大失敗した後にどうリカバリーするか?―この三年半、なんとか頑張れた理由を自己分析する - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

大失敗した後にどうリカバリーするか?―この三年半、なんとか頑張れた理由を自己分析する

2015年04月13日 10:30

私は人生を振り返ると、
数多くの失敗をしてきました。

大学受験も失敗しましたし、
大学院受験も失敗しました。

国会議員政策秘書試験というのも一回失敗しました。


他にもさまざまな失敗をしましたが、
一番大きな失敗は、

平成23年の県議選落選

だったなあと思います。


これから長生きしていけば、
さらにひどい失敗が待ち受けているかもしれませんが、

いま自分が直面した失敗が、
大きな壁に見えるもので、

あとから見るとそれはちいさな壁だったと思えるのですが、
いま抱えている壁が人生の難関すべてに思えるものです。


とりわけ落選してからしばらくして、
自分は精神的にもつらかったことを思い出します。


現時点でもすばらしい偉大な結果が出ているわけではないので、
それを引きずっているとも言えますね。



しかし落選してからしばらくしてつらかったにもかかわらず、
何とかいま頑張ることができています。

応援してくださっている方々のおかげですし、
いろんな方によくここまで頑張ったねと言われます。


自分では結果が出て初めて、
頑張ったなあと実感できるのだと思います。


この三年半、
なんとか頑張ってこれたのはなぜか、

ここで自己分析をしたいと思います。



【1、応援してくださる方がいた】

一番はこれですね。
物心両面にわたって応援してくれる方がたくさんいた。

このことでまだなんとかなっています。


いまでもギリギリの状況ですが、
ギリギリの状況をたくさんの人に、
金銭的に、精神的に、
そして様々な形で支えていただいています。


もはやここまで、
という場面がたくさんありましたが、
そのたびに支えて下さる方があらわれました。

応援して下さる方々に本当に心から感謝申し上げます。



【2、継続するべきものを見つけられた】

朝の街頭活動がその代表ですが、

毎週木曜は倫理法人会とか、
JCやその他様々な活動を継続することができた、

そしてそれぞれの活動に、
継続するべきものを見つけられたことから、
それぞれの活動の楽しみを見つけることができました。

動き続けることで、
毎日新たな出会いがあり、
日々楽しく活動できたので、
頑張ることができたように思います。



【3、自分の思考を根底から変えた】

落選直後は精神的にも経済的にも、
しんどく、苦しかったです。

もちろん皆さんの前では、
明るく気丈に振舞っていましたが、
悔しさと情けなさを払しょくすることはできません。

いま思うとそれは当たり前なのですが。


もちろん、私のまわりの方はすばらしい方ばかりですので、

「よくがんばった」

「次につながる戦いだった」

「必ず次は行ける」

あたたかい言葉をたくさんいただけました。


それでも、
自分の心を立て直すことはできません。


街頭に立ち続けていて、
同じ場所で同じ方が車で通過し、

街頭に立っている自分を嘲笑しているように見えるときがありました。
冬場は特にそう感じるものです。

それでもがんばる。
それも大切ですが。

春になったある日、
私が街頭に立って気づいたのは、
同じ場所で同じ方が車から見せている笑顔は、
嘲笑ではなく、激励の笑顔だったということでした。


どういうことかというと、
同じ笑顔を毎日くださっていたのに、

自分の気持ちがひねくれていると「嘲笑」に見え、
自分の気持ちが前向きだと「激励の笑顔」に見えるのだ、

そんなことに気づいたのです。


結局は、
自分の思考がすべて。


俺をバカにして笑いやがってと思うか、
こんなに素晴らしい笑顔で俺を応援してくれていると思うか、


自分の思考がすべて。



自分の思考を根底から変える必要があります。


そしてもう一つ。
思考がなかなか変えられなければ、
ウソでもいいからそのように振舞うというのも大切です。


前向きに、
感謝の気持ちを持って、

発言する、態度で示す。


実は大失敗の直後には、
なかなかそうなるはずがありません。

でも、表向きだけでもそのような態度をとっていれば、
いつのまにか確信に変わります。


人をだますのは犯罪ですが、
自分自身を善い方向にだますのは公益にかなう、


私はそう思います。


まずは自分をだませ!



【4、小さな成功を積み重ねる】

このメルマガをずっと読んでいる方は分かると思いますが、
私はいまだに何も成功していません。

失敗だらけです。


しかし、
自身の小さな成功をこまめに喜んでいます。

メルマガも街頭活動も、
100回ずつ超えるとお祝いをします。

しかも自分から!(笑)

誰もお祝いしてくれなくても自分でお祝いします。


何かいいことがあれば、
ちょっと高めのデザートでも買ってきて、
一人でお祝いします(家族には内緒です)。


5月10日になれば、
誕生日なので、自分からお祝いします。


つくる仙台の決算が終われば、

「よく生き延びたなあ!」

と心でお祝いします。


小さな達成感を、
積み重ねていくこと。

自分自身だけでもいいので、
小さな小さな評価をしてよろこぶことを積み重ねていくことです。


そうであるからこそ、
たくさんの皆さんに褒められれば褒められるほど、
私はどんどんやる気が出ます。

このメルマガでも感想をいただくと
大きな喜びになり、
また続けようかという気持ちになるものです。




以上4点、

【1、応援してくださる方がいた】

【2、継続するべきものを見つけられた】

【3、自分の思考を根底から変えた】

【4、小さな成功を積み重ねる】


ここまでがんばってこられたのは、
こんなことがあったからではないかと思うわけです。


結果が出るかどうか、
あと半年の自らの努力次第、

最後の戦いと覚悟を決めて、頑張っていきたいと思います。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1760-6f5e8aa8
    この記事へのトラックバック



    fx