【再録】人間が担保である─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その5─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】人間が担保である─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その5─昭和時代の私の履歴書

2015年05月26日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



小原は夢中になって勉強しました。
夜に遊び、夜に学ぶ。

しかし大正9年以降の慢性的不況は一段と深刻化し、
昭和2年に金融恐慌を迎えます。


倒産第一号は広部銀行。
広部清兵衛という人は、不動産鑑定では日本一の権威者でしたが、
不動産への投資が過ぎたのでした。

それから古河銀行、安田貯蓄銀行などまで取り付け騒ぎに。
続いて、鈴木商店、台湾銀行。

こうした混乱は全国の産業組合にも影響してきたので、
産業組合中央会は、

資金融通の便と貸し出し抑制、
引き出し制限などを指令してきました。

大崎信用組合にしても、取り付けにあったらこれに応ずることはできません。

そこで小原は、
組合員の総代会を開いて、組合の立場を説明、
一方では皆のハラのなかを聞きました。

そして出た総代会の結論は、

「出資金、預金の払い出しを請求する者が出てきたら、
 払ってやればいいじゃないか、
 われわれがそれ以上の金を持ってくる」

でした。


当時、

出資払込金は、35万2,083円
貯金総額は、96万3,062円
貸付金総額は、114万9,833円

でした。

───────────────────────────────
【引用ここから】

おそらく、その日出席した組合員の中にも

「この際、出資金を引きあげよう」

という気持ちの者もいたに違いないが、
大多数の組合員は私のことばを信じて、
かえって協力を約束してくれるまでになっていた。

だから、昭和二年四月二十二日から三週間にわたってしかれたモラトリアムにおいても

「大崎信用組合」は当日

「どうぞ、ご希望の方は、いくらでもお引き出し下さい」

とはり紙を出したほどである。


組合員が協力を約束してくれる以上、
会員組織である「信用組合」に取り付けの心配はまずない。

しかし、「もしかしたら・・・」
といういちまつの不安がなかったと言えばうそになる。

だが、ふしぎなもので、
こうしたはり紙を出したことが、
かえってみんなに安心感を与えたのだろう。

一般預金者でさえも姿を現わさなかった。


【引用ここまで】
───────────────────────────────


この年、例年に比べて資金量は伸び悩みますが、
それでもなお、約20万円の増をもたらします。

しかも翌三年には、事務所として鉄筋コンクリート四階建て(約五百平方メートル)、
当時としてはきわめて近代的なビルを建築したのでした。



小原は昭和5年4月に産業組合中央会主催の
雄弁大会で一等をとります。

そのころの主張は終始持ち続けた思いだったようです。


担保主義、それは金融機関として自己を守る手段として当然なことかも知れないが、
自分の城を守る利潤を追求する前に、

金融機関というものの使命は、
企業を育てる、国民生活を向上させるという義務があるはず。


小原は“人間が担保である”という考えでこれまで進んできました。

「人の性は、これ善なり」


担保を取って金を貸すのとそうでないとでは、
受け取る側のありがた味に雲泥の差がある。

「そこまで、この私を買ってくれるのか」

この気持ちが事業に大きな作用をもたらすのであると。


それから、融資する金は、少なくても、
また、多くてもいけないと小原は述べています。

少なければ、足りない分を高利の金融機関に求めることになるし、
多ければ多いで、また貸ししたり、別事業に手を出しかねない。

あくまで、その人間、器量に応じた融資態度が必要であると。


小原はここで徳川家康が天下をとったときの

“論功行賞”

に示唆するものがあると言っています。

三河以来の家来の一人、
近藤登之助には、わずか五千石しか与えていないのでした。

彼とて大きな功労があったはずでしたが、
それは家康がケチだったからではありませんでした。

家康は彼を「それだけの力」しかない男である、
それ以上の知行を与えるとかえって人間をダメにすると見たからなのでした。


昭和6年秋、満州事変の勃発で五反田周辺は、
中小工場の進出でにぎわい、

「大崎信用組合」

は一転して、
これらの工場育成という大役に取り組まねばならなくなりましたが、
小原はこの「融資哲学」で事に臨んだのでした。


それでは、
小原は具体的に中小企業にどのように融資をしていったのでしょうか?



続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。









(第1239号 平成26年2月4日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1818-24c39745
    この記事へのトラックバック



    fx