【再録】かんばん方式と日米開戦─豊田英二(トヨタ自動車会長)その4─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】かんばん方式と日米開戦─豊田英二(トヨタ自動車会長)その4─昭和時代の私の履歴書

2015年03月31日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



豊田英二のお話の続きです。


昭和11年の終わりから昭和12年の初めごろまでは、
トラックをつくっても売れない時期が続いていました。

会社がつぶれないために、必死でしたが、

その矢先に日中戦争がはじまり、
陸軍が大量に買い上げてくれたので、
在庫を一掃することができたのでした。

日中戦争の特需で会社は助かったのでした。


経営計画は軌道に乗り、
工場の建設も順調に進みます。

13年の春からは大量の人員を採用し始めました。

そのころ英二は、
自動車づくりを教える先生の役をやっていました。

13年夏の暑い時期に、工場の引っ越しをします。
引っ越しが終わると同時に試運転に入り、

11月3日に関係者やお客さんを呼んで、
大がかりな完成披露式を行いました。

トヨタはこの日を創立記念日にしています。

挙母工場の建設のときに、
英二が中心となって車の寸法表示を
ヤード・ポンド法からメートル法に切り替える作業を進めました。

そしてメートル法の採用と同時に、
流れ作業の導入を決めます。

喜一郎はそれを実現するため、克明なパンフレットをつくりました。
彼の頭の中には、工場を建設する前から流れ作業があったのでした。

流れ作業にすると、
品物のたまりはなくなり、倉庫もいらない。

ランニングストックが減って、余分な金が出なくなる。
逆に言えば、買ったものが金を払う前に売れてしまうわけで、
この方式が定着すれば運転資金すらいらなくなる。

つまり、

「毎日、必要なものを必要な数だけつくれ」

ということ。

決められた数だけ生産すれば、
早く帰ってもいいし、できなければ残業となる。

「ジャスト・イン・タイム」

この和製英語はのちにアメリカでも流行りました。


喜一郎が従業員を洗脳してまで定着させようとした、
この生産方式ですが、
戦争が始まり、完全に定着させることはできませんでした。

戦後「かんばん」方式として有名になります。



英二は挙母工場の第二機械工場の責任者となります。
日中戦争関連で、中国に本格進出することにもなりました。

天津に「北支自動車工業」を設立、
北京、南京、上海、青島など英二は中国各地もまわりました。




英二は昭和14年の春に父のすすめで見合いをしました。
同年10月9日に結婚式を挙げたのでした。



昭和16年に入ってから、モノがじわじわ入らなくなっていました。
日米開戦は12月8日の朝、七時のニュースで知ります。

真綿で首を絞められるような感じがあった英二は、
日本が勝てるかどうかは別にして、頭にかぶさったものが取れたような気がしたのだそうです。

しかし実態は全く違いました。
開戦の半年前に米国から帰国したトヨタの嘱託の人が、
開戦のニュースを聞いて、

「日本はとても勝てません」

と語ったのが印象的だったと述べています。


開戦のころ、日本の鉄の生産量は年間600万トン。
これは米国の20日分に過ぎない量でした。

日本はそれしかない量で戦争を始めてしまいます。
戦争が激化するにつれ、鉄の生産量はだんだん減ってきます。

終戦の年には、米国の一日分になってしまったのだそうです。

これでは戦にならないと、日本が負けると確信した矢先に戦争が終わり、
英二には次男が生まれたのでした。

その子には、モノがすっからかんになり、
戦争が継続できなくなって負けたという記念に、
そのシンボルである鉄をとって、

「鉄郎」

と名付けたのでした。


英二は終戦直前の20年5月に赤井久義副社長の強い推薦で、
取締役になりました。

喜一郎は、

「英二は三十歳そこそこ。まだ若すぎる」

と反対したようですが、
赤井の強い主張で役員就任が実現したのでした。

喜一郎は早い段階から、日本が負けることを見抜き、
仕事への意欲をなくし、読書三昧の生活を送っていました。

仕事は赤井が切り盛りしていました。


工場は最初のころはあまり攻撃されませんでしたが、
機銃掃射は何回か受けます。

工場よりも事務所を米軍は狙ってきたのでした。



8月15日、終戦を迎えます。
隣に陸軍中尉の監督官がいて、
天皇陛下の放送を聞きました。

しかしなかなか末端までは伝わらず、
三時ごろまではみんなで片づけ仕事をしていましたが、

夕方には戦争が終わったことが工場全体に広がり、
みんな茫然自失となり、復旧工事をやめて帰ってしまいました。


翌16日も混乱しましたが、
昼過ぎに赤井副社長が幹部を食堂に集めて演説をしました。


「日本は戦争に負けたが、五年もすれば元に戻る。

 トヨタが仕事としているトラックは、戦時中も必要だったかも知れないが、
 これから日本が復興する際にも重要な道具となる。

 トヨタはそれをつくって供給する責任がある。

 だからそのつもりで再出発しよう」


この赤井の演説でみんなやる気が出てきました。
16日には「明日から生産を再開しよう」という確認をしました。


八月の末になって、喜一郎が突然工場に姿を現して一席ブチます。


「赤井君の言うようにトラックをつくるのは結構なことだが、
 占領下ではいつまでつくれるか分からない。

 と言っても、トヨタは何千人かの従業員を抱えている。
 それに家族もいる。

 まずその人たちに仕事を与え、食べさせることを考えなければならない」


喜一郎は人間の基本生活は衣食住だとし、

衣は紡織会社を経営していたので、
技術があるからいつでもできると。

喜一郎から英二は、瀬戸物業をやれといわれます。

竹輪をつくれという指示もありました。
豊田章一郎が稚内に行って、竹輪作りを始めたのでした。

ドジョウを養殖しろという話も。

喜一郎はとにかくいろんなことをみんなに言いつけます。


しかし11月に入り、占領軍との交渉で、
乗用車はダメだが、トラックとバスはつくってもよいということになりました。

喜一郎の発案による新規事業は
ほとんどしりつぼみとなります。

トヨタでは小型トラックの生産を始めることになったのでした。



しかし赤井副社長は不運なことに、
昭和20年12月10日の寒い日に交通事故で亡くなられたのでした。

英二は、赤井さんが生きておれば、
トヨタの歴史はもっと変わっていただろうと述べています。


終戦直後のトヨタには困難が待ち受けていました。





続きはまた来週に。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉


昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。










(第707号 平成24年8月21日(火)発行)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1767-e2472672
    この記事へのトラックバック



    fx