「初一念」と「人の心を正す」 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

「初一念」と「人の心を正す」

2015年05月08日 18:00

「その心におこりて、その事に害あり」

つまり、


「誤った考えがその人の心に起こると、
 必ずその人の行動の上に弊害が現れ、

 その人の行動の上に弊害が現れて来ると、
 その人の行う政治の上にも弊害が現れてくるものである。」


ということです。


この言葉は公孫丑の

「浩然の気」

の章にも出ており、

たとえ聖人が再びこの世に現れても、
必ず私の言葉に賛成するだろうと
孟子は自賛しています。


これは孟子生涯の得意の言葉でした。



孟子が「その心におこる」といっているのは、
初一念のこと、つまり最初に思い立ったこと、

「初志」

です。


人は初一念が大切であって、
これはその人の一生、どこまでもついて回るから、

もし悪い初一念が政治の上に現れるようになると、
その弊害は最も顕著なものになってきます。


いま、学問をするものの初一念について見ても、
いろいろあるもので、

そのなかでも、


心の底から道を求めようとするものは上であり、

名誉利益を得ようがためにするものは下です。



それゆえに、
名誉利益を得たいという初一念で始めた学問は、

それが進めば進むほど、
その弊害がはっきりし、

それをいくら広い学識や豊かな文章の力で飾っても、
とてもこれを隠すことはできず、

その結果、
大問題に際し、
自分の一身の進退によりどころを失い、

節義を欠き権勢や財利の前に屈して、
その醜態は口に出すのも忍びないほどになってしまうのです。



職責を勤めるうえにおいての初一念にもいろいろありますが、
そのうちでも、

道義を実行して国恩に報ずるために努力するのは上であり、
自己の立身出世のために努力するのは下です。


この初一念も、
志がかなって次第に官が進むにつれて、
ますます明らかになってくるものです。

そのほか、何事によらず、
初一念が大切
なのです。


およそ書物を読み、官職に任ずる人物は、
自身でわが初一念はどうかと深く反省し、

その誤っているところを改めて
善に移ることに努力せねばなりません。


しかしそのためには、
百万もの大敵を平らげる大勇を持つのでなければ、
この悪を強くこらしめることはできません。


「涓涓を塞がざれば遂に江河となる、
 両葉を断たざれば斧柯を用ひん」

小さな流れのうちに塞いでおかないと、
揚子江や黄河のような大きな川になってしまいます。

双葉のうちに切ってしまわないと、
斧やなたを使わなければならなくなります。


すなわち、
悪は初一念のうちに断たなければならない
ということを言ったものでしょう。




「我も亦人心を正し」、

全章の主意はこの一節にあります。

この一節はまた、

「人の心を正しくする」

の一句に帰着します。


孟子が生涯自ら任務としたところも、
ここにあるのです。


孟子は、邪説がほしいままに行われて、
人の心の正しい働きを傷つけることは、

洪水・猛獣の災難よりもひどく、
野蛮人の侵入、逆賊が君の位を奪ったりすることの禍よりも悲惨と言っています。


それゆえに孟子は、
深くこのことを憂いて、
これを救おうと努力したのです。


さらに現在(渡辺注::幕末期)の問題で、

今日、諸外国が争って来航することは
国家の大問題ではありますが、
深く憂えるには足りません。


今日、深く憂えねばならぬことは、

「人々の心が正しくないこと」

です。


もし人の心さえ正しかったならば、
すべての人々がみな生命を投げ打って、
それによって国家を守ろうとするのです。

そうであれば、勝ち負けや出来不出来はあったとしても、
急に滅亡するには至らないのです。


それに反して、
もし人々の心がまず正しくないならば、

一戦を交える前に、
国中が外国に服従するに至るでしょう。



今日、もっとも憂うべきは、
人の心が正しくないということなのです。




近年、わが国の態度は、
外国に対して国家の体面を失うものが少なくありません。

その理由は、不遜の言葉ですが、

幕府や諸藩の将士の心が正しくなくて、
そのため、国のために忠死することができないからなのです。

ですから、
孟子が今日の世に生まれたとしても、また、

「人の心を正す」

という言葉のほかには何も言うことがないでしょう。



以上の例から考えるに、

洪水や猛獣の害がひどいといっても、

洪水は押さえることができ、
猛獣は追い払うことができます。


蛮族の侵入や、逆賊が君の位を奪うことは誠に憎むべきものですが、

蛮族は平定できるし、
逆賊は誅罰することができます。

そうであるから、
人心が正しければ、
これらは少しも憂える必要はないのです。


しかし、
もし人心が正しくないときには、

どうして洪水を抑えられるでしょうか、
どうして猛獣を追い払えるでしょうか、
どうして蛮族を平定できるでしょうか、
どおうして逆賊を誅罰できるでしょうか。


これらをどうすることもできず、
ついに天地も暗黒となり、
人道も絶滅してしまうのです。

誠に憂慮に堪えぬことです。



「人心を正す」ことをもって一切の根本。

人心正しくして、
初めて自分の生命をもって
自分の国を防衛しようという決意がわいてくるのです。







ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり、
日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。





関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1801-152cf70e
    この記事へのトラックバック



    fx