喜びで、
興行のはじまる前には競って小原のところにあいさつにきたのでした。

旅行招待も、
伊東、湯河原、長岡、修善寺、戸倉、伊香保などを使います。

こちらも最盛期には、五千人の招待客を数え、
客車貸し切りで、一日700人ずつ送り込みました。

一行が駅に着くと、
駅頭には職員はじめ、旅館従業員、みやげ物店員、芸者たちが、

「歓迎!城南信用組合」

の旗を持って勢揃い。
時には芸者が手踊りでこれを迎えました。


この作戦のおかげで、成績はぐんぐんあがります。
そして五年目には百億にこそ達しませんでしたが、


85億


16倍の預金獲得に成功したのでした。



この小原の作戦は、

目標を立てそれに向かって行動することの大切さ、
ただやみくもに営業するのではなく、
ひと工夫を加え顧客に喜んでもらうこと、
話題づくりによる広告宣伝効果など、

起業家にとっては大きなヒントがいっぱいあるように感じました。




続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。






(第1281号 平成26年3月18日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1852-e75fc660
    この記事へのトラックバック



    fx