法匪を排す - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

法匪を排す

2015年06月14日 18:00

「法匪」という言葉があります。

「匪」は悪者、の意味であり、

法律の文理解釈に固執し、
民衆をかえりみない者をののしっていう語


とされています。


4年前の震災のとき、
あれは緊急事態でしたが、
その場その場での
個別具体的な判断が求められているときに、

行政側の判断で、
「規則で決まっていますから」と、
通常のルールを適用したため、

多くの善意が被災者のもとへなかなか届かず、
また、困難がさらに困難を呼んだことを思い出します。


ルールを守ることは大事ですし、
社会のみんなで作り上げてきた規則・慣習が、
私たちの暮らしをよりよいものにしてきたことは事実です。


そうであるからこそ、
いまあるルールは何のためにあるのかを考え、

ルールを守ったがために、
そのルールを定めている世のなかが破滅することははたしてないだろうか、

丁寧にきめ細やかに考え、
議論をしていく必要があると思います。



私たちが平和に暮らせる日常においては、
ルールを守って暮らすことが当然必要です。

法律に定められた通り、
世のなかが動いていくことが平和の前提ですが、


政治の世界においては、
いまあるルールがはたして実態に合っているのか、
新たな問題に対応できていなければ新しいルールをつくる必要もあります。


この、ルールの細かな議論をできることは平和なことで、
ありがたいことです。


しかし残念ながら世の中は平和な場所ばかりではなく、

正しいルールの議論を喧々囂々としている二人を、
一瞬にして射殺して逃げていくようなならず者もいないわけではありません。


正しいルールの議論もふまえた上で、
その世界を超越した世界にも目を向けていくことが、
政治の世界には必要なのだろうと思います。


法律を学んだ者こそ、
「法匪」になってはならない、

そう思います。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1840-ccb56b87
    この記事へのトラックバック



    fx