GWに読むオススメの本その1 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

GWに読むオススメの本その1

2015年05月02日 18:00

ゴールデンウィークはみなさんいかがお過ごしでしょうか。

ふだんは分単位の予定を刻み、
ビジネスに追われている方も、
少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。


このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
そして周囲からおすすめされている本、
そして私の大学の後輩である大西氏おすすめの本を、

今日から複数回にわたってお伝えしようと思います。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき、
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。




【1、齋藤孝『感化する力─吉田松陰はなぜ、人を魅きつけるのか』】


NHK大河ドラマ「花燃ゆ」
では、吉田松陰の妹文が主人公です。

残念ながら吉田松陰は亡くなってしまいましたが、
松下村塾の熱さが伝わってきます。


先生は世の中にたくさんいますが、
こんな先生がいたら、
生徒は無限の可能性を発揮するように思えてなりません。


────────────────────────────────────
【引用ここから】

吉田松陰とは何者なのか?
国家的事業を目立った形で成し遂げたわけでもない。
むしろ失敗に次ぐ失敗の連続の人生。
享年はわずか30歳。成年後の多くは獄中か、自宅蟄居の不自由な身。
それなのに、なぜ彼の生き様は多くの人々に影響を及ぼし続けてきたのか?
教育学者である著者が、松陰の「感化力」に焦点を当て、人物像に迫ります。

どんな人からも学ぶべきことがある!
師弟ではなく友人関係、知識と行動を一致させる、強烈な“ミッション感覚"、
人のいいところを見つける、逆境を逆境と思わない、魂をいつも新鮮に保つ──。
本書は「元祖熱血先生」松陰の魅力を、26のキーワードで読み解く、ユニークな松陰論です。

いざという場面で、「松陰ならどうするか」を考えてみることをおすすめしたい。
あの激烈な生き方を四六時中真似ることは難しい。
まるで死に急ぐような死生観、徹底的に「公」を「私」よりも重んじる美学、
情熱的でどこまでも純粋な行動原理といった松陰の人間性は、とても現代人には真似できないし、
しないほうがいいかもしれない。

だが、「五%」の時間だけ、“留置まし大和魂"を受け継いだ気分になってみてはどうだろう。
居ても立ってもいられないような、ポジティブな力を与えてくれるに違いない。(本書より)

【引用ここまで】
────────────────────────────────────



【2、山下柚実『なぜ関西のローカル大学「近大」が、志願者数日本一になったのか』】


世界初のクロマグロ完全養殖、レストラン経営、
ライブ会場のような入学式などで話題となった、
近畿大学(近大)の経営に迫った一冊。


最近ことあるごとに近畿大学が話題になるので、
気になっていました。

1年間で作成したプレスリリースの数が233本、
うち記事となって掲載されたのは117本(掲載率50.2%)。

従来の学校法人ではありえないような手法で、
経営者や広報の分野の勉強になる本。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

堀江貴文さん推薦! !
「大学なんて東大以外に行く意味ない。でもこの本を読んだら、近大はあってもいいかもしれないと思うだろう」

「世界初のマグロの完全養殖」と「志願者数日本一」という二つの快挙を成し遂げた裏側には、周到な準備と徹底した改革があった──ビジネスのヒントがたくさん詰まった著者渾身のノンフィクション!

【目次】
はじめに──近大の「なぜ」には「理由」がある

第1章 志願者数トップの理由
1 なぜ、女子の感性にアピールできたのか
2 なぜ、受験料を割引いたのか
3 なぜ、志願者数日本一になったのか

第2章 近大マグロを誕生させた大学力
1 なぜ、大学のレストランに大行列ができるのか
2 なぜ、水産研究所がベンチャー企業を作るのか
3 なぜ、大学が大ヒット商品を生み出せるのか

第3章 教育と経営が共存する秘訣
1 なぜ、大学の入学式を芸能人がプロデュースするのか
2 なぜ、論文や研究を社会につなげていくのか
3 なぜ、大学が稼ぐのか

第4章 若者の心をつかむ情報発信力
1 なぜ、近大の記者発表が注目されるのか
2 なぜ、頻繁にニュースリリースを出すのか
3 なぜ、大学がブランドを構築するのか

第5章 近大が日本一へと躍進した原点
1 なぜ、「スーパーグローバル大学」に選ばれなかったのか
2 なぜ、「英語村E3〔e-cute〕」は成功したのか
3 なぜ、「ガバナンス」が必要だったのか

【引用ここまで】
────────────────────────────────────



【3、佐藤信之『新幹線の歴史 - 政治と経営のダイナミズム (中公新書)』】


鉄道と政治、
鉄道と経営という観点は、
非常に面白いエピソードがたくさんあるわけです。

私も修士論文のなかで、
船岡駅と政友会候補に対する地元有権者の投票行動を書いたことを思い出しました。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

輸送力増強のために誕生した東海道新幹線、
国土開発を目的とした東北・上越新幹線、
迷走する整備新幹線、そしてリニアまで、秘話満載

なぜ東海道新幹線の開業後に三島駅が新設されたのか?
なぜ九州新幹線は南の端から飛び地的に開業したのか?
なぜ北陸新幹線は金沢までの開業なのか?

本書は、2800kmにおよぶ日本の新幹線網が、
いかに政治と経営の相克のなかで建設され、
国鉄・JRや地域社会に与えた影響はどれほどだったのかを解説。

さらには、北陸新幹線・北海道新幹線・中央リニアなど、
今後の新線が何をもたらすのかまで紹介する。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【4、井上和弘『儲かる会社をつくるには赤字決算にしなさい---会社にお金を残す32のコツ】


経営者の大事な仕事に資金繰り、
キャッシュフロー計算があります。

つくる仙台も会計が複雑化してきましたし、
クライアントの会社の多くも発展してきているので、

日々さらなる勉強が必要です。


強い会社はなぜか赤字、
そう言われるとどういうことかと不思議に思うかもしれませんが、

会計の勉強をすればするほど、
こうした勉強が大事だと感じます。

専門家の先生方にいろいろと教えていただきながら、
起業家の成長をお手伝いしていきたいと思います。

小規模事業者、中小企業経営者の方には、
ぜひご覧いただきたいと思います。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

■強い会社はなぜか赤字 お金を残す秘密とは?
■赤字にしたら、銀行の評価が上がる!
■経営書の名著『カネ回りのよい経営』の著者が明かす絶対に会社をつぶさない方法
■タブーだった「銀行」「国税庁」に交渉できる(秘)ノウハウが満載!

キャッシュを残すには、収入を上げるか支出を減らすしかない。

国内人口が減少し、海外との競争が激しくなる中で、収入を増やすことは困難だ。
一方、支出を減らして資金流出を抑えることは意外に簡単にできる。

資金の社外流出をストップさせる手段が、赤字決算である。

資産売却やオフバランス化、新しい減価償却制度の活用など、
正当な手法で赤字決算することで、銀行からも評価され、
キャッシュリッチな会社になる方法を伝授する。

さらに、銀行と交渉して金利や担保条件などを自社に有利にする方法、
税務調査の断り方や効果的な否認方法など、

これまで企業にとってはある種タブーと言える相手と、きちんと交渉できる(秘)ノウハウも紹介。
目からウロコの1冊。

普段はあまり気にしない「借入返済」と「税金」という2大キャッシュアウトを抑えれば、
お金持ち会社に変身できる。

99%の社長が知らない衝撃の真実!!
赤字にしたら、銀行の評価が上がる!
税金も払わなくていい!無担保・無保証は当たり前!税務調査も怖くない!
「銀行」「税務署」マル秘交渉術。

【引用ここまで】
────────────────────────────────────



おもしろそうな本がいっぱいあります。

オススメの本がありましたら、
ぜひみなさん教えてください。

明日に続けます。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1783-06714f35
    この記事へのトラックバック



    fx