ドラゴン・スレイヤーとパンダ・ハガー─「アメリカにおける『中国脅威論』の高まりとその背景 」 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

ドラゴン・スレイヤーとパンダ・ハガー─「アメリカにおける『中国脅威論』の高まりとその背景 」

2015年04月05日 18:00

「アメリカにおける『中国脅威論』の高まりとその背景 」
(理事 呉 軍華 日本総研リサーチ・フォーカス No.2015-001)




日本総研から、
米国で高まっている中国脅威論についてのレポートが出されていますので、
皆さんにシェアしたいと思います。


アジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加が、
いま大きな話題になっています。

米国中心の国際秩序に対する変動が、
このAIIBの動きにあらわれているように感じます。


しかしこの中国脅威論は、
歴史を振り返ると周期的に発されてきたと、
本レポートでは指摘、

しかし今回の脅威論は、
軍事的側面から経済的側面に変質してきているとされています。

そして、アメリカでもっとも著名な中国問題専門家の一人である
コロンビア大学のアンドリュー・ネイサン教授は、

共産党政権が維持されたままでの中国の台頭が
自由・民主主義にとって大きな脅威になっているという、


「ネガティブインパクト」

を主張しています。


アンドリュー教授は、このネガティブインパクトについて、
以下の指摘をしています。

1、共産党一党支配体制下の中国の成功が
他の権威主義的政権を励ます手本になる。

2、中国が権威主義的価値観を世界的に伝播することによって
国家的威信を高めようとしている。

3、権威主義的政権を維持するに当ってのテクニックなどを
関係国に教授するなどを通じて中国が権威主義国グループで
中心的な役割を果たしている。

4、中国が香港とマカオにおける既存の民主主義制度を後退させようとしている。

5、中国が北朝鮮やミャンマー、パキスタンを含む国々の
権威主義的政権の存続を手助けする。


このようなネガティブインパクトの指摘の一方で、
ある著名な中国専門家は、

「いつ崩壊するかという確かな日時は特定できないものの、
 共産党政権がすでに終盤を入っている」


という見通しもここでは紹介されています。


さらに、
アメリカにおける対中関係者は
伝統的に以下の二つのグループに分けられます。


ひとつは、

「ドラゴン・スレイヤー(Dragon Slayers)」

と称され、
イデオロギー的に反共産主義で軍事・経済的にも
中国の台頭を封じ込むべくだとする対中強硬的なグループ。


もうひとつは、

「パンダ・ハガ ー(Panda Huggers)」

と称され、
対中関与政策を進めることによって
中国の変化を促そうとするいわゆる親中的なグループ。



この「パンダ・ハガー」の代表的な人物であり、
親中派のなかの親中派である

デービット・シャンボー教授は、
中国崩壊論を主張し、

自らの中国崩壊論を支えるエビデンスとして、
以下の五点を指摘しています。

エリート・富裕層の海外移住、
世論統制・異見者弾圧の強化、
宣伝統制パワーの衰弱、
腐敗の蔓延、
経済的難局。


「パンダ・ハガー」であるシャンボー教授が
近年こうした中国崩壊論を展開している理由としてここでは以下の指摘をしています。


親中派を含めて習近平体制のもとでの
中国に対する失望感が高まっている可能性、


中国指導部内での権力闘争が
一部のアメリカの学者を巻き込んだレベルまで
激化した可能性。



いずれにしてもこうした親中派の中国脅威論が
アメリカで展開されているということを、

その可能性もしっかりと見極めたうえで、
わが国の方向性を見ていかなければなりません。



短期的視点で右往左往するような、
判断だけは政治の場においてあってはならないと思っているところです。






「アメリカにおける『中国脅威論』の高まりとその背景 」
(理事 呉 軍華 日本総研リサーチ・フォーカス No.2015-001)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1770-b611b924
    この記事へのトラックバック



    fx