【再録】我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり─ネルソン・マンデラ南アフリカ元大統領 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり─ネルソン・マンデラ南アフリカ元大統領

2015年04月19日 18:00

明日で震災から三年となります。

仙台に住む私にとっては、
この三年間は激動の三年間でしたし、

多くの日本人にとっても、
震災は大きな影響を与えたものと思います。



津波によって家を失い家族を失った方々、
そして原発によってふるさとを失った方々、

そして今なお震災により行方不明となっている2,636人のご家族の方々、

それぞれの思いを、
身近に感じている一人として、

人生のむずかしさ、
運命のなんと残酷なことかということを感じずにはいられません。




しかし、この三年、
私自身も震災以降、

選挙の落選や起業のむずかしさなど、
多くの苦難をみずから経験して思うのは、


人の一生や日々の生活は、自分の力で切り開くことが出来る。
いまおかれている境遇も、自分の心の通りに変わっていく。


そんなことを感じています。
一口に言っても、
そう簡単なことではありませんし、

苦難はいまでも私に毎日のように降りかかってきていますが、
それでもやはり、

「運命は自らまねき、境遇は自ら造っている」

のだと感じています。




さて南アフリカに、
ネルソン・マンデラという政治家がいました。

──────────────────────────
【ウィキペディアより引用】

ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ(1918年7月18日 - 2013年12月5日)は、南アフリカ共和国の政治家、弁護士で

ある。
大統領(第8代)、下院議員(1期)、アフリカ民族会議議長(第11代)を歴任。

賞歴としてネルー賞、ユネスコ平和賞、アフリカ賞、サハロフ賞、ノーベル平和賞、国際検察官協会名誉章受章など

。称号には名誉法学博士(早稲田大学)など。南アフリカ共和国での愛称はマディバ、タタ(父)。


若くして反アパルトヘイト運動に身を投じ、1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受ける。
27年間に及ぶ獄中生活の後、1990年に釈放される。
翌1991年にアフリカ民族会議(ANC)の議長に就任。デクラークと共にアパルトヘイト撤廃に尽力し、
1993年にノーベル平和賞を受賞。

1994年、南アフリカ初の全人種参加選挙を経て同国大統領に就任。
民族和解・協調政策を進め、経済政策として復興開発計画(RDP)を実施した。
1999年に行われた総選挙を機に政治家を引退した。

【引用ここまで】
──────────────────────────


なんと46歳で終身刑の判決を受け、
27年間獄中生活を送った政治家です。

人生の絶頂期といえる時期を獄中で過ごしたわけです。

そしてマンデラはこの時期に結核を始めとする呼吸器疾患になり、
石灰石採掘場での重労働によって目を痛めます。

しかし収監中にも勉学を続け、
1989年には南アフリカ大学の通信制課程を修了し、
法学士号を取得します。


27年間獄中生活を送っていたとき、
マンデラはどんな気持ちだったのでしょうか。

もう世間に出ることはないと
絶望的になっていたのでしょうか。



1994年、
南アフリカを舞台にしたネルソン・マンデラ氏が主人公映画「インビクタス負けざる者たち」
が公開されました。

その映画の中にも出てくる、
マンデラの過酷な獄中生活を支えたといわれる「詩」があるそうです。


_______

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇

私はあらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしなかった

運命に打ちのめされ
血を流しても
決して屈服はしない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる

だが、長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと

私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官なのだ
_______


これは、ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの詩だそうです。


我が運命を決めるのは我なり、
我が魂を制するのは我なり



この詩を糧に、27年間自らの魂を制したことで、
釈放後、政治家として素晴らしい業績をあげたのでしょう。



自分の運命を決めるのは自分。
自分の魂をコントロールするのもまた自分。



毎日大変な日々ですが、
自らに言い聞かせていきたい言葉です。




インビクタス / 負けざる者たち [Blu-ray]
モーガン・フリーマン (その他), マット・デイモン (出演), クリント・イーストウッド (プロデュース) | 形式:Blu-ray








(第1273号 平成26年3月10日(月)発行)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1780-59f2edf2
    この記事へのトラックバック



    fx