口先だけの言葉を責める - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

口先だけの言葉を責める

2015年04月15日 18:00

昔の中国には、
井田の法や十分の一税の法がありました。

戦国時代になっては
いかに税が苛刻になったか、
容易に察せられます。


しかるに今、
突然この収穫の十分の一に当たる税をかけるだけにして、

そのうえ関所の通行税や
市場の商品税をも止めようとすることは、
簡単に実行できることではないのです。

だいたい、国家の経費には限度がありますから、
非常な節約を行うのでなければ、
数百年来続けてきた税法を軽減することは困難です。



宋の大夫の戴盈之が孟子に向かって、
来年を待って減税を断行しようといったことは、
大勇断と言わねばなりません。

しかるに孟子は、
かえってこれを、

「毎日隣の鶏を盗むものが、これを月に一羽に減らし、
 来年を待って止めよう」

というのに等しいと批判したのは、ひど過ぎはしないでしょうか。


私(吉田松陰)が考えるのに、
井田の法、十分の一税が廃れて久しくなった今日、

大勇断をふるって非常な節約を行うのでなければ、
なかなか減税はできないことであるのに、


戴盈之が気楽にこれを言ったのは、

これは口先だけのことで、
心の底からのものではありません。


それゆえに、孟子はこれを否定したのでした。



試しに、斉の宣王が親に対する三年の喪を、
その期間を短くしようと思った話の趣旨を比べることによって、
これを理解することができるでしょう。


あるとき、
宣王が喪の期間を短くしようと思ったので、

公孫丑が孟子に、


「三年間服さないでも、期、すなわち一年間服するならば、
 止めるよりはましでありましょうか。」


とたずねたところ、孟子は、


「それは、ちょうど、
 兄のひじをねじり上げようとしているものに向かって、
 そのように強くねじることはいけないから、
 ゆっくりするのがよかろうというものだ。

 それは弟たるものに教える道ではない。

 その弟に対しては、
 根本の教えである、

 孝弟の道

 を教える外に方法はあるまい。

 それと同様に、子たるものが
 親の喪を短くすることが誤りであることを理解したならば、
 必ず三年の喪を勤めるようになるはずである。

 一年で止めるべき道理はない」


と答えたのでした。


この章において、

現行の過酷な税法が道理に反していることを知ったならば、

ただちにそれを止めるべきで、
来年を待つべきではない、

というのがこの章の本意なのです。




以上から見て、

戴盈之が真に民を愛する真心があって、
節約を行い、国の経費を補充し、
少しでも税金を減らし、
実際の恩恵が民に及ぶようにするならば、

たとえただちに十分の一を税とし、
関税・市税を廃止するという善政を実行することができず、
昔のよい時代のやり方に及ばなかったとしても、

「わずかに税金を軽くするのでも、
 しないよりはまさっている」

といったでしょう。


それゆえ、孟子が戴盈之を責めたのは、

「来年を待って」

といったことを責めたのでなく、



口先だけの言葉で、
心の底から出たものでなかったことを責めた
のです。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり、
日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1778-e85b0729
    この記事へのトラックバック



    fx