【再録】貴族院廃止を主張する少年─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その2─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】貴族院廃止を主張する少年─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その2─昭和時代の私の履歴書

2015年04月28日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


小原鐵五郎は、元気に少年時代を過ごし、
大言壮語の子供でした。

しかし謹厳な父にとっては、
子供のくせに大きなことばかり言う、と、

「そんな能書きばかり言っているなら、
 品川の天竜寺前に行け」

とおどされたのでした。

天竜寺とは南品川、
そのころ、大勢の乞食がたむろしていたところでした。

しかしそこの乞食はただの乞食ではなく、
「天下の乞食」でした。

その昔、徳川幕府は“あやしげなる人物”を高輪の大木戸の中へは一歩も入れようとしませんでした。
したがって、志を抱いて江戸をめざした浪人あるいは不始末をして国元を飛び出した武士も、ここで足止めをかけられたものでした。

勢い近くの天竜寺に巣食って乞食生活。

しかし

「おれはただの乞食ではないぞ」という自負がありました。

たき火を囲み、天下国家のこと、
大いに並みいる連中に吹く、この名残が当時もあり、
天竜寺前には「天下の乞食」が集まる「名所」となっていたのでした。



ある日、小原少年は、おじと雑談から「二院制」の議論に発展します。

当時の日本の国会は衆議院と貴族院の二院制でしたが、
小原少年は、

「華族や多額納税者たちが、選挙もしないまま選出されているような貴族院などは廃止すべきである」

と主張。

これを聞いておじは激怒します。

「子供のくせに何を生意気言ってるか」

日ごろ地元出身の高木正年代議士(民政党)の熱心な支持者で、
ひとかどの政治通を自認していたおじにとって、
腹が立ったらしく。

12,3歳の少年と40男の間で、論争が続き、
見るに見かねた父が、小原に雷を落としたのでした。


しかし小原は大言壮語ばかりしていたわけではありませんでした。
毎朝二時起きして、荷車の後押し。
野菜を京橋あるいは神田の市場まで運んだのでした。

重労働が終わってから小学校へ。
しかし少しもつらいとは思わなかったのでした。

第一日野小学校。
明治11年開校の古い学校でした。

ちょうどこの跡地が、城南信用金庫の本店とその後なります。


真冬も寒い校舎、近所の日蓮宗大学(のちの立正大学)に出かけてテニスのパンクボールを拾って遊んだりします。

しかし小原は、

「人間は必ずしも、豊かな環境があるから育つのではない」

と述べています。
朝早く起きて荷車押し、学校から帰って田畑の仕事の手伝い、
予習、復習する時間もないから、自然、学校で先生の授業に耳を澄ませたと。

先生も授業中よそ見をしたり、いたずらをした生徒には、
遠慮なくむちでたたいたし、生徒もまたたたかれたと言って、
両親に「報告」するバカな者はいなかったと。

そんなことをすれば改めて両親からも罰を受けるからでした。


大正3年、小原は小学校を卒業します。
成績は悪い方ではなかったので、上の学校に行きたかったのですが、
それはかなえられることではありませんでした。

当時の農家には、

「農民のせがれに学問を与えると身上をつぶしてしまう」

という考えが根強く残っていたのでした。

事実、上の学校を出た村の青年たちは農業を嫌って、
村役場に勤めたり、サラリーマンになっていましたが、
すぐ、遊ぶことを覚えていました。


小原は卒業した次の日から、当然のように田や畑の仕事に精出します。
しかし五男坊。将来田畑をわけてもらってもたかが知れている。

独立して、何か社会に役立つ仕事がしたいなという気持ちは漠然と小原の心の中にあったのでした。


しかし当時、一人の若者が独立するには、
徴兵検査を終えることが一つの大きな時間的区切りでした。

大正8年徴兵検査を終え、
小原の運命は大きく開けてきたのでした。


続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。













(第1218号 平成26年1月14日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1796-20c26930
    この記事へのトラックバック



    fx