【再録】戦時に信用組合のトップへ─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その7─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】戦時に信用組合のトップへ─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その7─昭和時代の私の履歴書

2015年06月09日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



五反田に育った産業人は、
苦労している人間が多いだけに気骨のある経営者が目についたようです。

そんな経営者に小原が、
担保ではなく「人」に金を貸しました。


昭和12年日華事変が始まると、
五反田界隈は軍需景気で一段と賑わいをみせます。

それに伴い信用組合の実績も順調に伸びますが、
仕事の面から言うと、「貯蓄奨励」ばかりさせられていた
“つまらない時代”でした。

小原は人一倍忠良なる日本人として
「組合報国」の念に燃えていた方であるから、
有力者を貯蓄奨励委員にする、
各町会別、業者別に座談会を開催するなどしてこまめに金を集めました。

しかし戦争は長期化、ついには太平洋戦争突入となります。

町は次第に戦時色を一段と濃くし、
工場はそのほとんどが軍需工場に転換させられます。


小原は第二乙種補充兵、信用組合の“重要人物”ということで、
兵隊にも、徴用にも引っかからずに済みました。

太平洋戦争末期には、
昭和17年金融統制団体令─組合金融統制会の設立となり、
ここに金融機関の自主性は失われてしまったのでした。

しかし昭和18年、
組合員外の貯金も取り扱えるようになり、
「大崎信用組合」が手形交換所に加盟できたという収穫もありました。

組合の小切手が堂々と金融市場を闊歩した、
画期的な出来事だったようです。



戦争中、小原は野菜作りをすることを思い立ち、
「小原菜園」として大いに訪問客でにぎわいます。

毎朝五時に起きて出勤前に、
日曜日はおおむね野菜作りの仕事。

昔取った杵柄で、三百坪の空き地に、
トマト、ナス、キュウリ、ごぼう、にんじん、小松菜、小麦などの種をまいたのでした。

ボランティアで好きなだけどうぞと提供したようです。


そんなある日、昭和20年2月、
組合長の立石さんから全役員13人と小原に招集がかかりました。

そのころの立石は糖尿病で寝たり起きたり、
自宅で病気療養に専念していましたが、経過はあまり芳しくありませんでした。

自宅にうかがうと、立石はおもむろにこう口を切ります。


「私も、もうこんなからだだ。だれかにあとを任したいと考えていたが、
 この際、小原君にやってもらおうと決心した。

 私は小原君を信用組合の創設当時から仕込んできたが、
 彼ならもう大丈夫だ。」


小原は自分の耳を疑います。
これまで組合長の実務を代行していましたから、
自信はあったものの、
役員の中には、年齢といい、肩書と言い、りっぱな人がたくさんいました。

おそらく「次は私の出番」と思っていた人もいるはずです。
ところがそうした人々を飛び越して、
若僧の小原に後継者の白羽の矢が立ったのでした。


小原は謹んでこれを受けました。
時に昭和20年4月、信用組合25年勤務、
45歳で専務理事に就任(組合長は空席)したのでした。


それからしばらくして立石は亡くなりました。
享年75歳。

敗戦を知らずして亡くなられたのは幸せであったとも言えました。


厳しい社会状況のもと、
小原は信用組合のかじ取りをとることになります。






続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1834-991466b2
    この記事へのトラックバック



    fx