【再録】米国輸出と新工場建設の賭け─豊田英二(トヨタ自動車会長)その6(終)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】米国輸出と新工場建設の賭け─豊田英二(トヨタ自動車会長)その6(終)─昭和時代の私の履歴書

2015年04月14日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉


豊田英二のお話の続きです。


倒産寸前だったトヨタを、
石田と英二はなんとか立て直します。

そして昭和30年1月にトヨタは、
乗用車と呼ぶにふさわしい車を発表します。


これが「クラウン」でした。


英二は開発から携わった関係で、
式典でモーニングを着込み、第一号車のハンドルを握ったのでした。

その後、「クラウンデラックス」の最終試作車が出来上がり、
3月30日に皇太子殿下が挙母工場にお見えになります。


このクラウンは国内では比較的評判がよく、
米国で売ってみようということになり、
32年に米国トヨタが設立されます。

このころのアメリカ市場では、欧州車がどんどん侵食していました。
一番多かったのは、西独のVW(フォルクスワーゲン)で、
一時期、欧州車のシェアが10%に近づきます。

このままいけばアメリカが怒るのは目に見えていました。

それを見たトヨタ自販の神谷さんが、

「もし米国が輸入規制に踏み切れば、トヨタは永久に米市場に入れなくなる。
 つばをつけるのはいまのうちだ」

と言い出したのでした。

米国輸出はそういう計算からともかく船積みした、
というのが実情だったのでした。

それ以来トヨタでは、

「米国の輸入車比率が一割を超えたら文句を言われる」

と思いながら恐る恐る船積みしてきたのだそうです。


ここでアメリカ進出していなかったら、
トヨタのグローバル戦略はなかったかもしれません。

スタートのタイミングはとても難しいものですが、
ここ!というところで勝負をかけるのも大事だなと感じましたね。


クラウンの対米輸出は悪戦苦闘していきますが、
国内市場はタクシーをはじめとする営業車、法人需要が徐々に増え、
供給が追い付かなくなります。


そこで英二は石田社長に、
乗用車専門工場の建設を進言します。

将来のことを考えると、内心、

「月産一万台の工場を造りましょう」

と言いたかったものの、当時としてはあまりにもべらぼうだったので、
半分の五千台を提案します。

当時のクラウンの月販は二千台だったので、
需要が増えなければ稼働率は三割以下。

五千台でも冒険でした。

石田社長は決断し、豊田章一郎を建設委員長に、
新工場建設にあたります。

当時完成したばかりのフランス、ルノー公団の工場などを参考に、
34年8月に「元町工場」が完成しました。

建設資金は増資と借入金で賄います。


当時のトヨタはまだ貧乏会社だったので、
元町工場の建設は極端な言い方をすれば、
一か八かの賭けだったともいえると、英二は述べています。

万が一ここで失敗すれば再び経営不振に陥っただろうと。


工場披露式の直後に伊勢湾台風に見舞われますが、
被害は最小限に食い止められ、
その年の12月には、乗用車トラック合わせて、
月産一万台を達成しました。

国内競争の面でいえば、
この元町工場の成功で、

どんぐりの背比べの中から、トヨタがまず飛び出したと言える
と英二は述べています。

最初の時点で一歩リードし、
あとから追いつかれないように絶えず前進し、
モータリゼーションの波に合わせ、
矢継ぎ早に新工場を建設したのでした。

36年8月、石田は社長を退任、
後任に中川副社長が就任しました。


日本のモータリゼーションは、
東京オリンピック後の昭和40年代に入って急速に進展します。

トヨタは41年10月に「カローラ」を発売します。


英二は、カローラでモータリゼーションを起こそうと思い、
実際に起こしたと思っている、と述べています。

トヨタはカローラのためにエンジンと組み立ての
二つの工場を建設しました。

モータリゼーションが起きなければ、
過剰設備に悩まされていたのかもしれません。

41年のカローラの生産は、12,000台にとどまりましたが、
翌42年が16万台、
その後47年まで年間10万台単位で増え、
数回のモデルチェンジを経て、
51年6月に生産累計500万台、58年3月に同1000万台を達成します。

最盛期の55年には、カローラだけで85万6千台を生産します。


初期の乗用車の名前は「クラウン(王冠)」の評判にあやかって、
「コロナ(太陽の光冠)」、「カローラ(花の冠)」
というように同じイメージの名前をつけました。

車の名前は語感など考えて決めるそうですが、
むずかしいようです。

冠のタネが切れて、逆に日本語から

冠=カムリ

とつけた車もあると。

ただ名前がいくらよくても、肝心のモノがよくないと売れないことだけは、
はっきりしている。

と断言しています。


42年10月、中川社長が心不全で急逝。
副社長の英二がトヨタの社長に就任しました。

マスコミは「豊田家への大政奉還」と騒ぎ、
英二はマスコミの意識が予想以上に古くさいことを痛感します。


英二の在任期間は、昭和42年から57年までの15年間。
一言でいえば順風満帆だったと述べています。

排出ガス規制と二度にわたる石油危機に苦労しますが、
おおむね順調に経営は拡大していきました。


英二は以下のように述べています。



自動車の最大の特徴は、
あたり前だが自分が思いついたときに、いつでも動かせるということにある。

道路さえあればドア・ツー・ドアでどこまでもいける。

それでは今後、自動車に代わるものが果たしてあるかといえば、
いまのところそのタネはないように思う。

自動車はここ当分、人間のためのサービスをする重要な道具として使われるということだ。

世界を見ても自動車の恩恵にあずかっている人は当時で十億人程度。
日本でも一家に数台という時代がやってくる。

自動車産業の将来は極めて明るい。
といってそこには絶えず競争があるから、トヨタの将来も明るいとは限らない。

将来とも安泰かどうかは、ひとえにトヨタで働く人たちにかかっている。


自動車は一度損をし始めたら、たちどころに泥沼に入り込んでしまう。
逆にいまがピークと思ったら終わり。

伸びないと決めてかかる必要はない。



英二は、章一郎氏をはじめとするトヨタの現経営陣(当時)に注文は何もないと言いつつも、

世界市場の10%をトヨタ車で占める「グローバル10」はぜひ達成してほしい、
と述べています。



2011年の世界全体の四輪車生産台数は、約8000万台でした。

対してトヨタの2011年生産台数、グローバル生産合計は、約700万台。


急速に世界全体の生産台数が増えているので、
簡単には言えませんが、

トヨタは現代の今、
このときにもグローバル10をめざし、
日本を代表する企業として世界で戦っている、
といえるかもしれません。


いまや日本を代表する自動車産業の雄であるトヨタですが、
創業時は自動織機の会社であり、
何度も倒産の危機に立たされながら発展を遂げてきました。


豊田英二は生まれながらにして、
経営の道を歩み、自動車屋として仕事をしてきたわけですが、
昭和の日本を代表する歩みであったと言えるかもしれません。


平成のこの時に創業した小さな会社が、もしかすると、
50年後、100年後には、グローバル企業として大きく展開する可能性が感じられます。

小さな小さな会社を大きくしていく醍醐味はありますね。















私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。













(第721号 平成24年9月4日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1777-b1521a2f
    この記事へのトラックバック



    fx