【再録】城南信用組合の誕生─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その8─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】城南信用組合の誕生─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その8─昭和時代の私の履歴書

2015年06月16日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



昭和20年4月、信用組合25年勤務、
小原は45歳で専務理事に就任(組合長は空席)したのでした。

最初の仕事に城南地区の「信用組合」の合併という大きな問題が持ち上がります。

合併問題は、日増しに激しくなるB29の空襲で、
ようやく真剣にとりあげられはじめます。

戦争末期、「信組」の幹部は毎月のように会合を開いていましたが、

「このままでは、いつ、自分の『組合』が空襲でやられるかわからない。
 それを思うと、預金者に迷惑をかけないという自信は、とても持てない」

皆の頭のなかに、こうした考えが強くなっていったようです。


15の組合を一本にまとめることは、
大崎信組だけでなく、どの組合にも好結果をもたらすことは
十分承知していました。

しかし経営規模からその合併劇を取り仕切る責任は、
当然小原は自分にくると見たので、ことは慎重に構えます。

ゴリ押しすればヘソを曲げるのは明らかだと。


そこで、小原は最初の合併提案(昭和20年2月ごろ)があったのちも、
しばらくはこの問題をほうっておきました。

三月、四月、小原は合併のガの字も言いません。
次第に皆がじれてきました。

組合長によっては「どうして早く合併しないんだ」と電話で文句を言ってくるありさま。
そのころになると城南地区の空襲は一段とひどくなっていたので、
皆、気が気でなくなっています。


<ころあいよし>

小原はかねて用意した無条件の対等合併案をもとにして本格的に動き始めます。

ところが皮肉にも五月、五反田地区が空襲に遭い、
しばらくはそれどころではありませんでした。

大崎信用組合は被災を免れたものの、
組合員、預金者の大半は、工場、店舗あるいは住居を失ってしまったので、
大きな資金需要が押し寄せるのは明らかでした。


小原は思いたって、単身、農林中央金庫の門をたたきます。

「三千万円貸してほしい」

これだけの金を借り出すには、
それに必要な資格証明、印鑑証明、実印といった手続きがいるはず。

ところが荷見理事長は、
小原のふちのかけた認印一つでポンと三千万円を出してくれたのでした。


日ごろ、住居が西品川で近く、顔見知りであったとはいえ、
荷見のこの態度に小原は驚きもし感謝もしました。

おかげで、被災組合員、預金者には、
なんら迷惑をかけることもなく支払うことができます。


信用組合の合併問題はその後もなかなか進まず、やっと合併調印にこぎつけたのは、
終戦五日前の8月10日のことでした。

大崎、品川、大井、大森、入新井、馬込、池上、蒲田、六郷、矢口、羽田、荏原、碑衾、駒沢、砧の十五市信組は、

新しく


「城南信用組合」


として誕生しますが、この合併調印があと五日遅かったら、
今日の「城南信用金庫」があったかどうか、あぶないところでした。

次に来る問題はだれが初代理事長になるか、でした。
前身組合の大きさからいえば、それは小原のもとにくるのが当然ですし、
事実、小原にその話が来ました。


しかし小原は考えます。

自分はまだ45歳。

それに引き換え合併した14人の元組合長は、
自分より年配者ですし、それぞれの地区では第一人者。

いまトップに立つということは、
言うなれば山の頂上に登ったようなもので、あとはおりるほかない。

すると、これは、
小原が信用組合にいる“寿命”が短くなることを物語っているわけです。


小原は組合長就任の要請を断って、
かわりに元六郷信用組合の代田朝義氏を、
副組合長には元入新井信用組合の酒井熊次郎氏を推薦、
小原は専務理事におさまることにします。


しかし合併したての上、まもなく終戦を迎えただけに、
専務理事の仕事もまた容易ではありませんでした。

信組信金生活の第二の苦難時代であったと小原は回想しています。


戦争のおかげで信用組合は、ただの“貯蓄機関”と化していました。
貯金総額は1億6900万円でしたが、
貸出金はわずか1350万円。

また、合併したての組織体ということもあり、
頭でっかちに陥って人の和がとれていませんでした。

新理事は“一国一城の主”でしたから、
ともすると、信用組合の話より政治のほうに関心が。

自由党がいい、進歩党に期待すべきと、
戦後の民主主義国日本の政治体制について論じ、
時に大声で役員室で張り合っていました。

そのうち、前身十五組合から出征、徴用に狩り出されていた者が、
一時にどっと戻ってきます。

ふくれあがった職員288人をどう食べさせるか。
大問題となります。


──────────────────────────────
【引用ここから】


そこで、私は一日、職員を集めて言った。

「現在の状態では、
 君たちに半分の給料しかあげられない。

 預金はあるが信用組合である以上、
 欠損の決算を出すわけにも行かない。

 君たちには気の毒だが、
 この際、いい転職先があったら移ってほしい」

しかし、やめて行った者は数えるほどで、
残った職員は、皆

「それで結構だから、一緒にやらしてほしい」

と言うのだ。

これには、私も困ったが、また、感激もした。
そして言ったものだ。

「今は苦労をかけるが、
 そのうちみんなをきっとりっぱな自動車に乗せて送り迎えする……、
 がんばってくれ」


【引用ここまで】
──────────────────────────────


大きな苦労を乗り越えていく小原でした。



続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。







(第1267号 平成26年3月4日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1844-f795bc10
    この記事へのトラックバック



    fx