GWに読むオススメの本その2(終) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

GWに読むオススメの本その2(終)

2015年05月03日 18:00

ゴールデンウィークはみなさんいかがお過ごしでしょうか。

ふだんは分単位の予定を刻み、
ビジネスに追われている方も、
少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。


このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
そして周囲からおすすめされている本、
そして私の大学の後輩である大西氏おすすめの本を、
お伝えしようと思います。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき、
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。






【5、ドナリン・ミラー著、高橋璃子訳『子どもが「読書」に夢中になる魔法の授業』】


一時期に比べて、
私も本を読む機会が少なくなってきています。

あえて時間をつくらないとだめですね。

一般的に親は子供に本を読んでちゃんと勉強しなさいと言いますが、
その親が本を読んでいないとか、

リビングを見渡すと、
テレビやゲームはたくさんあるけれど、
新聞や雑誌、本といった活字が部屋にない。

結局、子供は親の背中を見て育つので、
まずは大人から本を読んでいくようにしないといけませんね。

私も時間をつくりたいと思います。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

クラス85%の生徒がいつも、州の統一テストで90点以上!!
アメリカの公立小学校で実際に行われている読書の授業とは!?

子どもたちが、本を読まなくなっている。
テレビやゲームのほうが楽しいから。でも、本当にそうだろうか?
大人たちが読書嫌いの原因をつくっていないだろうか?

著者は、アメリカの公立小学校の国語教師。
テスト対策に偏った国語教育が子どもを本嫌いにしていると考え、さまざまな知見を取り入れながら
「年間 40冊」の多読メソッドを確立。
それまで本嫌いだったり、読み書きに問題を抱えていたりした子どもたちを、
大の読書好きに育てあげてきた。

彼女の教室では、子どもたちがバラバラに好きな本を読んでいる。
それなのに、州の統一テストではみんな90点以上をとってくる。
どんな子でも本が大好きになり、成績が上がる本の読み方とは!?

大人の押しつけではなく、自分の興味にあった本を自分で選ばせること。
それが将来にわたって本を読みつづける力になる。
「読書の喜びを伝えたい」という著者の情熱が伝わってくる、大人の読書にも役立つ。

日本語版付録・花まる学習会おすすめ読書リスト141冊付き!

解説者の花まる学習会代表・高濱正伸氏は自身の読書の生育歴を披露しながら、
本書について「この1冊から国語教育が大きく舵を切るきっかけになるかもしれないとすら思っている」と評価したうえで、
最後に「今までありそうでなかった、確かな光明を感じるメソッドである」と締めくくる。

巻末には、日本語版付録として、小学1~2年生向けの26冊、小学3~4年生向けの51冊、小学5~6年生向けの64冊と、
子どもたちが読書好きになる「きっかけ」を与えてくれる、
花まる学習会が厳選したひと味違う読書リストを141冊紹介。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────







【6、佐藤良仁『50歳からの新しい稼ぎ方』】


30代、40代の時期は
転職市場では売り手市場ですが、

次第にそうではなくなってくると言われています。

しかしもちろん、
この少子高齢化の時代、

50代はまだまだ若く、
また60代70代の市場自体が大きいので、
大きなビジネスチャンスを見つけることができます。

この狭間の50代にどのようにして仕事を見つけていくか。

一つはつくる仙台にも多くのシニア世代の方のご相談がありますが、
起業という手法でしょう。

本書ではもうひとつ面白い手法、
「顧問」という位置づけに注目しています。

なかなか興味深いです。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

10年後、今の会社にあなたの居場所はありますか?

残念ながら今の50歳以下は
逃け?きれなかった世代と言われています。

その理由のひとつが年金です。
受給開始は65歳に延ひ?た上に、
いま年金をもらっている人たちと同じ金額をもらえるとは限りません。
それは、今後確実におとずれる超高齢化社会を考えれば明らかです。
もはや年金を当てにすることはリスクと言っても言い過ぎではありません。

実は、そんな年金を当てにできない世代にとって 大事な時期が50代です。
50歳以降にどれだけ稼ぎ続けることができるのか、
これで老後がどんなものになるのかが決まります。

この本では、
会社に頼らず、これまでの経験やスキルを活かして、
生き生きと社会の中で稼いでいる50代、60代を紹介しつつ、
どうすれば稼ぎ続けることができるのかを述べていきます。

50歳という年齢はビジネスマンにとって転換すべき時期。
給与の額もピークを迎え、
出世争いにもほぼ決着がついている。
コースを外れると、出向や転籍、運が悪ければ早期退職も……。

あなたは、10年後も今の会社に居場所はありますか?

もし、今の会社にいることに魅力を感じないのであれば、
外に飛び出して、生き生きと稼いでみませんか?

【引用ここまで】
────────────────────────────────────







【7、伊藤隆『歴史と私 - 史料と歩んだ歴史家の回想 (中公新書)』】


私もまもなく40歳ですが、
近代日本政治史で大学から大学院に行ったこともあり、

歴史家としての道もあったかなと思うこともときどきあります。


それはそれで大変な苦労と努力が必要であったと思いますが、
歴史学の醍醐味、歴史の面白さは、
いまでも十分に楽しめますね。

歴史から、私は多くのことを学び、
実践してきました。

人生の困難も歴史を知っていたからこそ、
なんとか乗り越えてこられましたし、

絶望の淵に立たされてもどこかで、
あの人物の歴史を思えばまだやり直せるなあと、
どこか客観視することができたのも、
歴史を学んでいたおかげかもしれません。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

近現代史研究を牽引した歴史学者が、これまでの歩みを語る。
史料収集からオーラル・ヒストリーまで、歴史学の醍醐味の詰まった一冊。

日本近現代史研究を牽引してきた大家が、八〇年以上にわたる自らの歩みを語る。
若き日の共産党体験、歴史観をめぐる論争、伊藤博文から佐藤栄作にいたる史料収集と編纂、
岸信介、後藤田正晴、竹下登などへのオーラル・ヒストリー…。

その秘話やエピソードは、歴史の面白さを伝えると同時に、
史料を集め、次代へ引き継ぐ歴史家の責任の重さをも物語る。

史料を駆使して近現代史を切り開いた泰斗の稀有な回想録。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────






【8、竹内謙礼『小さな会社こそ、高く売りなさい』】


販売戦略立案の専門家、
経営コンサルタントの竹内謙礼さんによる、

「スモール・プレミアム戦略」(小さな会社が、商品を高く売る方法)

の書。

安くて品質の高い商品を売ることができるのは大企業だけです。
小さな会社はいかに「高くても良い商品」をつくり、売ることができるかにあります。

本書は実際に「高くて良い商品」を売ることで成功した中小企業の事例を紹介。

さとの雪食品株式会社(徳島県鳴門市)が
販売している豆腐「鍋八」の事例はおもしろいですね。

小さな会社の広告は、
「ネット広告」と「ローカル誌広告」まで、
という話もなるほどと思いました。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

値上げをしても、客は逃げません!

経営資源は限られていても、機動力がきく小さな会社だからこそ、できることがある。
「高く売る」にはまず「高く買ってくれるお客」を育てよ。
前著『安売りしないでお客をガッチリつかむ技術』で大反響を引き起こした、
カリスマコンサルタントが、モノやサービスをより高く売る方法を教えます。
小さな会社の実践事例・アイデア・ヒント満載の一冊です。


小さな会社には既存の「経営戦略」「マーケティング理論」は通用しない!

◎高級品を並べるだけではプレミアム商品にはならない
◎買い手は売り手が思うほど価格を気にしていない
◎入り口商品を徹底的に買いやすくせよ
◎経営者と従業員とお客さんは似てしまう
◎販促企画は数で勝負する
◎「お金では買えないもの」に着目せよ

「大きい会社と小さな会社の違いが、金・時間・人の3つだとしたら、
これらをうまくコントロールすることができるようになれば、
同じ市場で大きい会社と小さな会社が互角に戦えるということになる。

つまり、限られた予算を効率的に使い、できるだけ短い時間で結果を出し、
少ない人材で事業を回転させることができれば、
小さな会社にも商品を高く売るチャンスが出てくるのである」(本書はじめに より)。

「金なし」「人なし」「時間なし」でもできる、小さな会社のためのプレミアム戦略教えます。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────






二日間にわたっておすすめ本を紹介してきました。
ゴールデンウィークにこれらたくさんの本を読むことは大事ですが、
GW明けからその知識をどう行動に生かしていくかということが、
重要なのだと思います。

みなさん、どうぞよきゴールデンウィークを!
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1784-35deb5a8
    この記事へのトラックバック



    fx