【再録】倒産寸前のトヨタと英二の訪米─豊田英二(トヨタ自動車会長)その5─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】倒産寸前のトヨタと英二の訪米─豊田英二(トヨタ自動車会長)その5─昭和時代の私の履歴書

2015年04月07日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉

豊田英二のお話の続きです。


終戦直後のトヨタは混乱し、
瀬戸物業やドジョウ養殖に手を出そうとなりましたが、

結局、占領軍との交渉で、
トラックとバスはつくってもよいということになりました。

トヨタでは小型トラックの生産を始めることになったのでした。



昭和21年の生産台数は終戦の年と比べてもあまり増えませんでした。

売れないからではなく、
材料不足で作れなかったからでした。

輸送力が不足し、つくれば売れた時代でしたが、
買う人にお金がありませんでした。

結局、この問題が尾を引き、
経営が行き詰ることになります。



思うように車がつくれないところで、
戦争に行った兵隊や外地の人たちが帰ってきます。

その人たちに仕事を与えなければなりません。
瀬戸物業も並行してやっていましたが、

喜一郎はやはり自動車をやりたかったようで、
確実に金のとれる米軍の仕事をやります。

刈谷の飛行機エンジンをつくっていた工場で、
自動車の修理を引き受けます。

それだけでは食えないので、クリーニング店も始めたのでした。



戦後の賠償問題も持ち上がりますが、
賠償の対象から外してもらう運動をやります。

また、トヨタは過度経済力集中排除法に指定されますが、
これも運動してはずしてもらいます。

最後には制限会社令にも引っかかり、
結果として日本電装を分離したり、民成紡績(現豊田紡績)を分けたりもしました。




昭和22年になると猛烈なインフレが起こります。

ひどいときには毎月賃金を上げなければ追いつかないようになります。
ところが役員は「賃金を上げてはいけない」と決まっていました。


会社の中で一番給料が安いのは役員でした。


給料はないも同然のところへ、株式も無配でその収入もありませんでした。

英二の名義の株式は2000株ぐらいありましたが、
借金で買ったものなので、利息は払わなければなりません。
お金は封鎖されて使えず、苦労します。



経営者の苦労というのはなかなか外からは見えないものですが、
大変だったろうなと推測しますね。




このインフレを抑えるために、
シャウプ勧告が出て、ドッジ・ラインによるデフレ政策が始まります。

これによりインフレは収まりましたが、
その代わりに深刻な不況に陥りました。


トヨタでは売った車の代金が回収できなくなります。
会社には金が入ってこなくなり、したがって賃金も払えなくなります。

この時期は、いろいろな会社で騒動が発生していました。
うっかり人員整理に走ると、
組合は抵抗してストライキを打つので、おいそれとそれもできませんでした。

トヨタも24年末まではなんとか持たせましたが、
賃金はひと月以上遅れていました。

暮れには、このままでは年が越せないという状況に陥り、役員は金策に駆けずり回ります。



英二の父、平吉が死んだのは不景気のどん底にあった24年10月のことでした。
トヨタの株価は額面割れの48円。

そこに父が死んだので、
税務署からは相続税の催促が矢のように来ます。

父からトヨタの株を相続しましたが、先立つものがなく、
とにかくこの時期は、会社も英二も貧乏なときでした。

25年になると、正月早々から金繰りがつかなくなり、
倒産は時間の問題と、行き着くところまで行ってしまったのでした。



しかしその時の日本銀行名古屋支店の高梨壮夫支店長が、
金融機関を集めて、

「トヨタを何とかしてやって欲しい」

と頼んでくれたのでした。


自動車産業は裾野が広く、
倒産すれば影響は計り知れないほど大きいということを
訴えたのでした。

英二は振り返り、
このとき高梨さんの努力がなければ、
トヨタはまちがいなくつぶれたであろう、
と述べています。

高梨はトヨタの大恩人というわけでした。



昭和25年4月、トヨタは組合に人員整理を申し入れ、
争議は6月に集結しました。

その直前、喜一郎は組合員を前に、


「わしは不本意だが、人員整理をしない限り、会社は生き残れない。
 わしも責任をとって辞める」


と涙ながらに語り、トヨタを去ったのでした。

そして豊田自動織機から石田退三がきて社長に就任しました。




以前にこのメルマガでは、
石田退三の私の履歴書もご紹介していますね。

───────────────────────────────
石田退三(トヨタ自動車工業社長)その1─昭和時代の私の履歴書
http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-684.html
───────────────────────────────

戦後のトヨタ自動車の建て直しをし、
「トヨタ中興の祖」と呼ばれた方で、
豊田家の番頭に徹した方ですね。




石田の社長就任に伴い、英二は常務に昇格します。

そして争議終結直後に、
英二は米国に渡ることになりました。

当時米国に渡るのはとにかく大変だったそうです。
その時のパスポートには「日本人」とは書かれておらず、

「連合国軍最高司令官の命令何号に基づく日本人」

と書かれ、人種は「モンゴリアン」と書かれていたのだそうです。


訪米の目的は、フォード自動車との技術提携。
フォードに技術指導をしてもらうという目的です。

トヨタの将来を考えた場合、
米メーカーと何らかのつながりを持った方が得策との判断でした。

英二は7月に訪米し、まる三か月いました。
前半の一か月半はフォードで勉強し、
後半は米国各地の機械メーカーを見て回ります。

実際に各地を見て回った英二は、
フォードはトヨタが知らなかったことはやっていなかったということを知ります。

企業規模は月とスッポンほど違いましたが、
技術面ではそう大きな差はなかったと感じます。


その後、トヨタは朝鮮特需で再建の糸口をつかみます。

ストライキのときは月産960台を基準に再建計画を練り、
人員もそれに合わせましたが、

計画がスタートした矢先にトラックの大量注文が来たのでした。

特需は米政府が相手なので、
取りはぐれの心配がなく、値上げもしてもらえます。

まさに救いの神で、
このおかげで資金繰りがぐっと楽になりました。

国内でも取りはぐれの出そうなところへは売らないという、
強気の商売ができるようになったのは、金に余裕ができたからでした。




トヨタはこれを機に、
経営がよい方向へ回り始めました。




26年に入り、お金にも余裕が出てきたので、
研究開発にも回せるようになりました。

石田はこの時期、どんどん増資します。
利益と増資の両方から金が入るので、バランスシートは急速に改善されました。


ここで石田は喜一郎に「会社に戻ってきてくれ」という話をします。
喜一郎のトヨタ社長復帰が決まったのでした。

喜一郎は復帰が決まってからはその気になり、張り切っていました。
ところが27年3月27日、脳溢血で突然死んでしまったのでした。

まだ57歳。
これからという時期でしたが、
それから2か月後、初代社長の利三郎も68歳で亡くなります。


トヨタは再び石田の元で、動き出しました。



続きはまた来週に。











私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。









(第714号 平成24年8月28日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1772-1e70aaa9
    この記事へのトラックバック



    fx